自画自賛釣り日記です


by 飛島
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
どうやらエキサイトブログ(当ブログ提供元)のサーバーメンテナンスと不具合解消の処置は上手くいったらしい・・・画像表示の時間もかなり早くなりました 良かった良かった
と、言う訳で先日の‘峠川C&R区間‘釣行のウラ側を少し

アマゴ養殖場のほんの少し下流に水深1mほど距離約5mの緩流帯を発見
ダウンクロスで緩流が終わる(切り替わる)流れの境目にウイッチを投げ込むと‘バシャ‘と水しぶきを上げて20cmほどのイワナがヒット
少し上流側にポイントをずらして投げ込むとまたしてもイワナ
立て続けに2匹を釣り上げ幸先の良いスタートになりました

2匹釣り上げ、少しポイントを休ませていると、ちょうど緩流帯の中央辺りで‘ライズ‘を繰り返すのん気なヤツが出現
少し離れていたハルちゃんを手招きし、バトンタッチ
数投目で‘パチャ‘と反応
が・・・‘半ノリ‘止まり

何度も釣られた魚は‘学習‘しているからか、それとも時間が少し遅かったのか、フライにはかなり渋い状況です
キャッチ&リリースが徹底され、土日はもちろん平日も多くの‘フライフィッシャー‘が訪れる川だけに仕方が無いですかね
逆に、ルアーをされる方が少ないのか、狙ったポイントにキッチリ投げ込めればかなりの確率で魚がヒットしますし、針掛りしないまでも近くまでチェイスしてくるなどなど・・・
フライと違って‘反応すこぶる良し‘っと言ったところでしょうか
(そう言えばC&R区間で‘ルアーマン‘って見たこと無いな~)
それとも、ミノータイプにはスレているけれど‘スプーン‘にはまだスレていないのだろうか?
ましてや1.4gという‘管釣りスプーン‘を投げる渓流ルアーマンは更に少数派?

‘ウイッチ1.4gロイヤルゴールド‘さえあれば当分釣れてくれるんじゃないかと思ってます
a0093677_2153377.jpg

a0093677_21534520.jpg

18~20cmのイワナ↑ これぐらいのサイズが良く釣れました



それから・・・マル秘情報
この日、堰堤下の落ち込みで掛けたイワナの口からナント!

   泥鰌(ドジョウ)の尻尾が・・・・(頭から丸呑みされてました)

画像が無いのが非常に残念なんですが(シャッターを押す寸前で逃亡)口からドジョウを半分出しながら‘ウイッチ‘に食いついて来るという「超食いしん坊」イワナでした

       ウイッチ→細長い→ドジョウ?

前回の釣行の際に足元に4cmほどのドジョウ(名称不明)が結構居るのを見かけ、もしかして‘主エサ‘かも?と思っていましたが・・・
キャッチ&リリースなんで‘お腹の中‘を覗く訳にもいかず、推測でしかありませんが どうも‘ウイッチ‘に反応が良いのは‘ドジョウ‘が関係しているのではないかと
色も見方によっては‘金色系‘の色合いだったし
マジネタですよ マジネタ






もしかしたらマジで‘ここだけ‘の話かも・・・・


PS:ドジョウの種類と名前を調べておきます(後日、発表しま~す) では
# by browntrout-a | 2007-06-14 22:29 | 渓流 | Trackback | Comments(2)
え~っと 前編(午前)の続きです
(現在、‘エキサイトブログ‘が不調の為、画像のアップに時間が掛かったり、表示されなかったり・・・と言う状況ですので、画像は無しにしました)

12時のサイレンを聞き、川から一度上がって‘昼飯‘
ローソンで買ったパン、シュークリームとレモンティー

あまりの天気の良さに半分裏返しに脱いだウェーダーも速攻で乾いてしまいます
午前中は薄手(ペラペラ)の長ズボンを中に履いていましたが、さすがに‘暑っ‘と言う事で‘ハーフパンツ‘にチェンジ
ほぼ乾いてしまったウェーダーに再び足を通し、午後の部スタート

午前中、フライを振っていたハルちゃん
「ルアーやってみるわ、タックル貸して~」
「これしか無いけど・・・」 
 カーディフXUL6’6”とアルテグラ1000のセット
(ツインパ1000PGSにはPEが巻いてあるので、仕方なく・・・)

午後は二人ともルアー、駐車場横から川に入り、そのまま釣り上がる事に・・・
ハルちゃんはXULのベナベナ感に戸惑いながらの釣行
川幅がそれほどある訳ではないので交互に投げたり、右岸と左岸に分かれたりして大場所、小場所あらゆるポイントに‘ウイッチ1.4gロイヤルゴールド‘を投げ込んでいきます

さすがに二人同時に遡行しているので釣果も1/2ですが、18cmぐらいのサイズのイワナは結構釣れます

別荘地辺りまで釣り上がった後、川から上がり‘バンガロー前‘まで戻って駐車場までやってしまいました
さすがに体力・気力共に尽き果てて二人ともグッタリ、時間も18時過ぎ

18cm前後のイワナがポツポツと釣れ、午後の釣果は10匹ぐらい
(記憶がちょっとあやふやです・・・たぶんそれ以上は釣ってると思いますが・・・)
ハルちゃんも馴れないタックルで10匹に少し足りないぐらいだったと思いますが、アマゴを2匹ゲットしてました   (ん~さすが)


1日トータル(9時~18時)
イワナ15cm~28cm 20数匹(アバウトですいません・・・)

「あ~疲れた」

本日はここまで・・・「石徹白川 峠川C&R区間・・・後編」でした


更に詳しい事は後日・・・・たぶん「ウラ釣行記」で
(書くかどうかは判りませんが・・・・)

画像のアップはサーバーメンテナンスが終わってから・・・・たぶん
# by browntrout-a | 2007-06-13 21:53 | 渓流 | Trackback | Comments(0)

6月14日・・・

お知らせ

明日、6月14日はエキサイトブログ サーバーメンテの為
AM1:00~AM10:00の間アクセス出来なくなるそうです・・・


ワタクシのせいではありませんので、あしからず
# by browntrout-a | 2007-06-13 12:18 | その他~ | Trackback | Comments(0)