自画自賛釣り日記です


by 飛島
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ヒラタ成金への道・・・

ヒラタ成金への道・・・
a0093677_18321499.jpg

先ずは‘容器‘↑ 100エンショップでちょうど良いサイズのガラス瓶発見
内容積は2リットル とりあえず5本購入

a0093677_18413346.jpg

直径15mmの穴あけ加工↑(換気用の穴です+タイペスト紙)

a0093677_18432165.jpg

使用するマット↑ 幼虫飼育エコマット(8ℓ入り)
普段クワガタ飼育でお世話になっているONE POINTさんのオリジナルマット

a0093677_1848398.jpg

前日、選んでおいた‘かなり大きくなってる幼虫‘の瓶をホジホジ

a0093677_18493236.jpg

どれぐらいの重さが有るかは不明(デジ・スケールを持ってないので・・・)
たぶん18gとかそれぐらい?(もっと小さいかも・・)


幼虫飼育マットを買いに行ったついでに、色々アドバイスを頂いて来ました
本土ヒラタクワガタなら・・・
1.硬く詰めたマットなら1リットルの容器で交換無しで羽化まで持っていける
→ただし、生育の良いオスの場合、蛹室を作る為のスペースが無い場合アリ

2.この時期に‘より大きい瓶‘に交換をするなら、古いマットは全て底に詰め込み、残りのスペースに新しいマットをカチカチに詰めると良い
→古いマットは捨てない、新しいマットと混ぜない


話を聞いて・・
‘大きいオス‘(と、思われる)瓶の交換は一応正解でした
アドバイスに従い、旧ボトルから掻き出したマットを先ず底に、そして新しいマットをカッチカチに
a0093677_19342523.jpg

真ん中に窪みを作り、幼虫を入れて出来上がり↑

8ℓのマットで4本を製作
保管場所はコチラ↓
a0093677_1923796.jpg

ワンドア冷蔵庫へ(もちろん電源は入れてません)
今まで、入っていたマット飼育瓶は発砲スチロールの容器にて保管(移動)

でも・・・

ONE POINTさんからのアドバイスが実はもう一つ

9月産卵で常温マット飼育(エコマット使用)ならば4月ごろから蛹化が始まります!

だから・・


 「もう、この時期(4月)に瓶交換しても、幼虫は大きくなりませんよ」



マジかよ・・・

ヒラタ成金への道 早くも 崩落・・・
(ぼろぼろやで・・・)

にほんブログ村 釣りブログへ

  ↑↓クリックお願いします(ブログランキング参加してます)

a0093677_20145411.gif
トラックバックURL : https://browntrout.exblog.jp/tb/8139412
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2009-04-04 21:47 x
こんばんは。

9月産卵で4月蛹化!?!?;早くないですか!?;
マット飼育ならもう少し遅れると思ったのですが。。
なんだか「エコマット」は私の知識が全く役に立ちませんね…
申し訳なかったです(T_T);;
確かに蛹化が近いような色合いですね~
これからは余計な発言は慎みます…(ToT)
Commented by 飛島 at 2009-04-05 06:19 x
文さん>毎度です
エコマット・・・クワ用品を買っているお店(ONE POINT)オリジナル商品
店主さんの実績・経験から9月産卵(瓶投入)→6月羽化だそうです
なので、気の早い個体は4月半ば過ぎには蛹化の準備に入るとか
交換した幼虫全てが、透明ではなくだいぶ白っぽくなってました
(蛹化が近い?)
余計な・・・そんな事、ぜんぜんありません 気にしないで下さい
文さんには、こちらからアドバイスを求めた訳ですし
大きい幼虫の瓶交換は正解でしたよ
これからもワタクシの知識を増やす為、補う為、アドバイスお願いします
by browntrout-a | 2009-04-04 20:06 | クワガタ | Trackback | Comments(2)