自画自賛釣り日記です


by 飛島
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

宮川下流漁協管内 釣行記 2018.07.14

宮川下流漁協管内 釣行記 2018.07.14

釣行記と言うか・・ 

先日の豪雨で受けた宮川下流漁協さんの被害状況・・みたいなもの

詳しくは漁協さんへ直接お尋ねください

とりあえず画像UP

a0093677_05545970.jpg

a0093677_05561789.jpg

a0093677_05554404.jpg

a0093677_05574795.jpg

a0093677_05581670.jpg

a0093677_05584351.jpg

a0093677_06020490.jpg
以上 小鳥川


a0093677_06025902.jpg
稲越川


小鳥川・・

数か所まわって見ましたが、元の渓相を保っているところは皆無

多くは護岸、岸辺がごっそり持って行かれている

所々にあった岩なども位置が変わっていたり、埋まっていたり

人工的に石を入れて川を区切っていた地区などは全部無くなってます

堆積していた砂、泥もかなり持って行かれてます

プラス それらが滅茶苦茶堆積している個所ももちろんあります

それから月ヶ瀬

ここの画像はありませんが、相当の変わり様

復旧工事の関係で車を降りることも、止めることも出来ませんでしたので

車窓から見えた範囲の話です

先ず土砂崩れ 斜面の崩落

漁協HPにも掲載された部分は ほんの一部です

月ヶ瀬から上がっていく民家を通らない方の道(ん~判りますかね・・)

複数個所で大規模な土砂崩れや崩落

通れるようになるまでに相当の時間がかかると思われます

月ヶ瀬の養魚場から上は相当の濁りも入り、当分釣りは難しいでしょう(たぶん)

しばらくは青いアーチ橋周辺から下流での釣りになると思われます


稲越川・・

帰り際に一か所のみ

元々両サイドがコンクリ護岸でしたし、上流にダムも無いので川の形が大きく変わることも無し

漁協の案内にもある通り、小鳥川よりは釣りが出来る・・でしょうか

葦が根こそぎ無くなってたり、勝手に生えていた木が根元から倒れていたり

釣りやすくなった感じもします


最後に本流

一か所高山線を巻き込んで斜面が大崩落

大崩壊と書いてもなんら大袈裟でないぐらい大崩れ

其処から土砂がガンガン流入して本流が泥濁り

漁協HPのライブカメラが映している範囲の泥濁りの原因です

故にその大崩落現場から下流は当分の間釣りは無理(だと思います・・)

打保辺りまで行けば大丈夫なのか?

今回は漁協までしか行ってませんので判りません(すみません)

とりあえず本流はC&R区間のチョイ下流まで大丈夫そう


オマケ・・

卯の花街道 不通です(いつまでか判りませんが・・)

飛騨清見を降りて卯の花街道で宮川下流漁協管内へ向かっていた方

当分の間、41号飛騨古川経由になります

高速利用の方は飛騨清見で降りない方がベターと言うか、時間的ロスが少ないと思います

道路整備予算、利用状況、地域住民への影響等考えると

卯の花街道の通行止め解除は遅いかも・・

卯の花街道って県道?

だとすると管轄は岐阜県土木課でしょうか

通行止めの期限や、開通の目処などはそちらへお問い合わせください


上記あくまでも個人的見解です

釣行を予定されている方はご自身で判断、状況確認をお願いします


↓ ポチッとしてね ↓

釣り
↓ トラウトフィッシング情報 ↓

トラウトフィッシングランキング

↓ 釣り情報満載 釣りブログ

にほんブログ村 釣りブログへ


トラックバックURL : https://browntrout.exblog.jp/tb/238656061
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by megane at 2018-07-15 09:49 x
こんにちわ
いつも拝見させてもらってます。
豪雨災害で何処の河川も道路や川がズタズタ状態ですね。。

自分は昨日、宮川を諦め庄川に行ってきました
全体に水はクリアに戻ってましたが、午前中に寺河戸川だけ
濁りが入っていたので派手めなカラーで攻めてみたところ
37センチ、綺麗な大イワナ釣れました。
支流での初めての尺オーバーに感激
その後もイワナばかり20本ほどの釣果でした。

午後から平瀬地区に行こうかと車を向けたのですが、、、、
災害で通行止で、、仕方なく諦めました。
連休なので多くのルアーマンが来ていましたが、本流は
夕まずめに鮎釣りさんたちが退渓したあと攻めたいポイント
をいくつか廻ってみましたが反応はイマイチな感じでした。

では、今後もレポート期待してます。
Commented by 飛島 at 2018-07-15 13:12 x
meganeさん>初めまして こんにちは
コメントありがとうございます
37cm大イワナ良かったですね
庄川への釣行が正解ですね
宮川下流管内ですが、本流はしばらく一部区間しか難しい気がしました
小鳥川、稲越川は放流魚主体なので放流さえあれば釣りは成立すると思います
宮川下流漁協さんは既に状況把握をしているんじゃないですかね
既に放流や入川口の整備など進めていると思います
宮川下流漁協さんはやる気が違いますから
Commented by Haru~Zou at 2018-07-15 21:14 x
まいど
お疲れ様でした
ブログ内容に差し障りがあるといけないので、詳しくは控えますが
今回もお世話になりありがとうございました
いろいろあってめちゃ楽しめました(笑)
次回もよろしくお願いします

追記
宮川、2日早かったかなぁ
HP画像を見ると
表面取水が上手くいったのかな?
Commented by 飛島 at 2018-07-15 23:46 x
ハルちゃん>毎度です こんばんは
2日間お付合いありがとうございました&お疲れ様でした
差し支えないので備忘録書いておきます
13日(金)スタート~北佐久郡御代田町~小県郡長和町~松本市~東筑摩郡山形村~松本市~上伊那郡宮田村~駒ヶ根市~郡上市白鳥町までで671km
明けて14日(土)郡上市白鳥町~郡上市高鷲町~飛騨市河合町羽根~上ケ島→元田→保木林→稲越→古川町黒内~ゴールで329km
合計ジャスト1,000km 運転時間18.15時間
千曲川水系はホント相性悪い(笑)
Commented by トオル at 2018-07-17 14:27 x
どうもです!

いつもながら貴重な情報、ありがとうございます。
いや~すごいですね。想像以上です。
川の形、ほとんど変わっていますね。
僕も気になって漁協にメール聞いてみたのですが、
今回の洪水で周辺の養殖場が全て被害を受けており、
渓流魚の確保が難しく、放流も困難なため、
今のところ追加放流の計画は無しとのことでした...
僕は次、お盆休みあたりに釣行を考えていましたが、
場所を変えようか、悩むところです。

Commented by 飛島 at 2018-07-17 22:39 x
トオルさん>毎度です こんばんは
鮎の放流についてはかなり厳しい状況と漁協HPにありましたが、渓流魚についても同じなんでしょうかね
川の形が大きく変わってしまいましたが、別の見方をすれば新たなポイント探し、攻略法の再構築となる訳で
ちょっとマンネリ気味だったワタクシにとってはワクワクドキドキ感があります
まだ禁漁まで1か月ちょっとありますが、既に来年が楽しみです
小耳に挟んだところでは・・小坂辺りでアマゴがボコボコらしいですよ
水が引いた良いタイミングでの話かもしれませんけど
ご参考まで
コメントありがとうございました
Commented by トオル at 2018-07-17 23:57 x
おお!小坂川ですか!
僕は今シーズン春に、
尺イワナを釣りました。
この洪水で壊滅かと思っていましたが、
逆にそうなんですね。
ちょっと行ってみようかな♪
またまた貴重な情報、有り難うございます!
Commented by 飛島 at 2018-07-18 21:18 x
トオルさん>毎度です こんばんは
フライで良い思いをした人がいるようです
場所とか詳しくは聞いてないんですけどね
鮎も釣れているみたいなので豪雨の影響は宮川より小さかったのかも
by browntrout-a | 2018-07-15 06:57 | 渓流 | Trackback | Comments(8)