自画自賛釣り日記です


by 飛島
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

宮川下流漁協管内 釣行記 2018.03.17

宮川下流漁協管内 釣行記 2018.03.17


「そろそろ放流されたかもよ・・」


宮川下流漁協では放流日の公表はしているものの、放流予定の一部だけ

「公表されない放流」がそろそろあるんじゃないか?

そんな甘い期待を胸に早朝3時半出発・・


結果を先に申し上げると

 「放流無し~」

雪代による増水、残雪による不慮の事故を考慮してか・・

解禁日前日(2月28日)の1回のみのようです

放流頼りのワタクシにとっては

非常に厳しい釣行となりました(グッスン 涙・・)


a0093677_19201496.jpg
a0093677_20220141.jpg
朝一はC&R区間へ・・ (画像は宮川下流漁協ウラですけど・・)

増水&濁り(雪代だと思われます)

遠目には釣れそうな雰囲気と言うか、良い感じなのですが

川へ降りていくと「ん~ やっぱり押し(水量)が強い(多い)かなぁ」

ダメ元でやってみますが・・ 

やっぱりダメ と言うか、投げれば投げるほど「釣れる気配ゲージ」が下がっていく

 押し(水量)に負けないように・・もっとウェイトのあるルアーで・・

一応そんな発想が頭を過るものの、カンと言うか何というか

 「魚、居無さそう・・」


同行のハルちゃんも同じ意見のようで

早々に場所移動

森安谷の流れ出しへ

暖かい時期はウー様(ウグイ)が遊んでくれるポイントですが

まだまだ川の中は冬・・(たぶん)

誰も相手をしてくれず

ここもまた早々と見切りをつけ支流へ「逃げ」


前回と同様、小鳥川 月ヶ瀬地区

先にも書いた通り 「放流1回分のみ」

解禁から2週間以上・・ 

前回より状況はシビアなのは間違いないと言うか

「あ~やっぱりシークレット放流(勝手に命名・公表されない放流のこと)無しか~」

と言う事が確定 Ort


それでもまあ、月ヶ瀬地区

竿抜けポイントでネチネチやってると

a0093677_19194936.jpg
 ど~~ん とミノーをひったくるアタリで良いサイズのヤマメゲット

この後もう1本出ましたが、惜しくもバラシ(こっちの方がデカかった気が・・)


その後周辺をウロウロ・・ ネチネチ・・

a0093677_19552801.jpg
稚魚放流からの成長組? ヒレピンのヤマメ20cm


釣るポイントも無くなり 場所移動

稲越川へ・・

川へは何とか降りられるようになってましたが(一部区域)、水量多め

ここもシークレット放流無しを確認(と言うか確定) Ort

複数の釣り人(エサのかた)と情報交換させて頂きましたが

どの方かからも

「放流無いね」

「解禁の1回だけだね」

魚が入っていれば多少の無理をしても(本当はいけませんけど・気持ちの問題ね 気持ち)なんて

頑張っちゃうのですが、魚も居残り組だけとなると

 「労多くして実少なし」

と、言いつつもとりあえず川へ

降りてみましたが、やっぱり実少なしどころか実無し・・

 「非常にっ キビシィ~」


で、また小鳥川

元田とか上ケ島とかイロイロ回って

やっぱり「実無し」

a0093677_20065976.jpg
残雪多し 水多し

で、仕方なくまた月ヶ瀬地区

橋から下流へ、久々のロングコース

a0093677_20100208.jpg
2年生?15cmクラスのヤマメがポロリ釣れてくれます

ここもまた竿抜けを重点的に攻めての結果(同サイズ4匹)


朝早くから夕方4時過ぎまで

本流、支流アチコチ動き回って釣果はヤマメ6匹


まあ、釣れたから良しとします

沢山釣れなかったけど

何かしら得るものがあった気がするような・・

と、言いつつ

やっぱり沢山釣れるのが良いよね~

今回は土曜日のみの日帰り予定でしたが、「このまま泊まって明日も・・」なんて

ちょっとだけ考えたのはナイショ・・





↓ ぽちっとしてね
釣り

トラックバックURL : https://browntrout.exblog.jp/tb/238407339
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by browntrout-a | 2018-03-18 20:27 | 渓流 | Trackback | Comments(0)