タグ:峠川C&R ( 193 ) タグの人気記事

石徹白 釣行記 2015.08.27

Tくんが
 「完全に週イチペースじゃないですか~」
 「もっと更新してくださいよ~」

と言うので更新


で、釣行記

27日は朝4時半過ぎに高速へ乗ったので料金の割引は何も無し

白鳥ICまで2,310円・・・

ん~ まあ 時(とき)は金なり ですから、仕方ないのですが、昔は1000円一律とか半額とか

そんな時代を経験しているだけに「高・・」 

あっ 釣行記・・

6時チョイ過ぎ釣り開始
a0093677_21395920.jpg


橋の直下、まあ居るならここでしょうと言うポイントからイワナ

と書くとちょっとカッコいいから書いてみましたが、本当のところは絨毯爆撃と言うか乱れ撃ちというか

「居るでしょう」と思ったところへひたすらルアー(ウィッチRG2.4g)投げ込み、ようやく1匹

「居るでしょう」と思ったところから釣れたので、事実「居るならここ」と思ったところからイワナが釣れた


ぶっちゃけ・・ 「居るならここ」 お魚さん ことごとくお留守でした

100投げて1匹はちと大げさかもしれませんが、感覚的にはそんな感じ

居ないことは無いけれど・・

角度が悪いのか、コースが甘いのか、深さが足りないのか・・・

1個のルアー(ダイワのウィッチ ロイヤルゴールドと言うカラー、重さは2.4g)では相当投げ込んでポロリ程度

もっとローテーションをかけていれば釣果は変わったかもしれませんが・・

「これで釣れなければ・・」そう思って使っている以上、変えるルアーは無しと言う事で、ほぼウィッチ1本槍
(最後の1匹のみ3.5gのなんとかライトニング・・名前忘れた・・)

峠川C&R区間でイワナ5匹

日が高くなってからは気温もグングン上昇・・ モチベーションと言うかテンションは逆に急降下

石徹白川下流部でイワナを1匹追加、上流部でアマゴとイワナそれぞれ1匹

残暑が厳しい中、6時過ぎから15時まで釣ってイワナ7匹、アマゴ1匹でございました

a0093677_2157127.jpg

もうすぐ9月・・ の割には暑かった・・

夕方からの方が良いのかな・・


釣り



にほんブログ村 釣りブログへ

  ↑↓クリックお願いします(ブログランキング参加してます)

a0093677_20145411.gif
by browntrout-a | 2015-08-28 21:59 | 渓流 | Trackback | Comments(2)
石徹白 峠川と石徹白川 釣果 2015.08.27

a0093677_20215367.jpg

久しぶり・・・ 定点画像 ↑


a0093677_20223482.jpg

アマゴ 1匹

a0093677_20231766.jpg

a0093677_20234136.jpg

a0093677_20241097.jpg

a0093677_20242949.jpg

a0093677_20244596.jpg

a0093677_2025248.jpg

a0093677_20251821.jpg

イワナ 7匹

ん~ 暑かった・・

今回はリミット到達せず

まあ、釣れたから良しとします


釣り



にほんブログ村 釣りブログへ

  ↑↓クリックお願いします(ブログランキング参加してます)

a0093677_20145411.gif
by browntrout-a | 2015-08-27 20:27 | 渓流 | Trackback | Comments(2)
石徹白 峠川 C&R区間 釣行記 2015.04.23

a0093677_22184852.jpg

スキー場駐車場 ↑ まだまだ雪は沢山残ってます

a0093677_22194229.jpg

水温5℃ちょっと

久しぶりの峠川C&R区間

スキー場へ渡る橋の上から川を見て、スキー場より上と前川橋から下は釣り辛そう

時期的にはまだ少し早いかなとも思う

流れが緩くてそこそこ水深があるところに投げるのが確率的には一番高いだろうと踏んで、バンガロー前(下在所の堰堤上)からスタート

a0093677_22432315.jpg

2.4gのスプーンを投げ込み、カウント2つほど

ラインにテンションを軽くかけながら底付近をプルプル~とながすと1投目から「コン」とアタリ

「居るじゃないですか・・」


続けて2投目、同じところに投げてカウントは3つ

リーリングしてラインに軽くテンションが掛かったところで、グイグイ~

今期初渓流魚ゲットです

同じところでポンポンと釣れ、少し上流側に移動して角度を変えて追加

開始早々で4匹キャッチ


もっとじっくり粘れば数の上乗せは出来そうでしたが、今年から匹数制限(キャッチ数10匹)があるので移動

もちろんルールに沿って釣り上がり

次の目標は旅館下のプール・・

ちょこちょこスプーンを投げ込みながらプール下の小堰堤まで来たものの、水量が多くて向こう岸に渡れない

仕方なく下在所の堰堤まで戻りますが、ルール上釣り下ってはいけないので、石垣を登って植林の中を移動です

旅館ウラから入り直し、プール

何度か魚が追ってくるも、フッキングには至らず

スキー場まで釣りあがろうかと思いましたが、なんとなく釣れる気がしなかったのでプールのみチェックして移動

下在所の堰堤下へ

a0093677_234318.jpg

流れが緩くて水深がソコソコあるポイントでポロポロと2連発

あと4匹・・・

もうちょっと「他の場所で」釣りをしたかったので移動(そのままやってたらここで終わってしまいそうだった)

前川橋へ

前川橋から入って・・ 向こう岸へ渡れなかったのでまた石垣を登る

釣り下れないのは非常に不便です

魚道のある古い堰堤の下流のポイントへ

本来なら下から上がってくるので、プール下流部から攻めることが出来るのですが、釣り下れないのでプールの最上流部から投げて届く範囲をチェック

1匹キャッチ・・  残り3匹

堰堤の上を渡って向こう岸へ

雪が無い時は歩けない護岸上の雑木林と言うか低木の茂みの様なところを歩いてひとつ下の深いプールへ移動

a0093677_23152255.jpg

2.4gのスプーンをしっかり沈めて2匹

最後は4.2gを持ち出し、底をズルズル引いて1匹 

トータル10匹キャッチ ハイ終了~

釣り始めてからちょうど3時間でした


水温5℃で10匹釣るのに3時間・・・

ハイシーズンになったらどうなるんでしょう

45分ぐらいで終わってしまうような気がしますが

それはそれで

「何分で退場(10匹)になるか」で面白いかも(笑)


釣り



にほんブログ村 釣りブログへ

  ↑↓クリックお願いします(ブログランキング参加してます)

a0093677_20145411.gif
by browntrout-a | 2015-04-24 23:32 | 渓流 | Trackback | Comments(1)
石徹白 峠川C&R区間 釣果 2015.04.23
a0093677_147524.jpg

 定点画像  ↑  久しぶりです・・・

午前5時50分 釣り開始と言うかタックルの準備完了 
a0093677_1472019.jpg

5時54分 イワナ 1匹目 2投目でキャッチ(笑)
a0093677_1473270.jpg

6時02分 イワナ 2匹目
a0093677_1474458.jpg

6時07分 イワナ 3匹目
a0093677_1475620.jpg

6時09分 イワナ 4匹目  あ~開始20分足らずで4匹(汗)
a0093677_148872.jpg

7時24分 イワナ 5匹目
a0093677_1481939.jpg

7時29分 イワナ 6匹目 
a0093677_148308.jpg

8時07分 イワナ 7匹目
a0093677_1484347.jpg

8時34分 イワナ 8匹目
a0093677_149786.jpg

8時37分 イワナ 9匹
a0093677_1491813.jpg

8時50分 イワナ 10匹目 ハイ!終了~ 

きっかり3時間でリミット10匹達成

撤収~  (笑)


釣り



にほんブログ村 釣りブログへ

  ↑↓クリックお願いします(ブログランキング参加してます)

a0093677_20145411.gif
by browntrout-a | 2015-04-23 14:19 | 渓流 | Trackback | Comments(6)
☆ キャッチ&リリース区間 特別遊漁規則 ☆
峠川の約3.2㎞キャッチ&リリース区間は漁業法上禁漁区となります。
本来ならば釣りをすることが出来ない区間となりますが、生態系と河川環境を重視して、そこに生息する生き物に出来る限り悪影響を与えないことを条件とし、特定の釣法のみが許可され、釣った魚はすべてリリース(再放流)が義務付けられた特別な禁漁区です。これに違反すると漁業法の侵害により処罰の対象となりますのでご注意下さい。

峠川キャッチ&リリース区間は“増殖のための再放流専用区”です。自然産卵によって次の世代へ“命をつなぐ”ことが出来る“本物の生態系と河川環境”をめざし、一匹でも多くの親魚を産卵期まで残してやれるよう 優しく・丁寧に取り扱っていただきますようお願いいたします。


特別遊漁規則

☆フライ・テンカラ・ルアー釣りのみが可能です。エサ釣りは魚に対するダメージが大きいため禁止とする。

☆ハリはカエシの無いもの(バーブレスフック)を1本だけ使用し・2本バリ・3本バリ等は禁止とする。
 (ミノー型ルアーも1本バリを厳守)

☆ビク類の携行は禁止とする。(鮎用の引舟も含む)

☆ 釣った魚はサイズ等に関わらず すべてその場でリリースすること。

☆キャッチ&リリース区間内ではサイズ・魚種に関わらず 一日の釣魚数を10匹以内とする。
 (キャッチ&リリース区間内における釣魚制限)

☆キャッチ&リリース区間内は利用者が多いため 上流方向への一方通行とする。
 (釣りくだりの禁止)

☆上記以外の遊漁規則は一般遊漁区域規則に準じます。(遊漁案内参照)



  以上、石徹白漁協HPより転載

1日に釣っても良い魚の数に制限が設けられました



ん~ 何と言うか・・  

まあ、統計学的に考えての結論なんでしょうね・・


釣り



にほんブログ村 釣りブログへ

  ↑↓クリックお願いします(ブログランキング参加してます)

a0093677_20145411.gif
 
by browntrout-a | 2015-03-06 23:16 | 渓流 | Trackback | Comments(4)
今期最終釣行 石徹白 峠川 2014.09.26

a0093677_1755240.jpg

渓流シーズンもあと僅か・・・ 行先は石徹白・峠川 ↑ 定点画像

a0093677_1771460.jpg

a0093677_1774238.jpg

a0093677_1775778.jpg

a0093677_1781748.jpg

a0093677_1785267.jpg

a0093677_179105.jpg

a0093677_1792621.jpg

a0093677_1794023.jpg

a0093677_1795314.jpg

a0093677_1710740.jpg

a0093677_17103656.jpg

a0093677_1710581.jpg

a0093677_17111295.jpg

a0093677_17115034.jpg

a0093677_1712453.jpg

a0093677_17141947.jpg

a0093677_17143637.jpg


8時半~13時半  イワナのみ17匹でした

締めの釣行としては上出来かな・・



今日も楽しい釣りができました

C&R区間設立にご尽力いただいた方々に感謝です

にほんブログ村 釣りブログへ

  ↑↓クリックお願いします(ブログランキング参加してます)

a0093677_20145411.gif


釣り
by browntrout-a | 2014-09-26 17:17 | 渓流 | Trackback | Comments(4)
ほぼ1年ぶりの石徹白 峠川
a0093677_20201553.jpg

C&R区間の最下流部 ↑ 「あれ~なんじゃこりゃ」と声をあげてしまった・・・砂礫の堆積が1m以上

「川は生きもの」と聞きますが、今回の釣行を通じて実感・・


さて、釣行記・・・

スタートはC&R区間のもうちょと下から

久々の峠川・・ 全然釣れない・・ 



釣れるならあの辺り・・ こう通せば・・ あの沈み石の際から・・ 

立てた予測、戦略がことごとくハズレ

「あれっ おかしいなぁ」

「追っても来ないぞ・・」

お相手は自然の生きもの

体に染みついた「過去の峠川の釣り方」ではぜ~んぜん見向きもされず

岩ひとつふたつレベルの変化ならそれ程影響は無かったのかも知れませんが、大きく渓相が変わってしまった今ではある意味、「別の川」(ちょっと言い過ぎか・・)

「今まで」が通用しないことに気付いてから漸く釣れるように・・

日々刻々と変わる渓流・・

ある程度峠川に通って「判ったつもり」でいたのですが、今回それが単なる勘違いだと気づかされました

釣りって奥が深い・・・



にほんブログ村 釣りブログへ

  ↑↓クリックお願いします(ブログランキング参加してます)

a0093677_20145411.gif


釣り
by browntrout-a | 2014-09-05 21:54 | 渓流 | Trackback | Comments(0)
a0093677_20113162.jpg

久しぶりの「定点画像」

今日は石徹白峠川C&R区間に行ってきました・・

a0093677_20123145.jpg

アマゴ 1匹


a0093677_20125830.jpg

a0093677_20132083.jpg

a0093677_20133699.jpg

a0093677_20135191.jpg

a0093677_20142180.jpg

a0093677_20144069.jpg

a0093677_2015081.jpg

a0093677_20151961.jpg

a0093677_20153994.jpg

a0093677_20155938.jpg

a0093677_20162177.jpg

a0093677_20165834.jpg

a0093677_20172062.jpg

a0093677_20173310.jpg

a0093677_20174521.jpg

a0093677_20175860.jpg

a0093677_20181066.jpg

イワナ 17匹

ん~やっぱり峠川は釣れるなぁ


にほんブログ村 釣りブログへ

  ↑↓クリックお願いします(ブログランキング参加してます)

a0093677_20145411.gif


釣り
by browntrout-a | 2014-09-04 20:19 | 渓流 | Trackback | Comments(4)
峠川C&R区間 釣果 2013.09.27
a0093677_20494568.jpg

石徹白 峠川C&R区間へ 久々の定点画像 ↑

a0093677_20504085.jpg
 
a0093677_20505025.jpg

a0093677_2051128.jpg

a0093677_20511497.jpg

a0093677_20512440.jpg

a0093677_20513578.jpg

とりあえずと言うか・・ イワナ6匹 (午前7時半~午後1時半まで)
サイズは・・・でございます



久しぶりに出掛けた峠川・・

川の形が変わっていて、ちょっとビックリ



にほんブログ村 釣りブログへ

  ↑↓クリックお願いします(ブログランキング参加してます)

a0093677_20145411.gif


釣り
by browntrout-a | 2013-09-27 20:55 | 渓流 | Trackback | Comments(4)

ウラ釣行記・・・ 

ウラ釣行記・・・

今日(6月23日)は月と地球の距離が今年一番近くなるとかで「スーパームーン」の日だそうです

超満月とでも言いましょうか・・・

で、ウラ釣行記

なんで冒頭に月の話を持ってきたかと言うと

釣行した6月21日・・ ワタクシ的に ツキ が全く無かったから


前日、リアルタイム雨量とにらめっこし、眠りにつくまで何処に行こうか散々悩んだ挙句「一か八かで宮川下流へ行こう」と決心

そう、この日は「宮川下流」へ行くつもりだった


4時前に高速に乗れば深夜割引が適用され、少しでも料金の節約になると考え、目覚ましを3時半に設定し、11時就寝

予定通り、3時半に布団から出て、顔を洗い車に乗る

忘れ物は無いか・・ WDシューズ、ウェーダー、リール、ロッド、着替え、カメラに携帯・・・ 

前の晩に車に詰め込んだ動きをもう一度頭の中で繰り返し、チェック

時間通り4時少し前に一宮ICへ滑り込み、‘深夜割引の条件‘をクリア

白鳥で降りるか、飛騨清見まで一気に行ってしまうかを考えながら一宮JCまであと2kmの看板を過ぎたころ、「お腹が少し減ったな・・・」と思うと同時に

 「そう言えば財布・・」

財布、財布、財布、さいふ、サイフ・・・・

助手席に置いたザックのポケットを探ってみる

 「アレ、見当たらない・・」

高速道路を運転中とあって、しっかり探すことが出来ないので、頭の中で‘財布‘を検索・・・

 財布・・・・

検索結果:

残金が少なかったのでお小遣いを補充 1,000円札6枚を入れ、合計が9,000円になる

「昼過ぎまで釣りをして、帰りに温泉でも・・」と考えつつテーブルの上に財布を置く・・

カメラと携帯はセットにして置いておいた・・ 離れたテーブルの上に財布・・


 「入れ忘れた・・・・」  チン!



「やってもうた~」

一宮ジャンクションのカーブを曲がり、直ぐの一宮西ICで降りる

速攻で折り返し、一宮西IC上り入り口へ


とほほ・・ 深夜割引終了


一宮ICで降り、自宅へ

財布はもちろんテーブルの上に鎮座しておりました・・


再度、自宅を出発

30分以上の時間のロス、高速道路料金の割引率の低下

土日休日ならどの時間に乗っても「半額割引」ですが、21日は平日・・・

あえなく行き先は「峠川C&R区間」に変更

一宮ICから本日2回目のETCゲートイン

白鳥ICで出て、料金は1,600円ですが、一宮~一宮西の往復分が別に掛かってます


で、‘仕方なく‘向かった峠川C&R区間が「バフォバフォ」な状態だったなら・・

「まあ、朝一トラブったけど、魚が沢山釣れたから良いや・・・」なんてスルー出来たかも知れませんが

タフコンディション・・(当方の腕前は置いておいて)で思ったように釣れず・掛からず・取り込めず


挙句、荘川へ移動

釣りの準備を整え、「さあ釣るぞ~」と思ったら雨ザーザー

装備的には気になるほどの雨ではなかったものの、肝心要の釣果がパッとせず

そこそこサイズはバラしてばかり、チビヤマメが遊んでくれましたが、不完全燃焼感は否めず


3時過ぎ、撤収

自宅に戻り、宮川下流漁協のHPを開くと

 「小鳥川、稲越川は平水で濁り無しで‘釣りには問題ないでしょう」

ん~ ツキが無い

にほんブログ村 釣りブログへ

  ↑↓クリックお願いします(ブログランキング参加してます)

a0093677_20145411.gif

釣り
by browntrout-a | 2013-06-23 10:22 | 渓流 | Trackback | Comments(4)

自画自賛釣り日記です


by 飛島
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30