タグ:アーネストクラブ ( 22 ) タグの人気記事

検索ワード・・・

ネタが無いので・・・

久々に‘検索ワードランキング‘



今月の当ブログ、「ブラウンなトラウト」 検索ワードランキング第1位

 「アーネストクラブ」

しかも、ダントツの 90ポイント・・・

 なんで?

2位が 「ブラウンなトラウト」 で24ポイント

月に3回も釣行している「峠川」なんて僅か 8ポイント で8位

ん~ よう判らん

アーネストクラブへは1年以上行ってない気がするが・・

日進月歩の管理釣り場テクニック・・・1年前の釣行記が役に立つんだろうか?

それとも、アーネストクラブをネタにしている人が極端に少なくて、仕方なく?

そんなはずは無いよね

たぶん‘アーネストクラブ‘で検索すると何万件もヒットすると思うし


今月の‘検索ワードランキング‘・・・  ほんと、謎 です


「アーネストクラブ」で検索してココ(ブラウンなトラウト)へ辿りついた方・・・

 
  役に立ってます このブログ?



って、ずいぶん前にも同じ様な事、書いた気がするけど・・・

 まあ、いいや

にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ

a0093677_20282326.gif

釣りブログランキング参加中です バナーをクリックして下さいね~ お願いします
by browntrout-a | 2009-06-09 21:04 | その他~ | Trackback | Comments(2)

ウラ釣行記 続き・・・

昨日の続き・・・

昼ごはんを食べ終え、後半戦突入です


井戸側のパイプ前は 当たり前ですが、すでに人が入ってます

なので、「まあ何処でも良いや」 って感じでBBQハウス前でルースニング

なぜ?

 「魚がたくさん見えてるから・・」



でもでも、この‘見えてる魚‘・・・

 「スレまくってます」

あっ 誤解しないでくださいよ

あくまでも‘スレているのは‘ メルティ・ビーズ・エッグ にですからね

他のタイプのフライパターンには反応すると思いますが・・・

イロイロ結ぶのが面倒なので メルティ・ビーズ・エッグ です ハイ

 「釣れなきゃ釣れないで 別に良いや・・」と言う、かなり投げやりな作戦と言うか戦法

2投もすれば‘エッグ‘が効くのか効かないのか はっきり判るほど‘スレてます‘・・

なので、タナを最初から深めに取ってルースニング

K5さんが2.5m ワタクシが3.3m

で、結果は?と言うと

  作戦成功?

 ‘?‘ がつく程度にはアタリもあり、ソコソコは釣れました

見えている魚の下にも、しっかり魚は居るようで、フライが完全に沈みきってから‘ポツ‘と言う感じのアタリが出ます

時々、インジケーターをグイグイ引きこんで行くヤツも居ましたが・・

十中八九どころか全部 25cmほどの魚

‘ポツ‘と言うアタリは逆に40cm前後でした


BBQハウス前の‘見えてる鱒‘・・

何かしら攻略法はあると思いますが、ワタクシは‘ペレット撒き‘を真似た釣法しか思い浮かびませんでした
ルアーにしろ、フライにしろ‘表層バチャバチャ ペレットですよ~‘的な釣り方になっちゃいそうなので今回はやめておきました

 「なんで? いつもなら手段を選ばないのに・・」

まあ、前半に‘ピューパ‘でちょっと「フライフィッシングっぽい」釣り方で何本かキャッチしちゃって 「おお~フライフィッシングしてる!」なんて思ったからでしょうかね


なんか また最後は訳わかんない展開になりました・・ごめん

釣果 (7時~15時)
K5さん たぶん40匹ぐらい
    ワタクシ  たぶん30匹ぐらい


釣り方に拘らなければもうちょっとイケるかな?たぶん


にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ

a0093677_20282326.gif

釣りブログランキング参加中 バナーをクリックして下さい

<追記>
‘アーネストクラブ‘で検索されてご覧の方へ・・
こんなんで‘参考‘になります?なりませんよね~
ごめんね~ 
by browntrout-a | 2008-04-09 20:33 | 管理釣り場 | Trackback | Comments(2)
‘続きは明日‘ と、書いておきながら

昨日は寝てしまいました 「ごめんなさい」

1日遅れになりました・・‘ウラ釣行記‘です


当日の朝一は井戸側のパイプ前に入れましたので、そこからスタートとなりました
早速、‘メルティ・ビーズ・エッグ‘薄緑を結び、タナ1.8m 流れの中に投入
すぐに反応があるものの、合わせられずスカ
3投目にようやくタイミングが合い、ヒット&キャッチ
すると・・

 「ルアー釣れん フライと換えて・・」 

駐車場前で、珍しくルアーを投げていたK5さん登場
フライロッドに持ち替えたK5さん
 ビシッ  ビシッ  ビシッ  ビシッ
イキナリ ‘プチ・入れ食い‘

ルアータックルのワタクシ・・
巻き・・不発
ボトム・・不発
バベル・・2匹
プチビート(コーヒー豆みたいなヤツ)・・2匹

K5さんは7時~8時でおそらく10匹以上
が、しかし だんだん‘エッグ‘にすれて来たのか、反応がイマイチに
それでも、ポツリ、ポツリとは釣れてましたが、ワタクシがフライタックルに持ち替えた8時過ぎからはアタリ自体も少なくなってしまいました

やはり‘エッグ系‘は見慣れているのか、スレるのが早いようです・・
それと、インジケーターが付いているので‘流され方‘が不自然で、特に流れの中に居る個体には‘あっ と言う間‘に見切られてます

その流れの中に居る個体達・・ なにやら‘パクパク‘食べている様子
ちょっと老眼が入った目を凝らして「何を食べているか?」見てみますが、さっぱり判らず

9時を過ぎた頃には‘メルティ・ビーズ・エッグ‘では全くアタリが無くなり
 「う~ ヤバイ」
なんせ、ここんところ「メルティ・ビーズ・エッグ 最強!」でしたし
‘釣れない‘=‘魚が居ない‘ とまで、豪語してましたから・・

 「でも、魚は目の前にウジャ ウジャ 居ますけど・・」

困った 困った

ふと、思いついたのが・・

 見えない=小さい 目立たない

って、コトは・・ 小さい 目立たないフライで
しかも、中途半端に沈むフライ・・

ごそごそと最近全く使われなくなった‘フライボックス‘の中から取り出したのが・・

続きを読む
by browntrout-a | 2008-04-08 21:45 | 管理釣り場 | Trackback | Comments(2)
久しぶりにアーネストクラブへ
a0093677_1857614.jpg
 

a0093677_18573050.jpg

メルティビーズエッグでルースニング

a0093677_1923317.jpg

バベルも登場・・

でもでも・・・  とりあえず画像のみ

続きはまた明日

にほんブログ村 釣りブログ 管理釣り場へ

a0093677_195113.gif

釣りブログランキング参加中 クリックしてください

<追記>
釣果の方は・・
7時~15時半 たぶん30匹ぐらいだと思う
by browntrout-a | 2008-04-06 19:12 | 管理釣り場 | Trackback | Comments(0)
最近、と言うか今週は何かと忙しく、ブログの更新もサボりぎみ。

‘笑えるネタ‘も落ちてませんし・・・

‘ラーメンネタ‘も無し。

と言うわけで、前回の‘アーネストクラブ‘のウラ釣行記ぐらいしか書く事がありません。


~バベルのロスト7個中5個は根ガカリ~

‘ボトム‘はダメだったと書いておきながら、‘ナゼ‘5個ものバベルを 「根ガカリ」 でロストしたのか?

‘縦の釣り‘をしていながら何故に‘根ガカリ‘?


確かに‘風‘が強く吹いていた為に、ルアーの操作が困難でした。
風向きによっては糸ふけが沢山出る場合もあったのですが、それが‘根ガカリ‘を頻発させた直接の原因ではありません。

実は‘途中‘からある‘動き‘に魚が強い反応を示す事に気づいてから根ガカリが多くなってしまったのでした。

その‘動き‘とは・・・・・聞きアワセ(マジで)

「聞きアワセ」と言う釣り言葉をご存知かと思いますが、船釣り(特にコマセを使う釣り)などで何度もシャクリを入れた後に‘ゆっくりと竿を持ち上げる‘動作を入れて、魚に‘食わせる‘機会を与えると同時に、シャクリ中に拾えなかった‘アタリ‘も取る ってヤツです。


ワタクシの中では

         ‘縦の釣り‘=「しゃくり上げてはフォールで食わせる、アタリを取る」

と言う、イメージで釣っていたのですが、今回‘逆パターン‘を発見?

着水後5カウント→3,4回しゃくってから一旦ボトムに着ける→糸ふけを取りながらゆっくりと竿を持ち上げる(聞きアワセ)→アタリがある

フォールじゃなくて‘リフト‘ しかもゆっくりとした動きの少ない、ボトムからの‘デッド・リフト‘にアタリがある事に‘途中‘で気が付いたのでした。
(このパターンに気づいた時は ‘俺って天才?‘ と思ってましたが・・・・皆さんは既にご存知だったりして・・・・恥)

ボトムで‘チョンチョン‘してもアタリが無い、ボトムからの‘巻き上げ‘にもアタリが無い そんな状況で‘デット・リフト‘にはかなりの反応がありました。

新しい発見(自分の中で、ですが・・・)が嬉しくて、ついつい何度も‘ボトム‘まで落としては‘デッド・リフト‘を繰り返し、確率的?に‘根ガカリ‘を頻発させてしまった訳です。

‘デッド・リフト‘の補足説明をしておきますと・・・

糸ふけを取りながら竿先を水面まで下げてから‘一定の速度‘でリーリングせずに上げれる所まで竿先を上げる

今回のアーネストクラブではボトムから30cm~水面下30cmの範囲でアタリが多かった気がします。

竿を持ち上げる速さは・・・うむむ・・・下から上までで スィ~って感じ かな?(オイッ)
たぶん その日の‘速さ‘があるんじゃないかと思います


      「聞きアワセ」 一度お試しあれ~   


                 でも ‘縦の釣り‘ って言わないかも・・・・
by browntrout-a | 2007-05-16 22:41 | 管理釣り場 | Trackback | Comments(2)
a0093677_21395661.jpg

一ヶ月ぶりの‘アーネストクラブ‘です。
メンバーズカードに加入してから‘5回目‘ やっと本当の意味で「500円」割引になりました。
(入会金が2000円なので、4回割引を受けて‘元‘)

6時過ぎに一宮ICから高速へ、OPEN時間の7時には間に合いそうに無いと思いつつ、お巡りさんに見つからないようにがんばって走ってみました。
何とか美並ICに6時半着、156号&堀越峠もガラガラだったので5分遅れで到着。
日曜日と言う事もあり‘お客さん‘の入りもまあまあ。
(ルアーの方10名ほど、フライの方4名ほど)

運良く‘流れ込み‘(トイレ側じゃ無いほう)に入る事が出来たのですが・・・
今までで一番ひどい濁りです。
(HPには‘濁りが気になるので水の入れ替えをする‘って書いてあったけど・・・納得)
バベルとM2でお気楽に‘ボトム‘でちょろちょろやって‘数釣り‘するつもりでしたが、早くもピンチです。

魚達は盛んにライズを繰り返し、表層をかなり意識している様なので、とりあえず‘クランク‘や‘ミノー‘なんぞを投げてみますが・・・「釣れん」と言うか「釣れる気がしない」

ほんの数投(10分ほど)で見切りをつけ、早々と‘バベル‘の登場。
案の定、濁りがキツイので‘ボトム‘はかなり厳しい様子。
いつものように‘チョコチョコ‘動かしても「視界不良」の為、アタリは有りません。

仕方なく‘バベル‘で縦(リフト&フォール)の動きで攻めてみると・・・
a0093677_22331227.jpg

a0093677_2234327.jpg

a0093677_2235689.jpg

7:26 ファーストヒット 虹鱒 バベルⅢ銀/青
7:33 虹鱒 画像上段        〃
7;58 虹鱒               〃
8:02 虹鱒               〃
8:13 ブルック 画像中段      〃
8:34 虹鱒            バベルⅡこげ茶
8:44 ブラウン 画像下段      〃
この後、風が非常に強くなり‘ライン‘が煽られてしまい全く釣れず。
9:59 虹鱒            バベルⅢ銀/青
10:23 虹鱒 50UP      バベルⅡこげ茶 ↓
a0093677_234481.jpg

10:30 虹鱒           ウイッチ2.4gライトオリーブ
10:32 ブラウン               〃
10:39 虹鱒           バベルⅢこげ茶
11:56 虹鱒           バベルⅢ 黄
12:07 ブラウン         バベルⅢこげ茶
13:28 虹鱒           マーシャル・トーナメント1.2gオリカラ(自分塗り)
14:05 虹鱒           M2 col №14
15:18 虹鱒           X-スティック 薄茶
15:21 虹鱒               〃
15:26 虹鱒               〃
16:05 虹鱒            バベルⅢこげ茶
16:10 虹鱒                〃
16:32 ブラウン          ウイッチ2.4gライトオリーブ 
16:39 虹鱒           Xースティック 薄茶
16:45 虹鱒               〃
16:48 虹鱒               〃
16:55 虹鱒               〃
17:05 虹鱒            マーシャル・トーナメント1.2gオリカラ(自分塗り)
17:15 虹鱒                     〃

トータル 虹鱒 23匹
      ブルック 1匹
      ブラウン 4匹   
                合計28匹
朝と夕方に偏った釣果になってます。
日中の‘釣れない‘時間帯はマジで‘何をやっても‘釣れません。
この時間帯に‘釣れる‘手立てを見つけなくてはいけません。今後の課題です。

<言い訳>
兎に角、風が強くて、強くて・・・
ラインが煽られて思ったようにルアーの操作が出来ず苦労しました。
PEラインの弱点?が露呈した形になってしまい、途中でリールを変えようかと思ったほど。

<イタタ>
それから今日はやたらと‘ルアー・ロスト‘が多くバベルが7個なくなりました(泣)
(根ガカリで5個、大物?に持っていかれたのが2個)


久しぶりの‘アーネストクラブ‘でしたが「風」と「濁り」にやられてしまいました・・・


それにしても‘バベル‘折角集めたのに・・・7個もロストするなんて(痛恨・イタタ)



アーネストクラブは明日から金曜日まで水の入れ替えの為‘臨時休業‘だそうです。


バベルが7個も・・・・

                       バベルが7個も・・・・  

水抜きの時に回収してくれないかな~     バベル7個・・・・・                        

                             
by browntrout-a | 2007-05-13 23:41 | 管理釣り場 | Trackback | Comments(6)
タイトル‘今日のお買い物・・・‘となっていますが・・・
実のところ、4月15日に購入したモノです。
‘今日の買い物‘としてブログをアップしようとした矢先にPCが故障してしまったので、今頃になってアップしている次第。(昨日、修理から戻ってきました)
DELLの‘DIMENSION 8400‘という機種なのですが、どうやら‘システムボード‘と言う部分が壊れたらしく‘POWER(電源)‘が入らなくなってしまいました。
引き取り、修理、すべてDELLまかせで無料、電話での対応もすばらしく、とっても‘良い印象‘を持ちましたが・・・
‘壊れた‘時の対応が「すばらしい」よりも‘壊れない‘ほうが「普通に良い」と思うのですが・・
どうなんでしょう?
まあ、‘すべて無料‘だったんで‘良し‘としておきましょう。
で、本題の‘今日のお買い物‘
a0093677_8572724.jpg

相変わらず‘ウイッチ‘買ってます。
‘大安トラウトレイク‘でロストしてしまった分の補充です。
2.4g ブルー、赤/ウラ金、ダークオリーブ×2


a0093677_912134.jpg

‘アーネストクラブ‘で釣れ筋の‘ヒカリモノ‘系のバベル。
1g 赤/金、銀、青/銀×2



a0093677_995431.jpg

フォレスト‘M2‘ これも‘銀/青×2
それから、PEラインのカットの為に‘専用ハサミ‘を購入。
ラインカッターで無理やり‘切断‘してましたが、やはり難があるようで・・・

それにしても‘安直‘過ぎるネーミング・・・・「PE Chokkinn」 
‘PEちょっきん‘ってそのままやんけ!
もうちょっと‘ヒネリ‘とか‘おしゃれ~‘とか無いのでしょうか?

「PE スパッ」なんてどう?

エッ?全く同レベル?・・・・ 失礼しました!
by browntrout-a | 2007-04-21 09:40 | My tackle | Trackback | Comments(4)
昨日のつづき・・・

そんな経緯で‘トラウト・ワンSP 6’6” SUL‘を購入したワケですが、手に入れたからには早速使ってみたくなるのが‘人情‘と言うもの。
それに、今まで使用していた‘カーディフ6’6” XUL‘に‘X-TEX‘(2.5ポンド)の組み合わせ(次からはXULと書きます)と、‘トラウト・ワンSP 6’6” SUL‘に‘ファイヤーライン・クリスタル‘(PEライン 3ポンド)の組み合わせ(次からはSULと書きます)では ‘何が‘ ‘どれぐらい‘ ‘どう‘ 違うのか?が知りたくて知りたくて・・・
日曜日にも拘わらず、岐阜県郡上市にある‘アーネストクラブ‘に出かけた次第です。
ひょうたん湖でも良かったのですが‘ボーズ竿‘に成るのが怖くて‘確実‘‘無難‘なアーネストクラブに決定。
比較的‘引きの強い‘魚が釣れる事もあり、‘ライン単体の強度‘と‘結束強度‘(ショックリーダーとの結び目)それから、ドラグを頻繁に使った後の‘糸ヨレ‘のチェックをするのに大変都合がが良いし、‘感度‘が重要視される‘ボトム系の釣り‘や‘バベルを使った釣り‘にも魚の反応が良く、データの収集にはピッタリ。

‘何が‘‘どれぐらい‘‘どう‘違うのか?
SULの方がXULに比べ飛距離が10%ぐらい長い気がします。
ライン単体での強度は‘5ポンド‘ぐらい有るのでは?と思えるほどしっかりしていました。
リーダーとの結び目も強く、魚とのやり取りの間に‘すっぽ抜け‘‘糸切れ‘は一度も無し。
ドラグ設定を緩めにして頻繁にドラグを使って見ましたが‘糸ヨレ‘の心配は全く無し。
感度もSULの方が‘圧倒的‘に良く、手元には強くはっきりとアタリが伝わって来ます。
例えて言うなら‘ガガン‘とか‘ゴゴゴン‘などなど・・・‘カタカナのガ行(ぎょう)‘のイメージと言えば分かりやすいでしょうか、それに比べるとXULの方は‘ぐぐっ‘とか‘ぐん‘‘ごっ‘などで、‘平仮名のが行(ぎょう)‘のイメージです。(う~ん、上手く表現できませんが・・・)

今回、バベルのフォール時のアタリが少なかったので、XULとの差は感じませんでした。
この部分に一番期待をしていただけにちょっぴり残念です。
ライン自体の‘浮力‘は強く、XULに比べ、スプーンの泳層が若干上ずっている気がしました。

‘バラシ‘は殆ど無し、思ったより「アタリ」を‘弾く‘事も有りませんでした。
(PEラインは‘伸び‘が殆ど無いので慣れないとアタリを弾き易い・・・と聞いていたので‘心構え‘が出来ていたからかもしれません)

「トラウト・ワンSP 6’6”SUL+ファイヤーライン・クリスタル 3ポンド」結論としては・・・
 ‘非常に良い!言うこと無し‘ 

当分、この組み合わせが‘メイン‘になりそうです。
by browntrout-a | 2007-04-11 23:59 | 管理釣り場 | Trackback | Comments(0)
4月8日、アーネストクラブのウラ釣行記です。

まずは、何故?トラウト・ワンSP 6’6” SULを買ったのか・・・その話を先に。

約3年前まで使っていたのが売価5~6千円の‘UL‘アクションのトラウトロッド。
その頃の標準的なスプーンのウエイトは「2.5g~3g」だったので不都合なく使えていましたが、段々とスプーンが‘軽く‘そして‘小さい‘モノへとシフトして行くにしたがって、‘UL‘の竿では色んな意味でついて行けなくなりました。

で、「マイクロスプーンを遠投して‘巻き‘で釣りたい」と思うようになり、つい最近迄‘メイン‘だった「カーディフ6’6”XUL」を購入した次第です。

ところが、最近は‘ボトム‘の釣りをする様になり、バベルを使った‘縦の釣り‘が流行(はやり)となり、‘胴調子‘のXULでは合わせやアクション(スプーンの動き)にちょっとズレと言うか、合わない部分が多々感じられるようになって来ました。
それにメバリングもちょこちょこやるようになったし・・・

と言うわけで、‘先調子‘の長めの竿が欲しくなり、一時期は‘メバルロッド‘で‘代用‘も考えましたが、イマイチ「ピン」と来るモノ(ロッド)が有りませんでした。
価格やロッドの長さ、アクションはまあまあ気に入ったものが有ったのですが、竿の‘デザイン‘がやっぱり‘鱒‘に合わない。特に‘グリップ‘と‘カラー‘がね~

そんな折、‘トラウト・ワンSP‘レジにて更に10%OFFのチラシを見つけ、遊の一宮店で実物を振って見たところ 「ビビビ」 と来ました。(古っ!)
「捜し求めていたモノは‘コレだ!」と感じて購入した次第・・・
 
                つづく
by browntrout-a | 2007-04-11 00:08 | 管理釣り場 | Trackback | Comments(2)
a0093677_20565937.jpg

日曜日ですが、アーネストクラブへ行って来ました。(あら、珍しい!)
この前購入した‘トラウト・ワン 6‘6”SUL‘の筆おろしです。

トラウト・ワン+ツインパ1000PGS+PEライン(ファイヤーライン・クリスタル3ポンド)
カーディフ+ツインパ1000S+X-TEX(ハードコア2.5ポンド)

タックルを2セット用意して、釣り比べてみることに・・・・
PEの先にはX-TEX(2.5ポンド)を80cmほどショックリーダー?として付けてみました。

結論から先に申しますと、トラウト・ワン→‘非常に良い‘、PEライン→‘かなり良い‘
組み合わせとしての評価も‘非常に良い‘と感じました。
特に‘トラウト・ワン‘ですが、「これで、実売価格1万円チョイは安すぎる~」と思えるほど‘良い竿‘です。(カーディフの予備ロッドのつもりが、コッチがメインになりそうです)
キャスタビリティと魚を寄せる能力には大変満足しています。

PEラインも思ったより扱いやすく、今日一日使っていてもライントラブルは1度も有りませんでしたし、リーダーとの接続も‘電車結び‘で簡単OK!強度もバッチリ!
もしかしたら‘フロロ‘よりトラブルが少ないんじゃないでしょうか?(たぶん)
飛距離に関しては‘ロッド‘の違いが有るので微妙な所ですが、おそらくX-TEXに比べて10%ぐらいアップしていると思います。

で、釣果の方ですが・・・・
a0093677_21424255.jpg

↑本日最大50UP

a0093677_21431397.jpg

↑プローポーション抜群!この大きさでも‘引き‘は中々のモノ。

a0093677_21433698.jpg

↑ブラウンなトラウト~

a0093677_21435948.jpg

↑ピンシャンなブルック


ニジマスとコーホー?シルバー?(どっちだっけ、忘れた~)あわせて43匹
ブラウンが4匹、ブルックも4匹 合計51匹でした。

今日は‘セコ釣り‘に徹して「バベル」の こげ茶、茶、白、銀をひたすらローテーションして計40匹、「M2」ダーク系(黒、オリーブ、ブラウン)で計8匹、あとはウイッチ(エリアブラウン1.4g)で3匹でした。
今日は‘巻き‘にすこぶる反応が悪く、ボトムでセコセコやってました。
バベルも‘フォール‘では無く、ボトム・ちょんちょん戦法を駆使しての釣果です(あしからず)

チョット内容的には‘セコ釣り‘のオンパレードで恥ずかしいのですが、‘トラウト・ワン‘には良い筆おろし釣行になりました。
やっぱり、最初に‘釣れ癖‘をつけておかないと、「ボーズ竿」になったり「バラシ竿」になってしまいますからね~
by browntrout-a | 2007-04-08 22:24 | 管理釣り場 | Trackback | Comments(2)

自画自賛釣り日記です


by 飛島
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30