11月23日(祝日)に岐阜・美濃市にある‘月見が原FC‘へ行ってきました。
タイトル通りの‘撃沈‘ ボウズこそ逃れましたが、7時~15時でスプーンでの釣果「4匹」!
前回の釣行で調子の良かったポイントへ朝一から入れたので今日はそこそこイケルと思ったのですが・・・・。
とりあえず前回大活躍の‘ロールスイマー‘‘イエロー‘を結び表層を丹念に攻めていきますが反応無し!得意のレイブ1.5gダーク系に変えても反応無し!無し!無し!すでに釣り開始から30分経過・・・(冷汗)
これは朝の放流までダメダメだろうとやや諦めムード。それでもレイブを中心にイロイロ試しながらスプーンを投げ倒すも反応無し!近くで釣っているカップルや対岸のルアーマンもそれ程釣果を上げていないのがせめてもの救いです。
そんなこんなで待望の‘放流タイム‘。管理人のオッちゃんが釣り人の‘足元‘へ‘1人前‘づつ放流してくれます。 「さ~ここからが勝負じゃ~」と気合を入れ、キャスト。キャスト。キャスト・・・・沈黙・・・・・・「え~っ」放流された鱒は・・・・・・。それから30分・・・‘ヒット‘ようやくレイブ1.5gオリーブの底ずる引きで来ました。「ヤレヤレ」と思い手元まで寄せてきたところで「プルル」と最後の抵抗’バレました‘・・ガクッ。その後また30分・・・・反応まったく無し!
すでに時間は10時をとっくに過ぎ頭の中では「金返せ~」の言葉がグルグル。今年から管理が漁協になった為か、自分の‘腕‘が悪いのか・・・・・
なかばヤケクソで‘ボトムホットケ‘釣法じゃ~!レイブ1.5gエリアブラウンを投げ込み、しばらく‘ホットケ‘(15カウントぐらい)ゆっくり糸ふけを取りロッドティップを「ふわ~り」と持ち上げると<クインクイン>とアタリが。サクッとアワセめちゃめちゃ慎重にやり取りしてネットイン!
時間は11時少し前・・・・・・ようやく1匹ゲット!ってココは‘ひょうたん湖‘か!
しかし・・・またまたこの後‘沈黙‘・・・・名づけて「沈黙の月見」 主演:おれ ってヤダヨ~。
沈黙はこの後もず~っと続いて、「沈黙の月見 パート3」位まで進み‘午後の放流‘の時間。
朝一に入った場所を諦め、少し右に移動して、必釣スプーン「レイブ1.5gオリーブ/黒」を結び‘放流‘を待ちます。またも‘1人前‘が足元に放流されて行きましたが、午前中とは違い直後がら‘アタリ‘が出始め 3連荘でヒット!
1匹はネットイン直前で逃がしましたが 2匹はきっちりゲットさせていただきました。
さすが‘午後の放流‘期待通り!と思ったのもつかの間・・・・・・しばらくして「ポロリ」と釣れた虹鱒くんが本日最後となりました・・・・・・・「チックショ~」(by 小梅太夫)
# by browntrout-a | 2006-11-26 10:00 | 管理釣り場 | Trackback | Comments(3)

携帯電話 ~続編~

新しい携帯電話になってから はや5日が経ち、ようやく旧携帯メモリー内電話番号の移し変えと整理が終わりました。ショップでメモリーの書き換えサービスが有ったのですが、店員のお姉さんが「新携帯の電話帳にはグループ分けされて移行しませんよ」と言われたのもあるのですが、元々たいした件数が入っている訳でもなかったし、長いこと連絡を取っていない人や、疎遠になったお店の番号を整理(削除)するいい機会だと思っていたので断りました。
さて、‘Gショック‘携帯ことG'zOne(W42CA)ですが、今まで使っていたJ-PHONE時代の機種よりも‘重くて‘‘でかい‘です・・・・・(汗)
やはり<防水>加工の為に本体はある程度大きくなってしまったんでしょうね・・・しかし、通話時には結構聞きやすく、しゃべりやすい大きさなんですね コレガ。
なぜかと考えてみたら、なんと「事務用電話」(会社などの机の上にあるタイプの電話機)の受話器と殆ど同じ大きさで(もちろん広げた状態・閉じていて同じだったらチョット怖い!!)、スピーカーとマイクの距離も同じなんですね!だから普段使い慣れている感覚で通話が出来るので、‘しゃべりやすく、聞きやすい‘と感じるようです。
取説もザーっと読んでとりあえず‘暗証番号‘などは初期設定とは違うものに変えました。あとは、今までの携帯では出来なかった‘PCから音楽を携帯に書き込む‘‘携帯のフォルダから直接PCに画像をコピーする‘はなんとかクリアしました。←たぶんここら辺りが<限界>です。
# by browntrout-a | 2006-11-25 02:51 | その他~ | Trackback | Comments(0)
a0093677_21445451.jpg今日は午後からまたまた‘ハルちゃん‘を誘って‘ひょうたん湖‘へ行ってきました。
紅葉も見ごろな中央道を走り、今回は恵那ICで途中下車。恵那市内で少し早めの昼食を取り、ひょうたん湖へ11時に到着しました。
早速新しい‘Gショック‘携帯(W42CA)を取り出し、管理事務所横から撮影してみました。
時間が少し早いので(午後券は12時から)管理人(オーナー:原さん?たぶん)にひょうたん湖の近況と釣果、メソッドなどをお聞きすることに。どうやらニジマスは 奥のワンド~三角地帯~第三桟橋沖目 のラインで‘ユスリカ‘のハッチに合わせ回遊しているようで、ドライフライ(16番~18番 白系 ユスリカパターン)や ピューパ系を水面下5~6cmで引くパターンで好釣果の様子。ルアーに関しては大した情報は有りませんでしたが、もしかしたらストラクチャー周りや、岸沿いで大きめのルアーを使っていると巨大なイトウが・・・らしいです。かなりのサイズのイトウが入れてあるそうなので 何方かチャレンジしてみては?
ポイントなど詳しくはオーナーさんに聞いてくださいね!
今回は桟橋ではなくボートをチョイス。午後半日券とボート代の支払いを済ませ、二人分のタックルを積み込み、エレキとバッテリーをセット。時間は11時45分と12時には少し早かったのですが、オーナーの「もう釣ってもいいですよ」とのありがたいお言葉に甘えてボートに乗り込みました。
a0093677_22485856.jpgファーストヒットはとりあえず向かった第三桟橋沖目~三角地帯の中間で釣れた30cm位の虹鱒。バディの金/黒、カウント5、やや早めのリトリーブでした。スプーンへの反応は悪そうなのでルースニングへタックルチェンジしましたがイマイチ。約1時間ほど粘ってみましたが、アタリが3回で2バラシ空振り1回 ノーキャッチでした。(タナ2.9m、GBメルティヤーン・エッグ 黄色)
トイレ休憩(さすがにボートから○ちションはまずいのでとりあえず陸に上がります)のついでに場所移動することに。奥のワンド(シャローエリア)中央には1人先行者がみえたのでやや手前右側にボートをつけました。
早速ルアータックルで始めるもののアタリが2,3回有っただけで乗らず、しばらくアレコレやってみるもノーフィッシュ。ハルちゃんがルースニングでポツポツあたり出したのでフライに持ち替えます。タナだけ1.8mに変更して大岩に向けてキャスト、すると1投目からアタリがあり、アワセも決まってようやく2匹目ゲット。
その後は飽きない程度にアタリがあり、ルースニングでは30~50cmの虹鱒を計10匹、スプーンでは最後の最後に60UPをゲットして30~60cmを計4匹 トータル14匹でした。
a0093677_0105527.jpg
最後にウイッチ1.4g艶消し黒でゲットした60UPです。腕が疲れました。
# by browntrout-a | 2006-11-23 00:17 | 管理釣り場 | Trackback | Comments(2)

自画自賛釣り日記です


by 飛島
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31