現在、使用中のリールは TWINPOWER1000Sと1000PGSなんですが、1000Sの巻き心地になんとなく‘違和感‘が・・・・
PGSを回したスグ後に、Sに持ち替えて回してみると ‘ん‘ なんか重い????
特にゆっくりゆっくり回すと、その‘差‘がはっきりと感じら取れます。
(もしかしたら‘ギヤ比‘の関係でそう感じるだけかもしれませんが・・・)

先日、上飯田釣具店にお邪魔した際に店員のお兄ちゃんにリールメンテについてイロイロ質問してみました。
オーバーホールのお値段は如何ほど?
何日ぐらいかかるのでしょうか?
他所のお店で買ったけど、取次ぎしてもらえるか?

で、お答えは・・・
3000~4000円ぐらい、2~3週間、取次ぎOK!
部品交換が必要な場合は、見積もりを先に出していただけるそうです。

しか~し!某有名巨大掲示版には「オーバーホールに出したら、調子が悪くなった」なんて書き込みが多々見受けられるんですが・・・・う~む。

ロッドは2本ほど‘修理‘に、ウェーダーはフェルトの張替えに、それぞれ出したことはあるんですが、リールはO/Hどころか修理にも出したことがありません。
まあ、安いリールばかりを使っていたんで その必要が無かっただけなんですが・・・

「ツインパぐらいなら使い捨てでしょ」なんてとてもじゃないけど言える‘身分‘ではありません。大事に大事に使って行きたいので、ここらで‘メンテナンス‘に出そうか、出すまいか、非常に迷っています。

ツインパの、あの‘ニュルニュルニュル‘と回る感じが非常に気に入っているので、O/Hに出して調子が戻ればそれに越したことは無いけど、その逆になってもらっては困るし・・・
とりあえず‘専用オイル‘を買ってきて注入してみようかな?
それでもダメなら O/H行き?  う~ん 悩む~

みなさんは‘メンテナンス‘ どうされてますか?
# by browntrout-a | 2007-03-19 22:04 | My tackle | Trackback | Comments(2)
a0093677_1249557.jpg

ちょっと暇だったんで久々に‘上飯田釣具店‘へ出掛けました。
で、前から少し気になっていた Factory NATO のハンドメイドスプーン ‘チーター‘
0.8gのBRとCBというカラーを買って来ました。

「CHEATER」の意味は、「詐欺師」だそうです。(へ~ へ~) 
FISH SENSOR搭載スプーンって書いてあるけど・・・確か、スプーンの後ろに魚がついて来るのが判る?だったかな~  (間違ってたらゴメンなさい)

今日のお買い物・・・その3、その4で「これからは、‘大きめ‘‘派手系 ‘を揃えます」的な事をさんざん書いたにもかかわらず、思いっきり‘小さく‘て‘地味‘なスプーンを買ってます。(汗)
‘派手‘なヤツもちゃんと買いましたよ~
「銀」と「青/銀」 光モノですよ光モノ!

a0093677_13224024.jpg

って、バベル かよ!(ひとり突っ込みで~す)

近所で‘バベル‘を置いている釣具屋さんが少なくて困ってます。
近くのイシグロのバベルは全部売れてしまったみたいだし、上飯田釣具店にもタイプⅢが5個しか有りませんでした。(タイプⅡが欲しかった・・・・)

お店的には‘管理釣り場‘のシーズンは終盤に差し掛かっているのでしょうか?
今の時期から‘新規入荷‘や‘再入荷‘はしないのでしょうか?
それとも‘売れすぎ‘でメーカー在庫が無いのでしょうか?(誰か 教えて!)
‘色‘に関しては‘人気薄‘なヤツを購入して暇な時に自分でペイントすれば良いんですが、こと‘重さ‘に関しては軽くしたり、重くしたりは素人にはかなり難しいって言うか‘無理‘。

まあ、後1、2週間もすれば‘ひょうたん湖‘のハイシーズンが再び到来!小さいスプーンの出番も少なくなるかな? って言っておいて‘MFP‘や‘アーネストクラブ‘でセコセコやってたりして・・・

PS. 新しくオープンした フィッシング遊一宮店に行ってきましたよ~
# by browntrout-a | 2007-03-17 13:52 | My tackle | Trackback | Comments(3)

こんな感じ~Ⅱ

今日も‘釣りネタ‘がありませんので、昨日の続きと言うか、補足などを・・・・

フォール中のアタリで一番多かったのは ‘グニュ‘ っとロッドティップが僅かに入るパターンでした。
‘グニュ‘を具体的に表すと、「ロッドティップが3cmぐらい‘押さえ込まれる‘感じ」とでも言いましょうか?どちらかと言うと‘柔らかいアタリ‘で、「ゴン」・「ガン」という‘硬いアタリ‘では有りません。
使っているロッドはカーディフの6'6"(6フィート6インチ)XULというベナベナなモノなので、他のタイプのロッドではどんな感じになるかは判りませんが・・・・

フォールさせている間は、ラインとロッドティップを交互に注意深く観察していないと‘どちらか‘のアタリを見落としてしまいます。
特に‘ラインが緩む‘パターンは結構な勢いで「ふにゃ~」となることが多く、一気に‘巻き巻き巻き~‘としないとフッキングに持ち込めませんでした。

水平横振りトィッチング中のアタリはミノーのトィッチングと同じで、オートマチックにフッキング(誘い=アワセ)するので、比較的‘楽‘かな?
トィッチを止めてフォールさせた時のアタリも‘ぐにゅ‘‘むにゅ‘系の押さえ込む感じなんで、スウィープに合わせてね!

最後の‘悪あがき‘は実はイロイロなバージョンがあります。
1.落とし込んだ後に‘チョンチョン‘ ボトムバンプ→通常巻き上げで回収
2.落とし込んだ後に‘チョンチョン‘ ボトムバンプ→ロッドだけでスーっと上に持ち上げ回収
3.落とし込んだ後にしばらく‘何もしない‘→通常巻上げで回収
4.落とし込んだ後にしばらく‘何もしない‘→ロッドだけでスーっと持ち上げ回収
5.落とし込んだ後にしばらく‘何もしない‘→ロッドで大きく2回ほどしゃくる→回収
6.落とし込んだ後に超低速でリーリング(ボトム・ズルズル)しながら回収

かけ上がりを攻めていて、岸ギリギリまで魚が追ってきて‘喰わない‘場合、立ち位置を1m後ろに下げるといいかも。(さらにしゃがんでみたりしてね)←‘しゃがむ‘って方言か?変換せんけど・・・・
当たり前ですが、下がった分残す‘ライン‘の量を調整してくださいよ~
フォールさせる時もロッドの操作角度をいろいろ調整してパターンを探ってみてね~

ここまで読んで「アーネストクラブで直ぐに試したい!」と思ったアナタ!そうそこのアナタ!
もしかしたら‘水の入れ替え‘で臨時休業中かもしれないので(16日金曜日までの予定か?)よ~く確認してね!
# by browntrout-a | 2007-03-16 05:49 | My tackle | Trackback | Comments(0)

自画自賛釣り日記です


by 飛島
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30