<   2011年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧

明日、解禁です・・・

いよいよ明日

渓流が解禁ですね (もちろん一部の漁協で・・)


午後からフリーなんで、釣りには出かけようかと思ってますが、行き先はまだ決めてません

お手軽に長良川中央か、少し足を伸ばして郡上管内(上流)か迷ってます

と、言いつつ

大安トラウトレイクだったりして




ついでに先日(29日)のウラ釣行記

ルアーで何匹も釣っている人が居て、ちょっとビックリと言うか

オーナーさんの情報ってあんまりアテにならない様な気がします

 ベタ底・動かさない

確かに釣れない事は無いけど、それが唯一の正解でも無さそう

ルースニング一本で粘ってましたが、ルアーとかシンキングとか

試してみるべきだったと思ってます

タナは中途半端な深さに変わってきている気がします

まあ、何となくですけど (根拠ナシ)


にほんブログ村 釣りブログへ

  ↑↓ クリックお願いします(ブログランキング参加してます)

a0093677_20145411.gif

ウェーダーとか面倒だな~(後片付けが特に・・)

大安TLか・・


 
by browntrout-a | 2011-01-31 22:08 | 渓流 | Trackback | Comments(4)

宴会でした・・・

昨夜は宴会でした

しかも激カワイイ コンパニオンの女の子付き
 

その時の‘まやちゃん‘と変態オヤジ(まあ、ワタクシの事ですが・・)の会話


 H:「まやちゃん いくつ?」  *H=変態オヤジ

 ま:「ハタチです」

 H:「へ~ ハタチか~ 若いね」

 ま:「この前、誕生日だったんです」

 H:「あっ そうなんだ じゃあ‘何ドシ‘(干支)なのかな?」

 ま:「とし?」

 H:「ほら今年はウサギ年じゃん」

 ま:「ああ、 えっと~ あれなんだっけ?」

 H:「ハタチだからウマかな?」

 ま:「えっと~ ヤギ?」




 H:「ヤ、ヤギ?    いや、それは星座・・・」

 
   天然まやちゃん 超萌え~



にほんブログ村 釣りブログへ

  ↑↓ クリックお願いします(ブログランキング参加してます)

a0093677_20145411.gif

 

超カワイイ コンパニオン(抜粋)
by browntrout-a | 2011-01-30 14:08 | その他~ | Trackback | Comments(6)
大安トラウトレイク 釣果 1月29日

虹鱒 1匹
a0093677_1038857.jpg


ホウライマス 1匹
a0093677_10382495.jpg


9時半〜14半

寒かった

ルアー 釣れてました

ん〜

にほんブログ村 釣りブログへ

  ↑↓ クリックお願いします(ブログランキング参加してます)

a0093677_20145411.gif
by browntrout-a | 2011-01-29 22:33 | 管理釣り場 | Trackback | Comments(4)

ネタが無いな・・・

ネタがありません

こう言う時の為の‘クワガタ‘

ネタの為に・・・

成虫飼育ケースに霧吹き 2ヶ月ぶり?

エサはさすがに減ってませんが、ついでに交換

温度計の記録を見ると

 下(最低気温)が4.5℃ で、 上(最高気温)が14.5℃

まあ、上の記録は最後にリセットをかけた11月後半の気温だと思います

で、意外に下がっていないのが最低気温

床下と言うか、縁の下って意外に暖かい??

現在(先程の)気温も9℃の表示でした

エサ替えの際に、コクワ(長久手産)♂の顎が見えたので割り箸でちょっと突付いてみた

カシカシ と微かに挟む動作

ちゃんと生きてました (ホッ)


にほんブログ村 釣りブログへ

  ↑↓ クリックお願いします(ブログランキング参加してます)

a0093677_20145411.gif
by browntrout-a | 2011-01-28 22:08 | クワガタ | Trackback | Comments(4)

ウラ釣行記 適当・・・

1月23日の大安トラウトレイク釣行のウラ


オーナーさん曰く

 「底を釣らないと釣れません」
 「動かしたら釣れません」

2つ目の‘動かしたら釣れない‘と言うのはルースニングならばクリアするのは結構簡単

投げた後、何もしなければ良いだけの話


問題は‘底を釣る‘と言うか‘底が取れているか‘

一応、タナ取りを実施

自分の正面、距離にして5m~10mの範囲の「おおよその水深」は掴んだつもり ←コレが前提で話します

で、適当に投げ込んでみて

先ず アタリが有るか無いか

アタリがある場合・・・

オーナーさんのおっしゃる事に間違いが無いのであれば

フライ(メルティBE/白)はちょうど底か、少し底を切っている状態 (ちゃんと底が取れていると言う事)

アタリが無いのなら・・・

底を大きく外している(離れている)か、ティペットが弛み過ぎ(タナを深くし過ぎ)でアタリが出ない、若しくは魚が居ないのどれか

ある程度投げ込むとアタリのある無しで「タナが合っている範囲=底が取れている」が自ずと判ってくる

アタリが続けばそのタナでその範囲をしつこく攻め、アタリが減ってきた、無くなってきたらタナを少しずらし、そのタナに合う範囲(地形から判断して・・大安の場合事務所側が深く、桟橋根元側が浅い)を探る

まあ、大体こんな釣り方で23日は釣ってました

実際、「底が取れていたから釣れた」のかどうかは判りませんけどね

浅い方の底、桟橋に近い方の底は小型が多かったような気がします

大型(といっても50ぐらい)は桟橋から遠目、岸から離れたポイントでヒットでした

ご参考まで・・

にほんブログ村 釣りブログへ

  ↑↓ クリックお願いします(ブログランキング参加してます)

a0093677_20145411.gif
by browntrout-a | 2011-01-25 22:00 | 管理釣り場 | Trackback | Comments(4)
大安トラウトレイク釣行記

忙しい、忙しいと言いつつ

実はそれ程忙しくなかったりする

で、朝起きて 天気予報確認

そこそこ良い天気なので、釣行決定

K5さんに声を掛けると・・・

 「ええ~寒い・・ でもまあ、チョットだけなら」

と言うことで、同行

オマケの10Aさんも同行 (10Aさんは大安初釣行)


10時過ぎ到着

管理事務所に出向くと

受付にオーナーさんがいらっしゃる

どこら辺りが釣れますか?と尋ねると

何処でも釣れますよ とのご返事

でも フライの話ね

ルアーはたぶんダメ 厳しい

フライも底に置いておかないとダメ

と、次から次に‘条件‘が付随


日曜日で、天気もまあまあとあって、桟橋はそこそこの混み様

空いていたのが手前の桟橋、岸より

そこへ入れて頂き、早速ルースニング

オーナーさんの助言通り、底を釣る為にタナ取り

奥の桟橋方向に10mほどの距離で水深260cmと判定

フライは毎度おなじみ&先日取り寄せた‘メルティビーズヘッドの白‘

2,3投目にすぐさまアタリ

が、コレはスカ

同じポイントに投げ込むとまたアタリ、でもまたスカ

とりあえずは魚が居る


それから暫くして
a0093677_2012431.jpg

11時4分 虹鱒ゲット

タナ取りをしたポイントよりも岸際

アタリの感じからして、完全に着底していると思われる

少しだけタナを浅くして同じポイントに
a0093677_20145638.jpg

11時13分 虹鱒

アタリ5回でキャッチ2匹・・・

もっと渋いと思っていただけにチョット安心・・・

が、この後が続かず 


12時半を過ぎ、K5さん 10Aさんが合流

K5さんはルースニング

10Aさんはルアー

a0093677_20203271.jpg

a0093677_20204843.jpg

K5さんの釣果 ↑ 虹鱒、ホウライマス各1匹
(実釣時間2時間で5匹ヒット キャッチ2匹の結果)

ルアーの10Aさんにはアタリもなし (こちらも2時間 結果はボーズ)


その後

a0093677_20234330.jpg

14時55分 小型ホウライマス

a0093677_2025016.jpg

15時17分 虹鱒

a0093677_20255020.jpg

15時36分 大型ブラウンのエサ? たぶん違うと思いますが・・ アワセで飛んできてしまうようなサイズ

a0093677_20272747.jpg

16時4分 今日イチ 漸く50cmぐらい やれやれ・・

この1匹で帰ろうと思いましたが・・・

a0093677_2029782.jpg

16時19分 ちょっとピンボケ まだアタリが続いていたので少しだけ粘ってみました

飽きない程度にポロポロ

時折風が吹きましたが、キャスティングに影響するほどでもなく、寒さもそれ程厳しくなく

まったりと過ごせました



さて今日の受付嬢は・・・

 メガネっこ & 木村カエラ似

ダブルエントリーでございました (土日祭日は2名体制なのか?)

事務所内が禁煙になり、お二人の良いニオイが‘ぽわ~ん‘と充満

ん~ マンダム  (なんのこっちゃ・・)

にほんブログ村 釣りブログへ

  ↑↓ クリックお願いします(ブログランキング参加してます)

a0093677_20145411.gif


つーか 釣り情報皆無だな このブログ・・・
by browntrout-a | 2011-01-24 20:38 | 管理釣り場 | Trackback | Comments(4)
a0093677_1801370.jpg

大安トラウトレイク釣果

 ワタクシ 虹鱒 5匹  ホウライマス(まあ、虹鱒ですが) 2匹  計7匹 (10時半~16時半)

 K5さん 虹鱒 1匹  ホウライマス(まあ、虹鱒ですが) 1匹  計2匹  (13時~15時)

 10Aさん  ボーズ  (13時~14時半)


a0093677_1833259.jpg


思ったほど風が無くて助かりました

にほんブログ村 釣りブログへ

  ↑↓ クリックお願いします(ブログランキング参加してます)

a0093677_20145411.gif
by browntrout-a | 2011-01-23 18:05 | 管理釣り場 | Trackback | Comments(2)
橋本さんのその後

紀州犬購入

スグに狩猟犬にする為の訓練所へ預ける

猟銃をもう1丁購入

猪を仕留める


そして半年後・・・

退社

その時に交わした言葉

 「オレ、猟師やるから」



凄いよ 橋本さん

凄すぎる


もう彼是20年前の話です

橋本さん どうしてるかな・・・



にほんブログ村 釣りブログへ

  ↑↓ クリックお願いします(ブログランキング参加してます)

a0093677_20145411.gif
by browntrout-a | 2011-01-22 22:17 | 今昔物語 | Trackback | Comments(2)
橋本さんの話、その2

橋本さん 実名を出してしまってスミマセン 一応、謝っておきます (コラコラ)


橋本さん、趣味の車はランクル(ランドクルーザー:トヨタの四輪駆動車の略称)

普段(当時)はW124 (結構ブルジョア・・)

ご本人はランクルが1stでW124が2ndとおっしゃってましたが・・・


ある日、社内で顔を合わせた時の会話

橋本さん 「よっ 元気?」

ワタクシ 「ちわーーすっ」

橋本さん 「あ、そうそう 〇〇君(ワタクシの本名)、鉄砲一緒にやらない?」

ワタクシ 「は? 鉄砲ですか」

橋本さん 「うん、猟銃 どう? 面白いよ」

ワタクシ 「えっ!橋本さん 猟銃もってるんすか?」

橋本さん 「チョット前に許可もらって、始めたんだ」

ワタクシ 「へ~ 凄いですね」

橋本さん 「昨日も打ちっぱなしに行って、100ぐらい打ってきた」

ワタクシ 「打ちっぱなしって・・・ あ、もしかして各務ヶ原の?」

橋本さん 「そうそう、良く知ってるね 〇〇君もやろうよ」

ワタクシ 「面白そうですね」

橋本さん 「おっ、やる?」

ワタクシ 「いや~でも、許可とか警察に届け出るんでしょ 難しくないですか?」

橋本さん 「いや、全然 〇〇君 前科ある?」

ワタクシ 「ありませんけど・・・」

橋本さん 「じゃ、コレ・・・」

と、言っておもむろにポケットから

‘猟銃所持許可申請書‘ 


橋本さん 「コレ書いて出すだけだから・・・」



いや、出すだけじゃないでしょ・・・・

つーか、なんで普段からそんなモノ持ち歩いてるの・・ 橋本さん


にほんブログ村 釣りブログへ

  ↑↓ クリックお願いします(ブログランキング参加してます)

a0093677_20145411.gif
by browntrout-a | 2011-01-21 23:22 | 今昔物語 | Trackback | Comments(2)

橋本さんの話・・・

寒い日が続いてますね

今週、来週とイロイロ忙しく、釣りには行けそうにありません

ラーメンネタと買い物ネタでとりあえず繋いでおります

が、それも尽き果てましたので、今日は久々の今昔物語

まあ、単なる思い出話なんですけど (ワタクシの・・・)


もう彼是、20年近く前の話・・・当時勤めていた会社の先輩の話です

名前は確か、橋本さんだったかな

部署は違っていたのですが、共通の趣味と言うか、車繋がりと言うか

もう今では‘死語‘となっている「四駆仲間」ってヤツ

21世紀ではSUVとか呼ばれていますが、当時は四輪駆動車、略して四駆と呼んでました

で、橋本さんの車は、ちょっとじゃない改良(改造でもない)がされたランクル(ランドクルーザーの略)

70系と呼ばれる(BJかLJか忘れました)ミドルホイールベース


林道派、マッド派、シティー派などと分類されておりましたが、橋本さんはバリバリのマッド派

夜な夜な泥を求めてアチコチを走り回っておりました

橋本さん、泥も好きなんですが、水も好きな方で

川の様な水溜りへじゃんじゃん突っ込んでいってました

車もそれなりの仕様にしてあって、水深1.5mぐらいは全然OK

ちなみに1.5mと言うのは運転席(助手席)の窓の横を波がチャプチャプと音を立てて流れる深さです


ある日いつもの調子で川の様な水溜りを渡ろうとした時、ちょうど半分ぐらいのところでガガガ・ゴツン・ゴッと言う異音を立てて車が前進不能に

前後進を繰り返す(モミ・モムと言ってました)事でそういった状況から脱出できる事もあるのですが、この日はそれも上手く行かず、水深1.5mで立ち往生

(後から判った事ですが)底に大量に堆積していた握りこぶし大の丸石がフロントのホイール内に入り込み、ブレーキキャリパーとホイールのスポークとの間にはまり込んでしまった

5本スポークタイプの高強度を誇るホイールを装着していた橋本さん

コレが仇となった訳ですが、その時は状況がイマイチ掌握できておらず、単なるスタック(立ち往生)と判断し運転席もかなり水浸しになってきたので躊躇無く最終手段(副変速機L側で1速+前後デフ・ロック)でクラッチミート

 ガコン
 ガコ 
 ガラガラゴゴゴ・・・

と大きな音が立て続けに2回、その後何かがホイール内をガラガラ回る音・・・

ガラガラ音がしなくなると、車は前に動き出し、川の様な水溜りから難なく離脱

ヤレヤレとある程度川の様な水溜りから離れたところへ停車・・・

しようと思ったら、ブレーキが利かない

ガコンと大きな音は

ブレーキキャリパーが取り付け部分からもぎ取られた音だったのです

しかも左右とも

ホイールの強度、エンジンのトルク、クラッチ、ギア、ペラ&ドライブシャフト、・・・

一番弱かったのがキャリパーの取り付け部分だったと言う話

 
キャリパーがもげて、しかも脱落

ブレーキ液が漏れてブレーキが効かないのは当然の成り行きと言う訳




帰りは・・・

橋本さんの車の後のフックに牽引ロープを取り付け、後で重量級四駆が前を走る橋本号を引っ張り止めるという手法

信号50mぐらい手前からエンジンブレーキで減速、牽引ロープの長さ分を考えて、後続の重量級四駆がブレーキ、同時に牽引ロープがビーンと張り、前を行く橋本号が ドドーンと停車

赤信号の度にコレを繰り返し(5回以上止まったと思う)無事帰還


後にも先にも

自力で自分のブレーキキャリパーをもぎ取った話はこれ以外聞いた事が無い


ちなみにワタクシは

ステアリングロッドをステアリングギアボックスのスプラインの部分でブチ折った事があります

ステアリングのロッドが折れると・・・

ハンドルが異常な軽さで左右どちらにも回したいだけ回ります

勿論、タイヤの向きは1mmたりとも変わりません

どうやって帰ってきたかはまた次の機会に・・・


まあ、どうでも良い話ですね

にほんブログ村 釣りブログへ

  ↑↓ クリックお願いします(ブログランキング参加してます)

a0093677_20145411.gif
by browntrout-a | 2011-01-20 22:02 | 今昔物語 | Trackback | Comments(2)

自画自賛釣り日記です


by 飛島