<   2007年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

カツ丼・・・

a0093677_19592551.jpg

カツ丼ですが・・・

どんぶりのマークに注目!

吉野家のカツ丼 520円 初挑戦です

皆さんはもう食べました?

                  次回は ソースカツ丼 にチャレンジの予定
by browntrout-a | 2007-07-29 20:02 | その他~ | Trackback | Comments(0)
昨日の‘N川 釣行記‘ 記憶違いが多々有りましたので訂正

午前中の後半(前半は合ってますって言うか、間違えようが無いんだけど・・・)

ワタクシ
入渓地点から100m程上がった大岩のたるみで、28.5cm(メジャーリングしました)
さらに30mほど釣り上がり、岩1つ向こう側の落ち込みのヨレで‘良いサイズ‘を掛けるもラインブレイク

ハルちゃん
ワタクシがラインブレイクをやらかしたポイントの上のプールで大型を見つけ、数投目にショートバイト
その後、スプーンの種類を変えたり、カラーを変えたり・・・
何投めかに‘ガクッ‘とハンドルが止まり、根掛り?
「根掛りなんかする訳無いのにな~」 と気を緩めた次の瞬間
ラインが一気に走り出し、‘あっ‘と思ったものの、対応しきれず・・・プッツリだったそうです
かなりデカかったみたい
気を取り直し、そこから少し上がった左側がコンクリート護岸&大石のトロ場で20cmのアマゴをゲット
更に、もう1つ上の水深のあるプールで尺上アマゴをゲット

↑ コレで多分間違いないかと・・・午後の部は間違いナシです


N川情報(伏字・イニシャルで申し訳ないですが・・・)
大型アマゴの成魚放流がされている様です
それ故、多くの釣り人が入るからでしょうか、魚もスレ気味
プレッシャーが高いからか、意外な所に身を潜めている個体も多く、不用意に遡行すると足元から‘大きな影‘が サァ~
「えっ!こんな処に居たの?」と、思うこと数回 
まあ、単に遡行技術が未熟で注意力が散漫なだけですが・・・

今回は8時過ぎに川に入ったので、先行者も多く居たようで‘足跡‘だらけでしたが、なんとか魚をキャッチ出来ました
平日・早朝(日の出ぐらい)に入れれば、結構良い思いが出来そうです



           と、言うわけで 次回はAM3:00集合!だよ  ハルちゃん
     

                         
by browntrout-a | 2007-07-28 09:52 | 渓流 | Trackback | Comments(2)
今日はハルちゃんと共にハルちゃんの師匠から教えて頂いた N川へ行ってきました
(師匠からの許可が無いのでイニシャルとなっています)
まずは上流部 ↓こんなところ
a0093677_21182584.jpg

水が凄く綺麗な川で、底石は白(おそらく花崗岩)

1時間程、交互に竿を出しながら釣り上がりましたが、川通しをする際に2,3の魚の影を見ただけで釣果は無し(直前に先行者が居たようです)

一旦、川から上がり1kmほど下流へ移動
川幅も15mほどあるので、二人同時に釣り上がる事に
ここでようやく本日の1匹目がヒット
結構良い型のアマゴ28.5cm(成魚放流モノ)
撮影しようとネットから出した途端
「びちびち~」と猛ダッシュ!
シャッターを押す間もなく‘逃亡‘

「ブ、ブログのネタが~」と叫んだもののアフター・ザ・フェスティバル(後の祭り)ってヤツ

この後、また良いサイズを掛けるも手前の岩にラインが擦れブレイク
続けざまにハルちゃんがかなりの大物を掛けるも一気に走られ プッツン

a0093677_21473866.jpg

四角いテトラが並ぶプールでハルちゃんが仕留めたアマゴ ↑
尾びれがちょっと残念ですが、30cm越え(尺モノ)
底石、底砂利が白一色の川だけあって、体色もかなり白っぽくなってます
ちなみにハルちゃん、このプールでは20cmのアマゴもゲットしてました

とりあえず、お腹が空いたので川から上がり昼飯
ざる蕎麦と‘御幣餅‘(ゴヘイモチ お品書き通り) ↓
a0093677_21594794.jpg

長さ25cm、幅10cmは有ろうかと言う五平じゃない‘御幣餅‘
なんと、八十過ぎの‘ばあ様‘が囲炉裏で丁寧に1本1本焼いてくれるのです
( その代わり、注文してからおよそ20分かかりますが・・・ )
もちろん味は‘最高‘ うまかった!

で昼からは更に下流へ(車で30分ほど移動)

途中、こんな看板が
a0093677_226725.jpg

熊 出るみたい・・・

a0093677_228529.jpg

川幅も広く、渓相も抜群ですが、上流部と違って‘魚‘は薄い感じ

それでも少ないチャンスを物にして 岩魚ゲット!
a0093677_22122869.jpg

サイズは20cm程でしたが、やっぱり岩魚も白系

ほどほどにして来たルートを戻り終了
川から上がりましたが、「最後に午前中にハルちゃんが‘大物‘をばらしたポイントを再挑戦しましょう」と言う事で30分だけ

案の定‘釣れず‘

まあ二人して‘型‘が見れたので「良し」としましょう とお互い納得して納竿

近くの温泉に立ち寄り、帰路に
〆は‘福‘のラーメンと餃子(地元で)

メッチャ 日焼けしました(顔だけ、しかも偏光グラスのアトが・・・)
by browntrout-a | 2007-07-27 22:31 | 渓流 | Trackback | Comments(2)
a0093677_2112453.jpg

今日もまた 峠川C&R区間へ

ついにゴアテックス・ウェイダーを使う時が・・・
スキー場駐車場には車無し
しめしめと思いながら車を止め、早速準備に取り掛かります

あれれ
ウェイダーの中に履く‘夏用パジャマ‘がありません
(げっ!忘れた)

何も履かない訳には行かないので、仕方なく‘そのまま‘(今日はジーンズじゃなくて、チノパンでした)ウェイダーに足を通しました

さすが!ゴアテックス
全く暑く無い!!!!
スゲー 

ウェイディングシューズを履き、イザ出撃
軽いし、足元はキュッと締まって軽快だし
暑く無いし
滅茶苦茶 快適!

天気が余りよろしくないようなので‘ここぞ‘と言うポイントだけルアーを通して行きます
駐車場横から少し上がった所で、本日の1匹目 ↓
a0093677_21205267.jpg

良く肥えたプリプリ岩魚 25cm 
コレで、ボウズ・ウェイダーにならずに済みました

蜘蛛の巣に苦戦しながらも、どんどん釣り上がって行きますが・・・
毎度のチビアマゴ&15cm位の岩魚がチョコチョコ遊んでくれるだけ
アマゴの稚魚に続いて、岩魚の稚魚も放流したのでしょうか?
10cm未満の岩魚の稚魚が釣れましたが・・・

アマゴ園のウラ辺りに来た所で‘ザーザー降り‘になってしまいました
今日の天気って‘曇り‘じゃ無かったの?
気合で もう1匹 ↓
a0093677_21291717.jpg

これも まあまあサイズ 

しかし、雨脚は一向に衰えず・・・
レインウェアを着ていないのでシャツとベストがずぶ濡れ
集中力も持続せず、伝家の宝刀‘ウイッチ‘を立て続けに木の枝に掛けてしまいロスト(2個)
これで、完全に集中力が切れ、テンション↓↓急降下

結局、ペンション・ビリジアン裏まで来た所でギブアップ!

車に戻り、どうしようか考えましたが、雨の止む気配も全く無く、撤収する事に決定



本日の釣行時間・・・僅か1時間 (トホホ)

まあ、ゴアテックスの‘凄い‘性能を実感出来たし、魚の顔も見れたんでOKでしょう
竿への糸がらみも‘ボナンザ‘のお陰で気にならなかったし
(雨で竿がべたつく事も無く、上手く捌けてましたよ)


だけど、ゴアテックスってホント凄いよな~
実質1時間チョットしか使ってないけど、中にチノパン履いているにも拘わらず全く暑くなかった。
暑く無いから、蒸れないし、汗もかかない
今まで使ってた‘ナイロン・ウェイダー‘だったら10分でも汗かいちゃうし
1時間履いてたら靴下はビッチョリ、ズボンもベッタリだもんね


   ゴアテックス  
                 高いだけあるわ、やっぱり
by browntrout-a | 2007-07-26 22:12 | 渓流 | Trackback | Comments(0)

くるま・・・

今、乗ってる車です ↓
a0093677_19183617.jpg



な~んちゃって  (ウッソ ぴょ~ん)

ランボルギーニ ムルシエラゴ? って言うの? 
たぶん 合ってるかな?


まあ、一生乗る事は無いでしょう


                        宝くじが当たっても 多分 買わねー・・・
by browntrout-a | 2007-07-25 19:36 | その他~ | Trackback | Comments(0)
a0093677_22581225.jpg

左から 
FOREST"MARSHAL"2.3g color19 (金)
FOREST"MARSHAL"2.3g color20 (銀)
Coatac CONDEX spoon 2.0g colorA01 (銀)
Coatac CONDEX spoon 2.0g colorA02 (金)
Antem L・E-on 2.1g colorA02 (金)

新戦力と言うか、新候補ですかね

‘渓流‘ではここの所「ウイッチ1.4g、2.4g ロイヤルゴールド」ばかり使ってます
‘釣れるから使っている‘訳なんですが・・・ (当たり前だけど)

MARSHALはウイッチのロング・バージョン的な意味合いで買ってみました
CoatacとLEONは全長がほぼ同じで、幅が広いワイド・バージョンと言ったところでしょうか
カラーは‘金‘‘銀‘のみです

新ウェイダーも買ったし、早く試したい!釣りしたい!
パチ屋のCMじゃないけど
「待切内蔵(マチキレナイゾウ) 行かねば!」の心境です

話し変って
昨日の‘ボナンザ‘・・・

ボナンザと言えば ‘ボナンザプラザ ヨシヅヤ‘
ローカルな話題ですみません
どうでも良いです
‘フッ‘と思いついたまま書いてしまいました

ちなみに‘ボナンザ‘
bonanza スペイン語で 繁栄 の意味らしい

とりあえず トラウト・ワンとカーディフにヌリヌリしてみました
少量を布切れに取り、軽く竿に塗ったあとカラ拭き
素手で触った感じは思ったほど‘すべすべ‘では無く、効果の程は‘?‘
まあ、実際川で使って見ないと判らないんですけどね

それより、ガイドとその足が思ったより汚れてました
なんせ、本格的なお手入れは購入後 ‘初‘ (オイ、オイ)
ボナンザを染み込ませた布切れが‘薄茶色‘になりましたよ・・・

竿も綺麗になったし
さて 今週は何処へ行こうか・・・

そうそう
bonannza

            思いがけない幸運 

                          と言う、意味も持つらしい

                       ん~期待しちゃうぞ!
by browntrout-a | 2007-07-24 23:48 | My tackle | Trackback | Comments(0)
a0093677_2162185.jpg

特殊フッ素樹脂コーティング剤
「ボナンザ ワンタッチ50g」ってヤツです

<用途>
釣竿、クーラー、ゴルフクラブ、スキー、浴槽、冷蔵庫、etc・・・
<効果>
処理表面がツルツルになりすべり効果抜群
撥水効果(水を弾く)抜群
油汚れや悪臭の付着を防止する
キズがつきにくい

 ↑パッケージ・ウラ面にはこう書いて有ります



実は上飯田でウェイダーを購入後、店員さんに
「竿先の糸絡みで困ってるんだけど・・・ 何か良い物ないかな~」と尋ねたところ
店員さん 全く迷わず レジ前・試着室左横にぶら下がっていた‘ぶつ‘を‘サッ‘と取り
「コレっすね!ボナンザ」
ワタクシ 「はぁ ボ、ボナンザ?」
店員さん 「コレでバッチリ!ツルツルになってトラブル減りますよ」
ワタクシ 「へぇ~ 塗るだけ?」
店員さん 「塗って、その後カラ拭きするだけですよ」
ワタクシ 「ふ~ん じゃ、コレ下さい」

で、買って来ました
ツルツルになるだけでなく、水弾きが良いので厳冬期に‘ガイド‘が凍りつくのも防いでくれるらしい

まだ、パッケージから出してもいないし、試してませんが
店員さんは「コレはいい コレはいいよ~」って、ベタ褒めしてましたから たぶん良い物なのでしょう きっと

とりあえず 竿にヌリヌリするのは‘明日‘と、言う事で
(今から竿を出してくるのが面倒なだけですが・・・)
 
                     続きは また明日・・・(たぶん)



                          ホントは‘ネタ‘が無いので引っ張ってるだけですよ
by browntrout-a | 2007-07-23 22:08 | My tackle | Trackback | Comments(2)

ゴアテックス・・・

ついに買いましたよ

ゴアテックス・ウェイダー

そういえば、ウェーダーじゃなくて ‘ウェイダー‘ なんですね・・・

どうでもいいですが



ゴアテックスと言う素材 (ふむ、ふむ)

水蒸気は通すが、水滴は通さない だから ‘蒸れない‘  (ほ~ぉ~)

どれぐらい ‘蒸れない‘ のか? (どれぐらい?)

試してみたくなって (気になるよね)

試してみました (へぇ~)


えっ?どうやって試したか ですか (教えて~)


まず、風呂に入って (うん、うん)

出たら 直ぐパンツとパジャマを着て (それから?)

‘ゴアテックス・ウェイダー‘を履いてみました・・・ (えっ 履いちゃったの?)



「ん~ 快適、快適」 (風呂上りなのに?)

全く‘蒸し暑くない‘ (さすがー  って オイイッ!)



えっ? 何? 試す方法が間違ってる? (間違ってるよっ!)



いいんだよ  (いいのかよっ!)



                    単に 履いてみたかっただけだから (子供かよっ)
by browntrout-a | 2007-07-21 17:10 | その他~ | Trackback | Comments(2)
先ほど‘上飯田‘へ行って来ました
で、ついに購入

パンパカパ~ン
a0093677_1781564.jpg

Rivalley コンフォートチェストハイストッキングウェイダー(実売価格24,406円)

こんなヤツです ↓
a0093677_1795217.jpg


FoxFire (TIEMCO)のGTXスパイラルチェストウェイダーを買うつもりで出掛けたのですが・・・

店員さんにその旨を伝え試着させてもらいました
「Lサイズがちょうどいいですね」 (店員さん)
「はい、ソックスもジャストフィットしていい感じです」 (ワタクシ)
「FoxFireはソックスの立体裁断が売りなんですよ」 (店員さん)
「じゃあ、コレ下さい」 (ワタクシ)

さっさと決断し、ウェイダーをヌギヌギ・・・
と、ところが・・・
「あの~ 脱げないんですけど・・・」 (ワタクシ)
ソックス部分が余りにもフィットしすぎて、かかと部分がどうしても脱げない (大汗)

「あらら フィットしすぎですね~」 (店員さん)
必死の思いで何とか脱げましたが・・・
「こ、これはちょっと・・・毎回こんなんじゃシンドイですね・・・」 (ワタクシ)
「そうですね~水に濡れるともっと脱ぎ辛くなりますからね~」 (店員さん)
「Rivalleyにします・・・」 (ワタクシ)
「Rivalleyならきっと大丈夫ですよ」 (店員さん)
持ってきてもらった‘Rivalleyコンフォート(以下省略)を履いてみると
履き心地も大して変わらず、なにより‘脱げる‘(←オ、オイ)
「じゃあ、これで」 (ワタクシ)

と、まあこんなウラ事情がありまして‘Rivalley‘に決定した次第
もともと第一候補がFoxFire、第二候補がRivalleyだったので良いんですけど・・・
ただ、その選択基準が‘デザイン‘や‘価格‘ましてや‘性能‘などではなく

      ‘脱げる‘ ってのが、ちょっと・・・

シューズは‘超お値打ち品‘ ↓
a0093677_17392619.jpg

有名ブランドのWDシューズが1万5千円ぐらい
しかもフェルトの張替えが‘送料別‘で 6千円
店員さん曰く、「大体2年で張替えですかね・・使い方によりますけど」

「ん~」
しばし、考えましたが今回はとりあえず「安い」を取りました

だって、   張替え料金>新品シューズ(実売価格5,460円)  ですから


                        そんなに‘金持ち‘じゃないし・・・(ほっといて~)
by browntrout-a | 2007-07-20 17:51 | My tackle | Trackback | Comments(2)
またまた‘石徹白‘釣行です
最近は‘石徹白 峠川‘ネタばかりですみません
‘管理釣り場‘情報をお求めの方には大変申し訳なく思っております

「近くて」 「そこそこ釣れて」 「安い」
三拍子揃った‘石徹白 峠川‘
ついつい、足が向いてしまいます

毎度の事ながら‘ハルちゃん‘に同行願いました
超スロースタートで朝9時チョイ過ぎにハルちゃん宅を出発
白鳥町内のローソンで朝御飯、昼御飯を調達し、お店のベンチでまずは腹ごしらえ(朝飯)
(昼御飯はクーラーボックスへ)
トイレを済ませ、ちんたら走ってスキー場着が11時過ぎ (たぶん)
駐車場には3台の車が止まってました
(もっと人が多いと思ってましたが・・・)

しかし、そのまま‘峠川C&R区間‘は素通り
今回は有名ポイントの‘大堰堤‘へGO!
a0093677_19395023.jpg

‘いかにも‘的なポイントですが、魚の反応は今ひとつ
例のごとく‘稚魚放流‘のチビアマゴばかり・・・
一度だけイワナのチェイスが有りましたが、それも大したサイズではありませんでした
少しだけ釣り下ってみましたが‘緩い‘流れからはやはり‘チビアマゴ‘
流芯へ上手く投げ入れても‘チビアマゴ‘
(大きいヤツもきっと居るんだろうけど、‘腕‘が無いので・・・)

早々に切り上げ、堰堤の上流へ
ハルちゃんは上流に向かって右の筋、ワタクシは左の筋を釣り上がることに
a0093677_19502383.jpg

↑ 浅い(水深50cm~80cm)のトロ場
濃い色の少し大きな石の側を通してみると・・・
a0093677_195542.jpg

↑ イワナ25cm (ナイスバディ!)
ルアーはもちろん‘ウイッチ1.4gロイヤルゴールド‘
少し上流に同じ様な石を発見、同パターンで引いてみると
a0093677_19595689.jpg

‘やっぱり‘って感じで2匹目 サイズは20cmほど

が、調子の良かったのもここまで
合流したハルちゃんと2人で釣り上がるも、共にバラシが2,3回だけでノーキャッチ
時間も午後2時を回り、お腹も減ったので移動&昼飯

移動してきたのは‘前川‘
昼飯を済ませ、峠川との分岐から入川
a0093677_20311054.jpg

終点?の小規模堰堤とハルちゃん(初公開です 一応、本人許諾済み)
ハルちゃんがここで24cmの‘お腹プックリ‘イワナをゲット
(撮影しましたが、写りが悪すぎで、今回は掲載無しです スミマセン)
ワタクシは途中で小イワナ1匹(15cm)とチビアマゴ数匹のみ

前から堰堤の先が気になっていたので少し探りを入れてみる事に
小プールが2つ3つ、段々瀬あり、落ち込みあり、チャラ瀬ありのなかなか良い感じの渓相
魚もそこそこ居ましたが、バラシが1回のみでキャッチ出来ず
もしかしたら、早い時間帯なら反応はもう少し良いかも    かな?
(ちなみにC&Rの義務無し区間です)

しばし休憩 時間は午後5時近く
「どうする?」 (ハルちゃん)
「もう少しやりましょう」 (ワタクシ)
と、言う訳で
‘峠川C&R区間‘の上の方へ
「田舎暮らし」のノボリが立ち並ぶ辺りです
a0093677_205940100.jpg

橋の少し下流からスタートしますが・・・
ん~渋い!シブシブです
かなり叩かれているのでしょうか?魚影は時々見えるもののアタックはほとんど無し
橋を抜け、小堰堤&小プールを過ぎた辺りからは少しだけ反応が良くなり
a0093677_2155276.jpg

↑ 18cm未満イワナ
a0093677_217578.jpg

↑ 落ち込みの‘穴‘から24cmイワナ(模様が少し変なヤツでした)
a0093677_2182583.jpg

↑ チャラ瀬から20cmイワナ

「さ~調子が出てきたぞ~」と、2人してどんどん釣り上がると・・・
何故か?先行者が突如出現!

ハルちゃんと顔を見合わせ
「アレレ・・・」


謎の先行者が釣り上がるのを待つのもアホらしいのでここでやめる事に

そんなに数は釣れませんでしたが、新規のポイントを少し開拓出来たので‘良し‘としましょう

まあまあ、楽しめた1日だった様な気がする・・・(何じゃそりゃ)

あっ それから
自分で張った‘フェルト・ソール‘は剥がれませんでした (良かった良かった)
また、しばらくは使えそうです (ん~貧乏人)
でも、暑かった・・・


やっぱり、ゴアテックス・ウェーダー欲しい・・・
蒸れなくて快適なんだろうな~

                                  あ~   欲しい~
by browntrout-a | 2007-07-19 22:24 | 渓流 | Trackback | Comments(2)

自画自賛釣り日記です


by 飛島