<   2007年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

a0093677_19433215.jpg

今日で5月も終わり。
明日からは6月、早いものですね~

と、言うわけで、5月〆の釣行です。
「釣りにでも行こうかな~」と思ったのが10時半過ぎの事。
必然的に‘近場‘しか選択肢はありませんが・・・
大安TLはもう‘水温‘がいっぱいいっぱい?で釣れ無さそうだし、MFP,サンクチュアリは‘料金‘が高い?気がしてとりあえずパス。
残るは‘アーネストクラブ‘か‘美濃フィッシングエリア‘
アーネストクラブは平日一律料金なので昼からの釣行では‘お値打ち感‘がかなりスポイルされてしまいます。それにチョット遠いし・・・

消去法により(仕方なく?)‘美濃フィッシングエリア‘に決定。

11時に出発、美濃ICで高速を降りて長良川沿いを走ります。
美濃橋下では腰まで立ちこんでいる釣り人(たぶんルアーマン)が1名。
サツキマス狙いでしょうか?
(今年は遡上する数が例年に比べ多いらしい)
「サツキマスも一度は挑戦してみたいな~」
と考えながら走っていたら‘アッ‘と言う間に到着、11時45分。
料金2500円を支払い、準備を済ませたらちょうど12時で早速ポンドで釣り開始。

先客はフライマン1名、ルアー少年?1名。
透明度は激高、平谷湖と同レベル。
パターンもたぶん同じで行けると読んで‘バベル‘をいきなり投入。
a0093677_20335368.jpg

一投目から‘フォール‘に食ってきました↑
なかなか‘連続ヒット‘とは行かないまでもバベルやM2を使ってサイトフィッシングでポロポロととりあえずは釣れます。
(フォール、水平引き、ボトムズル引きなど・・・たぶん5匹)
ルアー少年がクランクで何匹かキャッチしているのを見て、‘巻き‘に変更。
レイブ1.5g(エリアブラウン)に一投目から反応があったもののスグに見切られ、ウイッチ1.4gにバトンタッチ。
3バイトの2キャッチとまずまず。(久々に‘巻き‘でゲット~)
その後、チーター(0.9g黒、濃茶)、コンプ(オリーブ)を適当にローテーションして7匹追加。
‘巻き‘ではコンプへの反応が一番良かった気がします。
泳層は水面下~50cmぐらいでしょうか、沈めすぎると全く食ってきませんでした。
a0093677_20501960.jpg

イワナ↑
a0093677_20511421.jpg

ブラウントラウト↑
とりあえず三目達成。
最後はまたバベルのサイトで3匹、‘毛ジグ‘で10匹ほど追加。
(毛ジグ:何のことは無い‘フライ‘です、しかもメルティ・B・エッグ)

ポンドエリアでの釣果(12時~15時 ルアー)
バベル  6匹
M2    2匹
ウイッチ 2匹
チーター 3匹
コンプ   4匹
合計17匹でした。


a0093677_2125965.jpg

たぶんスレきっていて釣れないだろうと思いましたが、ポンドで‘一人ぼっち‘が耐えられなくなり、無謀にもストリームエリアに移動。
(フライマン、ルアー少年共にいつの間にか帰ってしまい、完全貸切。でも寂し過ぎ)
ヒップウェーダーを履いてとりあえず200mほど釣り下ってみました。

‘期待‘に反してスプーン(レイブ:ゴールド1.5g)への反応が良く、完全なキャッチは出来なかったものの、手前まで寄せてきてバラしたのが3匹(いずれも20cmチョイ)もあり‘渓流‘気分を満喫。

結局16時チョイ過ぎにはストリームエリアからも上がり本日終了としました。

アマゴの画像がアップ出来なかったのがちょっぴり残念かな?
by browntrout-a | 2007-05-31 21:27 | 管理釣り場 | Trackback | Comments(0)

琵琶湖今昔物語 ~②~

ホットドッグ売りのオッちゃんの話

国道の路肩で営業している風月堂
土曜日の深夜は
もちろん‘営業中‘
日曜日の朝も
もちろん‘営業中‘
じゃあ金曜の夜は
やっぱり‘営業中‘
金曜と土曜の連荘でも
しっかり‘営業中‘
ならば金曜深夜と日曜深夜
変則で1日飛ばしてみても
ふつうに‘営業中‘

もちろん交代で商売をしている訳も無く
どんな時間帯に立ち寄っても
「いらっしゃい」と小声でつぶやきながら
魚肉ソーセージのフィルムをめくっていたり
キャベツを炒めていたり
パンに切れ目を入れていたり

パッと見 60前後の細身の体躯
食品を扱っている割には
それ程小奇麗な身なりでもなく
かといって貧相な感じでもなく
ひょうひょうと‘ホットドッグ‘を売るオッちゃん

しばらくして気が付きました
金曜日の昼から月曜日の昼まで
風月堂が72時間連続営業している事に

いつしかホットドッグ売りのオッちゃんは
「サイボーグらしい」という話になり

「サイボーグじじい」
と呼ばれるようになりました
by browntrout-a | 2007-05-29 21:48 | 今昔物語 | Trackback | Comments(4)

琵琶湖今昔物語 ~①~

かれこれ10年以上前の
湖北から湖西へ抜ける161号という国道の大きな路側帯で
軽ワンボックスを移動店舗に改造して
年齢・経歴一切不明の怪しいオッちゃんが売る
ホットドッグの話

車の手前数メートルに「風月堂」と書かれた看板
後ろのハッチを跳ね上げ、ドアモールに黄色い暖簾と裸電球
その下にはお手製のカウンターと発砲スチロールの箱が無造作に置かれ
中には缶ジュース、缶コーヒー ‘どれでも100円‘と書かれたダンボール紙
その右奥にはすし屋のネタ入れの様な小さなガラスケースがポツン
ケースの中身はバンズに挟まれる‘具‘たち
 
お品書きは3種 ウインナー ハンバーグ そしてミックス
ちなみに
ウインナーは魚肉ソーセージ1本+炒めキャベツ で350円也
ハンバーグはマルシンバーグ1/8が2枚+炒めキャベツ で350円也
ミックスは魚肉ソーセージ1/2+マルシンバーグ1/8+炒めキャベツ でナゼか400円也

軽ワンボックスの中に‘ガスオーブン‘が備え付けてあり
お客の注文を受けてから
魚肉ソーセージorマルシンバーグor両方を入れ
程なくして
包丁で縦スジを入れられたバンズを入れ
しばらく加熱
時々オーブンのフタを開いては
焼け具合を逐一チェック
でも1度だけ
バンズを入れた後に寝てしまい
お客に起こされる事もありました

そんなこんなで焼きが終わり
薄い油紙にバンズを取り出して
あらかじめ炒めてフライパンごとオーブンに入れられているキャベツを適量
注文の 具 を載せ
最後に少量のカラシケチャップらしきものをブリブリ

パンの表面が少し焦げていて香ばしく
成分不明のカラシケチャップらしきものの甘辛刺激
お気に入りはちょっと贅沢なミックス400円
ジャンクな魚肉ソーセージ&マルシンバーグ

ハイテンションな夜中の2時に
「これ以上うまいホットドッグは無い!」と叫びつつ
口いっぱいに頬張っては
妙なタイミングでカラシがツーン
ちょっぴり涙が出ちゃうのでした
by browntrout-a | 2007-05-28 23:10 | 今昔物語 | Trackback | Comments(2)

ネタがない~


♪ネタがない~
  ネタがない~
   ああ~あ~ ネタがない~
 ネタがない~
  ネタがない~ 
   ああ~あ~ ああ~あ~

      ネタが~ああ~ ああ~ な~あ~い~
                                by ムーディ飛島

と、言うわけで・・・

                    ネタ切れ

‘ネタ‘作りにメバルでも・・・と思って夜中の11時近くからフラフラと出かけました。

が、途中‘横綱ラーメン‘の巨大な黄色い看板を見た途端、無性にラーメンが食べたくなってしまい即入店。

普通の‘並‘ラーメンにネギを多めに入れて「ウマウマ」と・・・・・

お腹が満たされ、しばしマッタリ。

 
「わざわざ‘ネタ‘の為に釣りに行く事もないか~」 と・・・・

レジで会計を済ませ、Uターン。



いい加減‘渓流‘にでも出かけようかと思いつつも

‘管理釣り場‘に馴れてしまったこの体・・・

「釣れなくても・・・」という思いはあるものの

‘踏ん切り‘がナカナカつきません。



ちょくちょくコメントを頂いている‘エギ小僧さん‘のブログを拝見して・・・

B・バスも釣りたくなって来ました。

このまま‘ネタ切れ‘が続くようであれば、琵琶湖今昔物語でも書こうかと


昔話を書いてしまうと‘歳‘がバレちゃうかも?

(エっ!もうバレてる?   まあいいや・・・)
by browntrout-a | 2007-05-27 10:22 | その他~ | Trackback | Comments(4)

ウラ釣行記のウラ

ウラのウラは・・・・オモテか

でも‘オモテ‘とはチョット違う?


釣行した日の平谷湖は透明度が高く、恐らく2m以上の深さまで目視が可能な状態でした。


まずは底まで見える場所でバベルを投げ入れた時の一部始終です。↓

①着水音、若しくは波紋に半径1m以内の魚達が興味を示す。

②その中の何匹かがフォールしていくバベルにかなりの距離まで接近。

③いきなり咥えるヤツもいましたが、大体は着底ギリギリまで観察を続けるものがほとんど。

④着底し、動きが無くなると途端に興味を示さなくなり別々の方向に泳ぎだす。


単なる‘フォール‘では魚は口を使いませんでした。
(バベル=フォールで食う と言うイメージでしたが・・・今回は違っていたようです)

フォール中にしゃくり上げの動きを入れてやると‘あわてんぼう‘な魚があわてて食ってくる事がありましたが、それよりもフォールの縦の動きを上下では無く、横方向に変えてやる方が魚の食いつきが格段によい事が解りました。

    フォール(垂直)の動きをロッドワークで深さを変えずに手前に寄せる

名づけて‘L字釣法‘(Lの縦棒がフォール、下の横棒が水平の寄せ)

横(水平方向)へ動かすと魚が食べやすいのでしょうか・・・・

もしかすると・・・・・

前回のアーネストクラブでの‘聞き合わせ‘も竿先をスーと持ち上げる動きが‘水平寄せ‘になっていたのかもしれません。

バベルで水深のあるエリアを攻める際には L字+L字+L字 で‘階段‘の様に動かしてみたらよい結果が得られるかも・・・

L
  L
   L      ←こんな感じ

ひょっとして ‘バベル‘(縦の釣り)の真髄だったりして・・・(たぶん違うと思う)
                     
by browntrout-a | 2007-05-25 23:33 | 管理釣り場 | Trackback | Comments(2)
久しぶりに平谷湖へ釣行しましたが・・・・

     ‘釣れん‘

60余匹も釣っておいて‘釣れん‘とはナニゴト!と言われそうですが・・・

‘正道‘ 所謂(いわゆる)「巻いて釣る」釣り方では全然釣れませんでした。

正道を貫いてひたすら‘巻き‘で魚を掛けていた方もお見えになりましたが・・・

如何せん‘我慢‘が出来ないワタクシ・・・

ウイッチやらM/トーナメントやらR/スイマーなどなど&カラー色々。

取り敢えずは投げてみましたが、殆どアタリも無く、あってもショートバイト。

2投してアタリがなければ‘ハズレ‘と即断!アタリがあったモノは一応ワンモア・キャストしてみましたが・・・魚が掛かることはありませんでした。

水質が大変よろしい‘平谷湖‘ 透明度も抜群。

魚が‘ゴマン‘と居るのも見えますが・・・横移動?引っ張られてくるスプーンに見向きもしない魚達もハッキリ見えます。

スプーンの種類によっては着水と同時に‘逃げていく‘ヤツもいるほど。


‘ペレット撒き‘の影響でしょうか? 丸くて小さい‘茶色‘のモノには過剰な反応を示す魚達。

       丸・小・茶+‘ペレット的‘な着水

この組み合わせでセコセコと何十匹もの鱒を‘飽きもせず‘掛け続けていました。
(タッピングを3回ほど繰り返せば‘ボイル‘が出来る程です)

「そんな釣り方、何が面白いの?」と言われても仕方ない程のセコさ。

自分でも「何が面白いんだろう?」と疑問に思うほどのセコさ。

 もはや‘ルアーフィッシング‘とは言わないかも?

「じゃあ何?」

「ん~」

「そうだ!(閃き)」




今回の平谷湖釣行は管理釣り場に於ける、魚の「食餌行動と音、動きに対する反応」の



     ルアーによる調査  
                           と言う事にしておいて下さい。(願)
by browntrout-a | 2007-05-23 00:48 | 管理釣り場 | Trackback | Comments(3)
a0093677_21382441.jpg

今シーズン初の‘平谷湖‘釣行です。
今日はハルちゃんともう一人、最近メキメキとフライの腕を上げてきたK5さんも参加。
a0093677_21434158.jpg

午前中、エキスパートポンドでK5さんが釣り上げた60cm程のブラウントラウト↑
K5さんは1日中メルティ・ビーズ・エッグでルースニング(タナは1.3~1.6m)
釣果の方はたぶん3桁は達成していると思われます。(釣り過ぎ・・・とてもじゃないが最後まで数えられません)

ハルちゃんはフローティングラインで‘メルティ・マラブー‘やら上州屋オリジナル100円フライなどを適当に結んで‘引っ張り‘の釣り。
「よーけ」釣ってました。(たぶん1日トータルでは50匹以上?それ以上?)

ワタクシは‘ルアー‘でイロイロとやってみますが・・・・
所謂(いわゆる)‘巻物‘には反応がイマイチ。(スプーン、クランク共に渋い状況)
手っ取り早く‘数‘が釣りたかったので早々と‘バベル‘投入。
午前中は‘フォールで魚の興味を引き付け、サイトしながら小さめのアクションで口を使わせて合わせる‘と言う超セコ技を駆使して20匹ほど。
しかも、普通に投げて‘巻き‘で釣った魚は・・・ゼロ匹!
他のルアーの方たちは釣れていたようですが、なんだか今日は‘巻き‘で釣れる気が全くしませんでした。
a0093677_22111753.jpg

昼飯は平谷湖名物?(名物おばちゃんが作る?)‘カツ丼‘
噂に違わず‘ボリューム満点‘ 美味!

昼からはエキスパートポンドで小一時間ほど‘釣れない‘時間を過ごし、それから第一ポンド?(食堂の階段下すぐの所)の岸際で‘タッピング‘を織り交ぜサイトでセコ釣り、挙句の果てに‘平日特別開放‘している「エサ釣り・エリア」へ・・・・
a0093677_22201912.jpg

a0093677_22204725.jpg

さすが‘エサ釣り・エリア’だけあってルアーにはさほどスレてはいないようです。
バベルをふんわり投げ込んで適当なタイミングで竿をスイ~と煽るだけ。
1キャスト1ヒット状態も何度かあり、午後からはブラウントラウトを中心に約40匹ほど。

1日(7時半~17時)トータルで約60匹釣れましたが、‘巻き‘では結局1本も釣れず・・・・
バベル以外で掛けたのも‘M2のボトムズル引き‘でたぶん2本。(スティックも不発・・・2投しかしてませんが・・)
あれだけ魚が入っているのに・・・・

今日もまた‘バベル‘を6個ロストしました(トホホ・・・)
そのうち4個がサイトフィッシングでの‘アワセ切れ‘
デカイのが‘パクッ‘とやるのを見るとついつい「大アワセ」をしてしまい‘プッツリ‘
後は桟橋下に入り込まれたのが1つとフックを外す際に魚が大暴れしてリリサーにラインが絡まってプッツンしたのが1つ。(プレッソのリリーサーって魚が暴れると糸がらみし易い気がするのですが・・)

バベルの‘茶系色‘に魚達の反応がすこぶる良く、4時過ぎに管理人さんが‘ペレット撒き‘した後はしばらくバコバコでした。

でも1本ぐらいは普通に巻いて釣りたかったな~
by browntrout-a | 2007-05-21 23:18 | 管理釣り場 | Trackback | Comments(4)
a0093677_8115686.jpg

a0093677_8122029.jpg

a0093677_8125423.jpg

前回のアーネストクラブ釣行でロストしたバベルの補充です。
上から TYPEⅡ Color №1、№7、№9  各2個
(釣行記で‘こげ茶‘と呼んでいるのが №9 です)

a0093677_8172069.jpg
 
左から TYPEⅢ Color №10、№12、№14  各1個

a0093677_8192347.jpg

ついでに‘フックキーパー‘ (トラウトワン用)
ロッドのグリップ近くに‘ゴムリング‘で取り付けるタイプのヤツです。

ロッドのフックキーパーって、メーカーによって‘付いてる‘‘付いていない‘に分かれたり、同じメーカーでもブランドによっては付いていたり、いなかったり。

コストの関係?それともデザイン?コンセプト? イロイロ理由は有ると思いますが・・・

個人的には、‘ルアーロッドの場合‘付いていた方が便利に思います。


ところが、‘Fly‘業界では中、上級モデルにはフックキーパーは付けないらしい。
ナゼならフライフィッシングの世の中では

            フックキーパーを使う=初心者

                         と言うのが‘常識・通説‘になっているからです。

つい最近、上の図式が‘常識・通説‘であると知った「ワタクシ」・・・

慌ててフライロッドの‘フックキーパー‘の使用をやめたのは言うまでも有りません(冷汗)

       
by browntrout-a | 2007-05-20 09:03 | My tackle | Trackback | Comments(0)

復活!メバリング

a0093677_2352307.jpg

久しぶりに‘メバリング‘へ行って来ました。

そもそも‘トラウト・ワン‘を購入する「キッカケ」の一つだったメバリング。
‘やわ‘過ぎて魚に走られてしまい、コンクリ護岸に付着した‘貝ガラ‘でラインブレイク連発だったXULに比べて「こらえる」事は出来ましたが・・・・

少しだけ‘硬い‘のが災いして魚に「違和感」が伝わり易いのか、「食い込み」がちょっと悪い気がしました。
魚がルアーを咥えている時間が‘半呼吸‘短い感じで、XULの時のアタリを‘3‘とするとSULの場合は‘2‘もしくは‘2.4‘って感じでしょうか・・・
それでも魚を掛けた後は‘根‘に入られる事も無く、ラインブレイクもとりあえず今日は‘ゼロ‘

一応、目的(掛けた魚の制御)はクリアかな?
まあ、カーディフのXULに比べてって事ですが・・・

    (ますます‘カーディフXUL‘の存在価値が薄まってきました)



本日の釣果
   メバル12cm~18cm 5匹

タックル
   トラウト・ワンSP 6’6”
   ツインパワー1000S
   X-TEX HardCore 2.5ポンド
ルアー
   月下美人3インチ・カーリーテール 白色+流弾丸0.7g
   毛ジグ(白)
   
by browntrout-a | 2007-05-19 00:29 | ソルトウォーター | Trackback | Comments(2)
最近、と言うか今週は何かと忙しく、ブログの更新もサボりぎみ。

‘笑えるネタ‘も落ちてませんし・・・

‘ラーメンネタ‘も無し。

と言うわけで、前回の‘アーネストクラブ‘のウラ釣行記ぐらいしか書く事がありません。


~バベルのロスト7個中5個は根ガカリ~

‘ボトム‘はダメだったと書いておきながら、‘ナゼ‘5個ものバベルを 「根ガカリ」 でロストしたのか?

‘縦の釣り‘をしていながら何故に‘根ガカリ‘?


確かに‘風‘が強く吹いていた為に、ルアーの操作が困難でした。
風向きによっては糸ふけが沢山出る場合もあったのですが、それが‘根ガカリ‘を頻発させた直接の原因ではありません。

実は‘途中‘からある‘動き‘に魚が強い反応を示す事に気づいてから根ガカリが多くなってしまったのでした。

その‘動き‘とは・・・・・聞きアワセ(マジで)

「聞きアワセ」と言う釣り言葉をご存知かと思いますが、船釣り(特にコマセを使う釣り)などで何度もシャクリを入れた後に‘ゆっくりと竿を持ち上げる‘動作を入れて、魚に‘食わせる‘機会を与えると同時に、シャクリ中に拾えなかった‘アタリ‘も取る ってヤツです。


ワタクシの中では

         ‘縦の釣り‘=「しゃくり上げてはフォールで食わせる、アタリを取る」

と言う、イメージで釣っていたのですが、今回‘逆パターン‘を発見?

着水後5カウント→3,4回しゃくってから一旦ボトムに着ける→糸ふけを取りながらゆっくりと竿を持ち上げる(聞きアワセ)→アタリがある

フォールじゃなくて‘リフト‘ しかもゆっくりとした動きの少ない、ボトムからの‘デッド・リフト‘にアタリがある事に‘途中‘で気が付いたのでした。
(このパターンに気づいた時は ‘俺って天才?‘ と思ってましたが・・・・皆さんは既にご存知だったりして・・・・恥)

ボトムで‘チョンチョン‘してもアタリが無い、ボトムからの‘巻き上げ‘にもアタリが無い そんな状況で‘デット・リフト‘にはかなりの反応がありました。

新しい発見(自分の中で、ですが・・・)が嬉しくて、ついつい何度も‘ボトム‘まで落としては‘デッド・リフト‘を繰り返し、確率的?に‘根ガカリ‘を頻発させてしまった訳です。

‘デッド・リフト‘の補足説明をしておきますと・・・

糸ふけを取りながら竿先を水面まで下げてから‘一定の速度‘でリーリングせずに上げれる所まで竿先を上げる

今回のアーネストクラブではボトムから30cm~水面下30cmの範囲でアタリが多かった気がします。

竿を持ち上げる速さは・・・うむむ・・・下から上までで スィ~って感じ かな?(オイッ)
たぶん その日の‘速さ‘があるんじゃないかと思います


      「聞きアワセ」 一度お試しあれ~   


                 でも ‘縦の釣り‘ って言わないかも・・・・
by browntrout-a | 2007-05-16 22:41 | 管理釣り場 | Trackback | Comments(2)

自画自賛釣り日記です


by 飛島
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30