<   2006年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

釣行日 9月28日
渓流シーズンの最後を締め括るべく、友人のはるちゃんを誘い石徹白へ出かけました。
朝6時に待ち合わせていざ出発!途中マクドナルドで朝マックを調達し、名神一宮から東海北陸自動車道を北上です。白鳥ICを下りて めだか釣具店で日釣券1,000円也を購入し、ローソンで昼ご飯を購入プラストイレ休憩。石徹白シャーロットタウンスキー場の駐車場に7時半ごろ到着。ホント便利になりました しかもETC割引で高速代は1,250円!!一昔前なら156号線で深夜~早朝移動でも2時間半でした。(まあ 高速代はかからないけど・・・・・)
さて、駐車場でウェーダーに履き替え まずはキャンプ場下へ移動。橋から川を見ると 上流、下流側ともフライの方がロッドを振ってみえたので さらに下流200mほどへ下り、入渓することにしました。ここからドンドン釣り下って(ちなみにルアータックルなので)小堰堤から150mぐらい下流の淵?プール?(何度も釣行されている方は 多分おわかりかと!  そうそう フライやルアーに見向きもしない大きめ魚が定位しているあの場所ですよ)でしばらく粘るも ギブアップ!友人のはるちゃんと合流するべく引き返しました。途中 小堰堤下流10mぐらいの木組み護岸前で良い型のイワナを掛けるも、手前の落ち込みをかわすのに手間取り 残念ながらナチュラルリリース(そう ここはキャッチ&リリース区間なので) まあバラしたわけですが・・・
キャンプ場の橋の上で合流し、しばらく先行者(フライの方)の釣りを拝見 プールが空いたので釣り開始!・・・・・・魚の姿は見えるものの さすがC&R区間の魚・・・・・・・手ごわい
はるちゃんも 手を変え、品を変え、インジケーターまで持ち出すもフックアップにはいたらず
プールを諦め 先行者のペースに合わせて釣り上がる事にしました。
キャンプ場前の石垣護岸で陰になった落ち込みで ようやくイワナ22cmをゲット!!さらに10mほど釣り上がり、同サイズのイワナを追加できました。けっこう太目(タテとヨコが同比率)なイワナでした。ヒットルアーはレイブ1.5g(管理釣り場用スプーンです)金色 パターンは スプーンを底から気持ち浮かして、リトリーブ 浮き上がりすぎたらフォールの繰り返しでした。
駐車場の橋まで釣り上がったところで昼近くだったので 一旦川からあがり 昼飯&休憩。  午前の部はこれにて終了!
午後は本流の様子を見て周り、よさげなポイントを探すも なんとなくパッとしなかったので 午後2時半ごろ またC&R区間へもどり、朝と同じコースをたどることにしました。
小堰堤のコンクリートブロックとすぐ下の大岩の間から24cmのイワナを午前と同じパターンで
釣り上げ、さらに10mほど下った少し浅めの落ち込みから22cmのイワナを1匹追加しまた。後は 朝にねばっていたプールで カワムツを5匹ほど釣って終了!イブニングはたぶんシブシブだろうと判断して、夕方のETC割引にあわせて午後4時半に峠川を後にしました。

 
タックル:シマノ・カーディフXUL(長いヤツ)
      ツインパワー1000
      フロロ2ポンド
by browntrout-a | 2006-09-30 18:06 | 渓流 | Trackback | Comments(0)

サンクチュアリ釣行記

釣行日 9月27日
仕事帰りに 三重県いなべ市にある サンクチュアリに釣行しました。
現地到着は朝の9時過ぎ 平日にもかかわらず18人ほどの釣り客(けっこう多い?)
桟橋はほぼ一杯(快適に釣りができる限界)、2号池への階段下が空いていたので
そこで釣り始めることに。 水質というか、透明度はかなり良い感じでした。
周りの人たちを観察すると表層~中層っぽかったので お得意というか、最近はどこでも
(渓流でも)使用している ダイワのレイブ1.5グラム ダーク系で表層あたりを適当に
探るが、アタリなし。そこでシマノのカーディフスプーン1.5グラム 薄茶系で様子見。
風が少し強く吹いていたので思った所にキャストが決まらず、もう一度キャストしようと
着水と同時に巻き始めると なんと虹鱒30cmがヒット! もしかして「これがパターン?」
再度、着水と同時にダダ巻きを開始するとまたもや 虹鱒25cmがヒット!ウッシッシ今日は
バク釣!!と思ったのもつかの間・・・・・それっきり。その後は手を変え、品を変え、ルアーを
とっかえひっかえして昼までに合計8匹でした。表層テレテレ引きで高反応(たぶん)
いかんせん風が強く表層キープが難しかった(オイラの腕では)
昼からは フライでサイト&ルースニングでボチボチと釣って、午後3時までで たぶん30匹
ぐらい。フライは特に遠投しなくてもサイトできる範囲に結構魚がいました。(桟橋先端付近)
フライはサイトが楽なライトケイヒル、白系のビーズヘッド・メルティヤーンを使用。
タナはサイトができる水深まで(2m弱)でした。

タックル:シマノ・カーディフXUL(一番長いヤツ)
      ツインパワー1000(ローギヤなほう)
      フロロの2ポンド

      オービス・クラッシックウォーター? 5番9f
      バテンキル・ディスク
      3Mの高級じゃないフローティングWF
by browntrout-a | 2006-09-30 02:39 | 管理釣り場 | Trackback | Comments(0)

自画自賛釣り日記です


by 飛島
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31