カテゴリ:ソルトウォーター( 3 )

復活!メバリング

a0093677_2352307.jpg

久しぶりに‘メバリング‘へ行って来ました。

そもそも‘トラウト・ワン‘を購入する「キッカケ」の一つだったメバリング。
‘やわ‘過ぎて魚に走られてしまい、コンクリ護岸に付着した‘貝ガラ‘でラインブレイク連発だったXULに比べて「こらえる」事は出来ましたが・・・・

少しだけ‘硬い‘のが災いして魚に「違和感」が伝わり易いのか、「食い込み」がちょっと悪い気がしました。
魚がルアーを咥えている時間が‘半呼吸‘短い感じで、XULの時のアタリを‘3‘とするとSULの場合は‘2‘もしくは‘2.4‘って感じでしょうか・・・
それでも魚を掛けた後は‘根‘に入られる事も無く、ラインブレイクもとりあえず今日は‘ゼロ‘

一応、目的(掛けた魚の制御)はクリアかな?
まあ、カーディフのXULに比べてって事ですが・・・

    (ますます‘カーディフXUL‘の存在価値が薄まってきました)



本日の釣果
   メバル12cm~18cm 5匹

タックル
   トラウト・ワンSP 6’6”
   ツインパワー1000S
   X-TEX HardCore 2.5ポンド
ルアー
   月下美人3インチ・カーリーテール 白色+流弾丸0.7g
   毛ジグ(白)
   
by browntrout-a | 2007-05-19 00:29 | ソルトウォーター | Trackback | Comments(2)
ひさびさの‘メバル‘釣行です。
クリスマス間近の割りに気温が高め(冬なんでそれなりに寒いんですが)、風も微風の‘メバリング‘日和。
夜10時少し前に釣り場に到着し、早速タックルの準備。といっても 普段管釣りで使っているXULの竿に1000番のリールですが・・・
カルティバの‘流弾丸‘(ながれだま?)0.7gにロッキースラッグ(6cmだったかな?)のクリヤーパールを付けてみました。
街路灯が照らし出す範囲では時折、「ばちゃ」「ばちゃ」とメバルが表層でなにやら捕食している模様。目を凝らしてみても‘なにやら‘は確認できませんが、多分「小エビ」かも?
遠目に投げ込み表層を「テロテロ」してくると「ククン」とアタリ。ついつい「オリャ」と鬼アワセしてしまい‘びよよ~ん‘とルアーだけが飛んできてしまいました。
毎キャストごとにアタリはあるもののなかなか中々フックアップには至らず、「ムムム」状態。
アタリがあっても‘アワセ‘をあえて入れず、魚の重みが竿に乗るまで待ってからチョイ竿を煽ってリールを巻いてくると↓
a0093677_945517.jpg
12cmの‘ミニメバル‘
こんなに小さくては・・・・・

遠目はどうも‘小型‘が群れているようなので足元のコンクリ護岸へ落とし込み。
ラインスラッグを取っていると「グググ」と竿先が急に絞り込まれました。が、対応が遅れそのまま護岸の割れ目に潜られてしまいラインブレイク。
同じワームをリグって再度落とし込み。今度は注意深くラインの行方に目を凝らし、竿も少しアップライトに構え準備万端。「グググ」と予想内のアタリが有り「シャカシャカシャカ」と一気に巻き上げ、ゲット~!


a0093677_10114057.jpg

でも、サイズは同じ。
このアト2回ほど足元で掛けるも、コンクリ護岸の側面に張り付いた‘貝‘にラインが擦られてプッツリの連発。チョットでも魚が大きいと‘竿‘がベナベナ過ぎて、魚の制御が出来ず良いように走られてしまい、少しでも‘貝‘に触れればプッツリ。普段は‘虹鱒‘相手で大した障害物も無く、ましてや‘ラインが切れる物‘など皆無の状態で釣りをしているので対応が後手後手。
「ヤベッ」と思った時にはもう手遅れ。
やっぱり‘専用ロッド‘が必要なんですかね~



a0093677_10281129.jpg
余りにも‘プッツン‘するんで遠目にキャスト。
表層テロテロ引きで‘3回目‘のアタリでやっとフックアップした15cm。

この後、ミニサイズを2匹釣り上げて少し寒くなってきたんで終了しました。
40分程で5匹でした。
by browntrout-a | 2006-12-24 10:38 | ソルトウォーター | Trackback | Comments(3)

たまにはメバリング

つい先日、仕事帰りに時々‘メバリング‘をやっているポイントを覗いてみました。まだ暗い朝の5時半頃でしたが、街路灯の照らし出す範囲に5cm~10cmのメバルが結構沸いているようです。メバルの群れの下には30cm~40cmのセイゴらしき魚もチラホラ。
早速タックルを準備(と言っても いつもの‘管釣り‘セットですが)して、1.8gジグにメバル用のグラブを付け街路灯の根元付近にキャスト。リフト&フォールを繰り返しながら手前まで巻いてきますが個体があまりにも小さいようでグラブのシッポを‘パクッチョ‘するだけで針掛りしません。
4~5投しても状況が変わらず針掛りしないので‘スライダー‘の‘カーリーテール‘に変更。
すると1投目のフォールでいきなりヒット!15cmのチョット色黒なメバル(ソイかも?詳しくないのでゴメン!)でした。
つづいて垂直護岸ベタにキャストし、底を取ったあとスローにダダ巻きしてみると・・・護岸で影になった部分からなにやらスライダーの後を付いてきます・・・・・
良く見ると40UPのセイゴ!「ヤベッ」と思いスライダーを回収しようと(こんなのが掛かったら取り込みできん!)リールを高速で巻き始めたところ<オリャー>とばかりに‘40UPセイゴ君‘が突撃!!「カプリ」。(ヒョエ~))変なところでセイゴ君<スイッチON>したみたい・・・・(ガクッ)。
フックアップしたところで‘2.5ポンド‘‘XULベナベナ竿‘ではどうしようもなく、勢い良く‘逆回転‘を続けるスプールを手で押さえ、<自爆>を選択。「パチン」という小さな破裂音を残しラインは敢え無く空中を‘ヒラヒラ‘。
再度ジグを結ぶのも面倒だったので撤収することに 釣り時間15分でした。
釣果  黒っぽいメバル(ソイ?) 1匹
by browntrout-a | 2006-11-19 13:04 | ソルトウォーター | Trackback | Comments(2)

自画自賛釣り日記です


by 飛島
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30