カテゴリ:バスフィッシング( 5 )

ハイスコア、その2・・・

「ソリティア 最高得点」で検索したら

標準的なスコアを使用して、Windows ソリティア ゲームでは、最高の可能なスコアは 24113 です。

だそうです

得点の計算方式とか、付加されるボーナスの基準とか書いてありましたが、割愛・・

2万点台に乗せれば自慢してもよさそう・・  無理だと思うけど


にほんブログ村 釣りブログへ

  ↑↓クリックお願いします(ブログランキング参加してます)

a0093677_20145411.gif
by browntrout-a | 2013-04-25 21:51 | バスフィッシング | Trackback | Comments(0)

七色・・・

七色 → 虹 → 虹鱒  ではなく・・・

七色ダム

a0093677_19553437.jpg

七色ダムのバックウォーター付近 ↑

先日(4月10日) K君が岐阜のエスティマさんと出かけたそうで・・

会心?の一撃
a0093677_2001380.jpg

黒鱒 50UP

「やったぜ!」でハイポーズ ↓ K君
a0093677_2011622.jpg

(本人希望で黒目線入れてます)
 

同行の岐阜のエスティマさんはと言うと

  チ~ン

だそうで ( ボ って事ね)

お疲れ様でした


奇しくも、同日

71cm・9kgオーバー(ルアー釣果の重量日本記録)がキャッチされたとか

惜しかったね~

にほんブログ村 釣りブログへ
  ↑↓ クリックお願いします(ブログランキング参加してます)
a0093677_20145411.gif

つーか

マジで‘他人の釣果‘でブログの1コマを埋めてしまいました

まあ、いいか・・・
by browntrout-a | 2010-04-16 21:19 | バスフィッシング | Trackback | Comments(4)
余りにもヒマなので
琵琶湖へ行ってきました
a0093677_1932851.jpg

彦根の水路です
小黒鱒と青鯛狙い
タックルは‘グレート鱒レンジャー‘の赤に、アルテグラ1000
メバル用の2インチストローテールをダウンショットで・・・
ある意味‘究極‘のセコリグ

a0093677_19122556.jpg

本日の最大魚・・・
  
         25cm



今日はここまで!
             さらば!
にほんブログ村 釣りブログへ
釣りブログランキング参加しています
by browntrout-a | 2007-09-09 19:16 | バスフィッシング | Trackback | Comments(0)
仕事が午前中で片付いたので、管釣りでも行こうかと名神一宮ICへ。電光掲示板には<一宮~岐阜羽島 渋滞10km>  <一宮~小牧JC 渋滞10km>が交互に表示されていました・・・「さすが三連休!」。そのままUターンして、近所の川へ行くことにしました。
相変わらず減水していて、水深50cm程です。釣り人はいません。
前回 スニーカーで土手下まで降りたところ<ひっつきむし>と呼んでいる ‘衣服にペタペタひっつく草の種‘ が膝下に大量に<ひっついて>しまい「うげげっ」となって大失敗したので今日はマリンブーツで出撃です。
タックルはXULの管釣り竿にアルテグラ1000、スーパーセコ釣り仕様です。マイクロダウンショットに2インチカーリーテールを付け、セコセコつり始めました。この間に比べて‘見えバス‘‘見えギル‘が少ないようです。それでも5~10cmの青鯛くんが飽きない程度に竿先を‘ボヨンボヨン‘してくれます。ほとんどがテール部分をくわえているだけなので針掛りはしませんが、時々欲張りなヤツが釣れてくれました。
1時間程青鯛くん相手に遊んでいたところ、なにやらつま先が‘ひんやり‘してきたので「オヤッ」と思い足元を見ると・・・水位が20cmほど上がってきています。段々と川の流れも逆流し始め、見る見る水位が上がって「アッ」というまに50cm程度増水です。
初めてこの川を覗き込んで‘バス‘がいるのを発見した時と同じ水位になっています・・・・・そうです この川は干潮の影響で水位が変わっていたのです。←もっと早く気づけよ!
水位が上がるのと同時に なんか‘汚物‘のような物が流れてきてラインやワーム、フックにまとわりついて釣りにならなくなりギブアップ!
結局、青鯛くん10匹、子バス(25cmぐらい)1匹でした。
by browntrout-a | 2006-11-03 18:16 | バスフィッシング | Trackback | Comments(0)
つい最近(先週の土曜日)、自宅近くの川で‘ブラックバス‘が釣れる事を知り、早速行ってきました。
管理釣り場や有名な河川では無いので、場所・川の名称はご勘弁を・・・・まあ、このブログを読んでくれている人数はせいぜい2,3人だと思うので公表したとしても、明日からその川が釣り人で溢れる事も無いと思いますが・・・しか~し!もしかしたら隠れ読者の方が、1万人位いるかもしれないので(←絶対いません!)やっぱり内緒です。
自宅を朝8時50分に出発、9時には現場到着ですが(メッチャ近!)、駐車する場所にアレコレ悩んで10分ぐらいのロスタイム(移動時間と駐車スペース探しの時間が同じ!)。結局、神社うらの野原に車を止めてイソイソとタックルの準備。ロッドを手に持ち、ウエストポーチをぶら下げて川へ降りていくと・・・大・大・大・大減水!先週の土曜日と比べて60cmほど水位が下がっています。水深が深いところで70cmぐらいしかありません!でも「まあ なんとかなるでしょ」と超前向きに考え、橋の下の釣りやすそうなポイントへ入りました。
今回、用意したタックルはバス専用のタックルではなくて、管理釣り場用に初めて買って、最近まったく出番の無いULアクションのロッドと、アルテグラの1000番を使用。勘が鋭い人はもう「!?」とキタと思いますが・・・そうです‘セコ釣り‘なんです~。2インチのグラブなんです~。しかも2インチのグラブをノーシンカーなんです~。ULアクションでもまだ<ちょっとカタイかな~>なんです~。1インチのカーリーテールグラブ(メバリング用)を1/32オンスのショットでダウンショット・リグなんです~。で釣り開始!
さすがにダウンショットリグでは‘青鯛‘さんばかりが釣れてきます。5~15cmの青鯛さんを5匹ほど釣ったところで、本命狙い。といっても本命さんのサイズも10~20cmなんですが・・・
釣り方は‘サイトフィッシング‘と書くと非常に格好がよろしいのですが、(いかんせん相手は‘小バス‘‘チビバス‘様でございまして)ノーシンカーの2インチグラブをできるだけ遠投(サイトできる範囲・距離にして10m程)→しばらくホットケ→本命・青鯛が「ナニナニ」と寄ってくる→竿先をチョチョイ・チョイチョイ・チョチョイのチョイ→一番我慢できない本命or青鯛が「カプリ」→それを見て電撃!じゃなっかた‘巻きアワセ‘(ここは管釣りか?)→ロッドが「プルプル」 で本命が10匹ほど釣れました。1匹だけ30cm、後は20cm以下ばかりでした。
なぜ「電撃」アワセをやらないのか?   そうです「彼等」が飛んできてしまうのです・・・そして「巻きアワセ」   できるだけ‘青鯛‘をフッキングさせないためなのです。
段々と「彼等」もスレてきて反応が無くなって来たので、橋の上流側へ移動。 今度は1/32オンスジグヘッドに2インチパドルテールをセットし、底を少し切るようにやや早巻きでスイミングさせると、15cm程の本命がポツリ・ポツリと釣れてきました。しかし5,6匹釣ったところで「彼等」も学習するようで、しっかりスレしまい無反応状態に突入。すこしポイントを休ませることにし、下流方面の偵察に出かけました。
下流へ向かって、土手の上から川を覗き込みながら移動していると、鯉とは違う ナニやら細長い魚が群れになって泳いでいるのが見えました。最初は「ウグイ?え~?ハス?」と思いましたが、よくよく見ると・・・ナント<ボラ>でした。この川は結構‘魚種‘が豊富で バス・青鯛・鯉・ヘラブナ・マブナ・なまず・ニゴイ・ボラ・ハゼの仲間・なんと‘スッポン‘まで生息しているようです。それに40cmクラスのバスも何匹かいました。(かなりスレていて、ルアーが着水するだけで一目散に逃げていきましたが・・・)
「もう そろそろ いいかな?」とまた、橋の下のポイントへ入りましたが、時間も昼12時ということもあり活性もあがらず、15cm程のバスを2匹釣ったところで撤収としました。

タックル
ロッド:SZM トラウト・スピンUL 6ft
リール:シマノ・アルテグラ1000
ライン:フロロ3ポンド
by browntrout-a | 2006-10-19 16:49 | バスフィッシング | Trackback | Comments(6)

自画自賛釣り日記です


by 飛島
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31