カテゴリ:渓流( 525 )

a0093677_21103446.jpg

長良川 河口から73.2km付近
何の事は無い、月見が原のスグ上流部です
一応、サツキマス狙いですが・・
タックルはいつものトラウト・ワンにツインパ1000S、X-TEX2.5ポンドの‘石徹白仕様‘です
モチロン、‘ウイッチ2.4gロイヤルゴールド‘が結ばれているのは言うまでもありません
真剣にサツキマスを狙っている方からすれば「フザケンナ!サツキを舐めるよ」と言われるのは必至の組み合わせ&ルアーです すみません

で、釣果は・・・・
a0093677_21184168.jpg

ウーさま でも、スッゴク綺麗に撮れてます
さすが、EXILIM ENGINE for mobile (関係ないか?)

a0093677_21232681.jpg

2時間(15時~17時)でウーさま2匹のみ

帰り支度をしているときにエサ師の方に声を掛けられまして、「ウーさまが2匹です」と答えると・・

 「ココじゃ ウグイが良いとこだよ、板取に行った方が釣れるぞ」

板取はどこら辺が良いですかね?

 「温泉の上まで行けば結構釣れるぞ、稚魚放流をしっかりやってるからな」

はあ、温泉ですか・・・

 「谷から魚が出て来とるで、そっちへ行かないかんわ」

ここら辺で、サツキマスは無理ですかね?

 「もっとヨウケ投げないかんわ、それに浅いところにはおらんよ」

はあ、そうですか・・


と、まあこんなやり取りがありまして
そのエサ師さんが言うには
 「遠くから攻めないと魚に気づかれる」
 「深いところに居る」
 「実績のあるところには必ず人が入ってるから、ソコに行け」
だ、そうです

今年は時間が有れば‘サツキマス‘狙いに出かけようと思ってます

でも、タックルは・・・

たぶん 今のまま でしょう

だって、どうせ釣れないもん って言うより


 「全く 釣れる気がしない」


千投一釣とはこの事だわ

にほんブログ村 釣りブログ 淡水ルアーフィッシングへ

a0093677_21425847.gif
ブログランキング参加中 クリックして下さい
by browntrout-a | 2008-05-19 21:48 | 渓流 | Trackback | Comments(6)
excite.ブログの緊急メンテナンス(今回はサーバーの入れ替えだとか・・)が終了し、何とか‘元通り‘になったみたい

今更ですが、5月14日の‘峠川C&R区間‘のウラ
当日の水温、10.5度と書きましたが、じつはコレ 昼過ぎの‘間瀬戸橋‘(たぶん)下の小さいプール脇の水温です 

a0093677_20522765.jpg

↑はスキー場駐車場か少し上がった辺り
朝はまだ少し雨がぱらついていましたが、思ったほど濁りもなく、程ほどの増水で‘いい感じ‘かと思いきや・・

魚は‘沈み‘傾向にあったようで、いつものウイッチ1.4gでは‘魚の居る深さ‘に届いていなかったみたい
それと透明度が低いこともあって、金色ではアピール不足だったかもしれません

途中からは2.4gメインに切り替えて‘底‘で‘スロー‘な釣りでなんとか釣果を伸ばせましたが・・

てっきり‘渓流‘では「ささ濁り」「増水」と言うキーワードは‘爆釣‘へのプロローグかと思ってましたが、そうでもないのですね・・

a0093677_2191686.jpg

↑この角度のイワナって結構‘可愛い‘
a0093677_2111650.jpg

↑ロッジビリジアン近く、落ち込みの白泡の中から出てくれたアマゴ
毎度のことですが・・‘釣り方‘‘攻め方‘がイワナ向きなので、アマゴはほとんど釣れません・・この日も‘この1匹‘のみ

スキー場駐車場~ロッジビリジアン少し上流の区間でイワナ5~6匹とアマゴ1匹かな

小休憩を挟んで、キャンプ場前堰堤下へ移動
雨はほぼ止んでましたが、時折思い出したようにパラパラ・・
堰堤下の払い出しで何匹かイワナをゲット 
雨が降ったらこのポイント、かなりオススメです(過去にも好実績ありです)

キャンプ場前・・不発でした
その原因は・・・

続きを読む(クリックしてください)
by browntrout-a | 2008-05-17 22:24 | 渓流 | Trackback | Comments(4)
a0093677_17443571.jpg

台風崩れの天候の中、峠川へ行って来ました(定点からの画像↑)
昨夜からの降雨の影響で20cm以上の増水、少しだけ濁りも入ってるみたい

今回はPさんとの釣行です
Pさん、渓流(エサ釣り)の経験も長く、鮎釣りも大好きなベテランの方ですが、‘渓流ルアー‘は今回が初挑戦(たぶん)

毎度の事ながらスキー場に車を止め、小雨の降る中サッサと準備を済ませ川へ・・

とりあえず、降りてスグのプール下で大雑把に‘こんな感じ‘と見せながら‘渓流ルアー‘の説明を少し
説明しながらも、ポロッとイワナを1匹・・
ちょっと得意げに
 「まあ、こんなもんです」 なんて言ってみたものの後が続かず

 「いつもはココで3匹は釣れるんですけど・・」 なんて言い訳をしつつ、とりあえずはPさんにも投げてもらいますが、増水と濁りの影響でしょうかパッとしません

プールではチェイスが多数あるもののフッキングには至らず・・
少し釣りあがり、ポイントの説明をしつつ‘いつもなら釣れる‘ポイントにウイッチ1.4gを投げ込んで行きますが・・いつもの様には行きません

 「(ワタクシは)釣れませんけど、こんな感じでやって見てください」

と、今まで自分が3投も4投もしたポイントを譲ります

で、ワタクシは‘渓流ルアー初挑戦(たぶん)‘のPさんをほったらかしで‘いつもの様に‘セコセコとショートキャストでピンポイントの釣りをしていると

 「来た来た 来たよ~」 と、ワタクシを呼ぶ声が・・・

振り返ると、ワタクシが3投も4投もしてアタリすらなく、とっとと見切ったポイントでカーディフの6’6”XULを根元からぶち曲げているPさんの姿が・・

 「コレはもしかしたら大きいのかい?」

と異常に曲がった竿を気にもせず、余裕の質問をするPさん

ワタクシ「えっ その曲がり方は明らかにおかしいでしょ・・」と思わずつぶやいてしまいました

流芯を2つほど難なく越え、上流側の取り込みしやすい流れまで魚を寄せる辺りはさすが、ベテラン

1分少々で緩い流れに引き寄せられてきた魚が‘フワリ‘と水面に・・・

 「デ、デカイ いやマジ デカイよ~」

釣ってる本人よりも興奮してしまう程の‘サイズ‘

ランディングネットを掴み、Pさんの足元まで寄せられた魚をすくおうとしますが・・・

 「デロリ~ン」 「デロリ~ン」 「デロリ~ン」

と、3度も失敗 魚の大きさにビビッてしまい上手く行きません

4度目の正直でネットに収まったのは・・・

続きを読む(クリックしてください)
by browntrout-a | 2008-05-14 18:19 | 渓流 | Trackback | Comments(6)
a0093677_16203222.jpg

今更・・・月見が原
ご存知の通り、すでに営業は終了しております
故に単なる‘長良川中央漁協‘管内の河川

時間は10時半過ぎ・・
朝飯前ならぬ昼飯前にチョコッとだけのつもりで竿を出して見ました
(今年は‘中央‘の年券も買ってます)

美濃地方はかなりの降雨量だったのでしょうか?
プラス50~60cmの増水で、濁りも少し

実は・・昨日の夕方、久しぶりに‘メバル‘を釣りに出掛けたのですが、強風と気まぐれな雨の為にタックルを準備しただけで無念のリタイヤ

で、今日は車にセットしたまま積んであった‘カーディフ+アルテグラ1000+PE‘をそのまま使用・・ルアーだけは‘ウイッチ1.4gロイヤルゴールド‘です

a0093677_1635780.jpg

対岸の‘大岩‘も半沈み状態・・・

護岸側の大岩下流側からスタート
2,3投しては3mづつ釣り下るカタチで適当に探って行きます
10投ほどしたところで・・
 
 「バチャ

川のちょうど中央辺りでハデな‘ライズ‘

 「あれ?今の・・尻尾に黄色い縁取りがあったような・・・」


とりあえず、ライズのあった辺りの上流5mほどにウイッチを投げてみますが・・

特に反応無し

もう一度・・・

着水後、カウント適当、アクションも巻きスピード、何もかも適当にやってると・・

 「ガガガガッ


思わず


 「えっ? ええ~ マジかよ!」


結構な引きです・・

遊びの少ないPEラインだけに手元に伝わる‘硬い‘手ごたえ

釣れるとはハナから思ってないので、リールのドラグ調整はガチガチのまま・・

 「うわ ヤベ~」


魚は相変わらず‘グルングルン‘暴れてますが、竿がベナベナなのが幸いして、ドラグがキツ目にも関わらずやり取りはなんとか・・


半ば強引にハンドルを回し続けていると‘ギラリ‘と結構なサイズの魚体が・・・

 「オイ マジかよ~ ついにやっちゃった?」



最後の抵抗をいなし、上がってきたのは・・・・

続きを読む(←クリックしてちょ)
by browntrout-a | 2008-04-27 17:18 | 渓流 | Trackback | Comments(8)

今更・・・

a0093677_20572135.jpg


白山?なのか
22日の帰り道に撮影


a0093677_2114087.jpg


イトシロは既にクローズでしたが、手前(156号から来ると)のウイングヒルズのゲレンデには‘とりあえず滑れます‘程度の雪がありました
今週末まで営業してるのか?

a0093677_217773.jpg

民宿ウラじゃなくて‘旅館ウラ‘だったみたい ゴメンナサイ
上の画像の右端から10m下流辺り
ちょっとしたタルミや落ち込み、沈み岩の影、そこらじゅうに魚が居ました
‘投げずに‘釣れてしまったのもそこら辺


そうそう、22日朝6時半の水温・・書き忘れてました
今更・・・ですが

 8℃

この時期で 8℃ ってどうなんだろう?
過去のデータを全く持ち合わせていませんので・・なんとも
11時近くになって
 「おっ ライズしてる」って気がつきました
朝のうちから結構虫は飛んでましたが・・・

 「どんな虫?」

って聞かれても・・

トビゲラ?カワゲラ?エサ釣りで言うところの‘キンパク‘が石の上で一生懸命羽化しているのを何匹も見ましたが・・

なんせ、似非フライマンなので・・ 虫の種類・名称なんてとんと判りません

石徹白漁協のHPでも見てちょっと勉強しておきます


にほんブログ村 釣りブログ 淡水ルアーフィッシングへ

a0093677_21233052.gif

ブログランキング参加中です
‘あの携帯はいったいどうなった?‘と気になる人は必ずクリックしてね!
お願いします

<追記>
リニューアルされた「石徹白漁協HP」←クリックするとご覧になれます
by browntrout-a | 2008-04-25 21:28 | 渓流 | Trackback | Comments(2)

ウラ釣行記 2008.4.22

22日の‘峠川‘のウラ・・

当日の‘魚(イワナですが・・)の居場所‘と言うか、‘釣れた‘場所


 「波が立っていないところ」

ええ~ 上手く言い表せませんが・・

 「フラットな流れ」かな?

流れのある中で、波立っていないところ  

で、周りと比較して‘深く‘なっているところ

緩い流れのところ

かな・・


で、で、 その波立っていなくて・比較的深くて・緩い流れのポイントの表面積が1㎡ほども有れば必ず‘イワナ‘が‘何匹か‘入っていました

一所から2匹出るのは当たり前、多い場所では4匹なんて場所も・・

それから・・

アマゴはあまり釣れませんでしたが・・

まあ、9割以上‘イワナ・ポイント‘に投げ込んでましたから‘必然‘なんですけどね

釣れてきたのはやはり‘流れの中‘でした(当たり前?なのか)

ロッジ・ヴィリジアンの辺りで1匹、前川の橋の真下で2匹・・

そうそう、前川の橋の下 たぶんアマゴ群れてます(たぶんですよ多分)
<追記>上前川橋の事です


で、で、で

使っていたルアーですが・・

ダイワ・シルバークリーク‘ウイッチ‘1.4gロイヤルゴールドと

 同 2.4g 同色のみ・・(前川の堰堤下で使っただけ)

ず~~っと ‘1個のウイッチ‘で釣ってました

唯一交換したのは‘フック‘のみ

この日は珍しく‘ロスト‘しませんでしたし・・



ついでに‘釣果‘の本当のところ・・

 30数匹・・携帯で画像(データ)が残っているもののみ

実際、ネットインしたものの‘撮影‘しなかったもの(15cm以下など)5,6匹
(ノーカウント)

撮影の際に、‘シャッターが間に合わず、逃げちゃった‘もの5,6匹(たぶん・・)
(ノーカウント)

投げずに‘釣ったもの3匹

この‘投げずに釣った‘って言うのは・・

ワタクシ トラウト・ワンの6’6”を使っておりますが、まあ竿の長さが2mという事です

で、竿一本分ラインを出して

 「目の前の流れの緩いところへ」

チョイと‘振り込んで‘竿を上に上げただけで‘釣れた‘(釣れたと言うのか?)が2匹

ラインを竿先から‘30cm‘出して

 「目の前の少し深いところに」

竿先を突っ込んでかき回したら‘釣れた‘(釣れたと言うのか?)が1匹

の、計3匹・・(この‘訳ワカンナイ釣り方は‘民宿ウラ‘での出来事です モチロン釣果には入れてません)


民宿ウラ・・スキー場駐車場の橋の下流30m~40mぐらいのところ



‘欲求不満‘だったのでしょうか・・

この日は‘闇雲‘に竿を振り回してしまいました
ちょっと反省・・

やっぱり、朝一の4匹で帰るべきでした



にほんブログ村 釣りブログ 淡水ルアーフィッシングへ

a0093677_2025264.gif

ブログランキング参加中 バナーをクリックして下さると嬉しいです


<追記>
コレだけ沢山の釣果を得られたのはすべて‘峠川‘と言う川のおかげであり、この峠川にC&R区間を設立しようと尽力された方々のおかげであります
ありがとうございました

ルアーのフックはもちろんバーブレス(マンティスフック#8)を使用しておりますが、‘釣られる‘事は魚にとってなんらかのダメージがあるのは間違いの無い事だと思います
沢山の魚を釣る事に没頭してしまい、‘魚の事‘を忘れておりました
すみません
by browntrout-a | 2008-04-23 20:01 | 渓流 | Trackback | Comments(2)
a0093677_1359279.jpg

今シーズン‘初‘渓流釣行は石徹白 峠川C&R区間
やっぱり、‘最初‘が肝心ですからね~
「ボ」だけはカンベンして欲しいので、‘峠川‘に決定
スキー場には6時半少し前に到着、駐車場には先着の方の車が1台
そそくさと準備を済ませましたが、先着の方は見当たらず・・
ワンボックスタイプの車で、2列目3列目にはグルリとカーテンが閉めてあります

 「寝てるのかな?」

とりあえず、竿が出てなかったので‘釣る意思無し‘と判断し、先に川へ入らせて頂きました(デリカの方・・ゴメンナサイ)

で、毎度毎度同じポイントから・・ココ↓
a0093677_14162542.jpg

さすがに‘1投目‘からは釣れませんでしたが・・
2投目↓
a0093677_14174458.jpg

6時37分 プリプリなイワナ

ん~さすが、‘峠川C&R区間‘ 
a0093677_1419963.jpg

↑6時41分 25cmオーバー
a0093677_14195971.jpg

↑6時45分 使用しているルアーはこれまたおなじみ‘ウイッチ1.4g‘
カラーはもちろん‘ロイヤル・ゴールド‘
a0093677_1421343.jpg

6時52分 早くも4匹目・・

すでに‘腹八分目‘・・満足感が漂っております

んな訳で・・
後は超適当に釣り上がり
a0093677_1428484.jpg

7時25分 11匹目↑

a0093677_14292732.jpg

7時59分 14匹目↑

a0093677_1430968.jpg

8時27分 アマゴ1匹目 サイズは15cmぐらい

ロッジ・ヴィリジアンの辺りで一旦、川から上がり 場所移動
前川へ
a0093677_14323576.jpg

ここから4匹

a0093677_14361970.jpg

↑サイズは20cmほど(4匹とも)

a0093677_14455528.jpg

9時に堰堤に到着・・ココからも5匹

a0093677_14465152.jpg

サイズは15cm~22cmぐらいでした

まだまだ続くよ~(クリックしてね)
by browntrout-a | 2008-04-22 15:19 | 渓流 | Trackback | Comments(5)

あえて・・・

a0093677_20434377.jpg

昼飯後・・少し時間があったので‘長良川中央漁協管内‘の片知川へ

 あえて(敢えて?)カワムツ狙いで

出掛けました


板取川との合流点から約200mほど遡ったあたりから入渓



万が一にも‘アマゴ‘が釣れる事は無いのは承知の上です・・


まあ、なんちゅうか

プラクティス? ウォーミングアップ?

って、とこでしょうか


いつものタックルに、いつものウイッチ・ロイヤルG 1.4gを結んで、去年9月末以来の‘流れの中‘へ

最初の2,3投はやはりコントロール、距離感共に3割程度の‘ズレ‘が有りましたが、10投もしないうちにある程度狙ったところに投げ込めるようになりました

で、釣果はと言うと・・・


当初の目的通り・・・


 「カワムツのみ」




まあ、一応‘狙って‘カワムツを釣っているんで・・・


 「カワムツのみ」





いいんだよ 練習なんだから

シーズンはこれからこれから・・・


と、強がってみるものの

2時間弱の釣行でしたが・・



ずーーーーーーっと

 「まぐれで アマゴ来ないかな~」
 「稚魚放流のチビでも・・」
 「逃げ鱒(虹鱒)がポロッと・・」

などなど・・

実は、微かに期待しっぱなし


まあ、兎にも角にも今シーズンの‘渓流釣行‘・・


 「始まり始まり~」


にほんブログ村 釣りブログ 淡水ルアーフィッシングへ

a0093677_2164596.gif

ブログランキング参加中です 上のバナーをクリックして下さい
by browntrout-a | 2008-04-20 21:12 | 渓流 | Trackback | Comments(0)
今日、木曽川水系の支流・西野川で二人の尊い命が失われました

お二人のご冥福をお祈りいたします

一人の方は、救助に向かわれて命を落としたそうです

高校の同級生にも一人、高波にさらわれた人を助けるために海に入り、命を落としたヤツが居ました 卒業して、直ぐの7月の出来事でした・・

葬式の時、棺おけの横に「警視総監賞 人命救助」と言う表彰状があったのを今でもはっきり覚えています

 「警視総監から表彰されても・・」

それがまた、無性に悲しかった 未だに忘れられません

高校時代の‘親友‘でした・・


渓流での釣りをハルちゃんから教えてもらいましたが、最初に教えられたのは‘釣りのテクニック‘でも、‘ポイントの見方‘でも無く、「川の怖さ」でした

 「ウェーダーを履いたままで、転んだらどうなるか・・」
 「滑り止めの無い靴底で川に入ったらどうなるか・・」

自身、初めて川に立った時・・

身に着けていたのは「フローティングベスト

救命胴衣・ライフジャケットの‘地味‘なヤツで、フィッシングベストを兼ねたモノでした


最近、めっきり着用しなくなりましたが・・

今年は1度は袖を通して、‘初心‘を忘れない様にしようと思ってます

自分自身の気を引き締めるために・・


 「川は怖いよ・・」


にほんブログ村 釣りブログへ

a0093677_21325586.gif

釣りブログランキング参加中です バナーをクリックして下さい
by browntrout-a | 2008-04-12 21:31 | 渓流 | Trackback | Comments(5)

祝!2008年渓流解禁

いよいよ
 
 「2008年 渓流解禁」

でも、寒いから当分は‘出撃‘は無しよ


取り敢えずは‘年券‘の為の顔写真でも用意すっかな

長良川中央漁協と石徹白漁協は年券を買うつもりです

後は庄川・・・ 微妙


早く暖かくなんないかな~


では

にほんブログ村 釣りブログへ
↑↓クリックお願いします
a0093677_7203640.gif
釣りブログランキング参加しています

<追記>
この時期もうひとつの楽しみは‘アメリカンフットボール‘
スーパーボウルがもう直ぐです
今年はトム・ブレイディ(NEペイトリオッツ)対イーライ・マニング(NYジャイアンツ)ですが・・・
ワタクシとしては「全勝・完全制覇」をぜひ成し遂げていただきたいので
‘ブレイディ‘を応援しております
by browntrout-a | 2008-02-01 07:25 | 渓流 | Trackback | Comments(3)

自画自賛釣り日記です


by 飛島
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30