カテゴリ:渓流( 518 )

あえて・・・

a0093677_20434377.jpg

昼飯後・・少し時間があったので‘長良川中央漁協管内‘の片知川へ

 あえて(敢えて?)カワムツ狙いで

出掛けました


板取川との合流点から約200mほど遡ったあたりから入渓



万が一にも‘アマゴ‘が釣れる事は無いのは承知の上です・・


まあ、なんちゅうか

プラクティス? ウォーミングアップ?

って、とこでしょうか


いつものタックルに、いつものウイッチ・ロイヤルG 1.4gを結んで、去年9月末以来の‘流れの中‘へ

最初の2,3投はやはりコントロール、距離感共に3割程度の‘ズレ‘が有りましたが、10投もしないうちにある程度狙ったところに投げ込めるようになりました

で、釣果はと言うと・・・


当初の目的通り・・・


 「カワムツのみ」




まあ、一応‘狙って‘カワムツを釣っているんで・・・


 「カワムツのみ」





いいんだよ 練習なんだから

シーズンはこれからこれから・・・


と、強がってみるものの

2時間弱の釣行でしたが・・



ずーーーーーーっと

 「まぐれで アマゴ来ないかな~」
 「稚魚放流のチビでも・・」
 「逃げ鱒(虹鱒)がポロッと・・」

などなど・・

実は、微かに期待しっぱなし


まあ、兎にも角にも今シーズンの‘渓流釣行‘・・


 「始まり始まり~」


にほんブログ村 釣りブログ 淡水ルアーフィッシングへ

a0093677_2164596.gif

ブログランキング参加中です 上のバナーをクリックして下さい
by browntrout-a | 2008-04-20 21:12 | 渓流 | Trackback | Comments(0)
今日、木曽川水系の支流・西野川で二人の尊い命が失われました

お二人のご冥福をお祈りいたします

一人の方は、救助に向かわれて命を落としたそうです

高校の同級生にも一人、高波にさらわれた人を助けるために海に入り、命を落としたヤツが居ました 卒業して、直ぐの7月の出来事でした・・

葬式の時、棺おけの横に「警視総監賞 人命救助」と言う表彰状があったのを今でもはっきり覚えています

 「警視総監から表彰されても・・」

それがまた、無性に悲しかった 未だに忘れられません

高校時代の‘親友‘でした・・


渓流での釣りをハルちゃんから教えてもらいましたが、最初に教えられたのは‘釣りのテクニック‘でも、‘ポイントの見方‘でも無く、「川の怖さ」でした

 「ウェーダーを履いたままで、転んだらどうなるか・・」
 「滑り止めの無い靴底で川に入ったらどうなるか・・」

自身、初めて川に立った時・・

身に着けていたのは「フローティングベスト

救命胴衣・ライフジャケットの‘地味‘なヤツで、フィッシングベストを兼ねたモノでした


最近、めっきり着用しなくなりましたが・・

今年は1度は袖を通して、‘初心‘を忘れない様にしようと思ってます

自分自身の気を引き締めるために・・


 「川は怖いよ・・」


にほんブログ村 釣りブログへ

a0093677_21325586.gif

釣りブログランキング参加中です バナーをクリックして下さい
by browntrout-a | 2008-04-12 21:31 | 渓流 | Trackback | Comments(5)

祝!2008年渓流解禁

いよいよ
 
 「2008年 渓流解禁」

でも、寒いから当分は‘出撃‘は無しよ


取り敢えずは‘年券‘の為の顔写真でも用意すっかな

長良川中央漁協と石徹白漁協は年券を買うつもりです

後は庄川・・・ 微妙


早く暖かくなんないかな~


では

にほんブログ村 釣りブログへ
↑↓クリックお願いします
a0093677_7203640.gif
釣りブログランキング参加しています

<追記>
この時期もうひとつの楽しみは‘アメリカンフットボール‘
スーパーボウルがもう直ぐです
今年はトム・ブレイディ(NEペイトリオッツ)対イーライ・マニング(NYジャイアンツ)ですが・・・
ワタクシとしては「全勝・完全制覇」をぜひ成し遂げていただきたいので
‘ブレイディ‘を応援しております
by browntrout-a | 2008-02-01 07:25 | 渓流 | Trackback | Comments(3)
最近、歳を取ったせいか‘食味‘(しょくみ)って言うんでしょうか?
食べ物の嗜好が変わってきました
先日の‘峠川C&R区間‘釣行の際に、昼食として選んだのは「助六寿司」
若い頃(いつの事だ?)には絶対 選ぶ事はありませんでした

なぜ?

例の巻き寿司じゃない方・・・あげ寿司?稲荷寿司?
油揚げを甘辛く煮たものに酢飯を詰め込んだヤツのことです

ワタクシは ‘お稲荷さん‘ と呼んでますが・・・


それが、なんとなく



  ‘キン○マ‘ (男子の大切な玉) に見えたから・・・



      ちなみに キン○マ の事も ‘お稲荷さん‘ って呼んでます・・・


あっ、すみませんね下ネタで

当ブログを読みながら、「助六寿司」をこれから食べようとしていた方 ゴメンね
(そんな人は居ないと思いますが、念の為)


で、後編です  (オイ!)

今期‘最終‘釣行にて今期‘初‘の尺モノをゲットしましたが・・・
‘虹鱒さん‘でした
しかも、ヒレの回復具合から想像するに ‘最近逃げてきた個体‘で有るのは明らか
心境としては 「嬉しいんだけど、ちょっと寂しい」 かな?
でもまあ、‘大物だ~!‘と言う事で、素直に喜んでおきます

旅館のウラからそのまま普通に釣り上がり、スキー場駐車場へ渡る橋の手前でアマゴ追加
a0093677_21591246.jpg

15cmぐらいですが、体色は秋を少し感じさせるものでした

ハルちゃんは既に‘満足モード‘らしく、適当に投げ、適当に釣り上がってました
27cmのイワナを今年の渓流シーズンの 「上がり鱒」 に決めたのでしょう

ワタクシは‘これだ‘と言う魚をまだ手にしてませんので、駐車場から‘前川‘へ移動

先行の方の姿が有りませんでしたので、橋の少し下流から川へ入りましたが・・・
小さな川だけに先行者の姿が無くなってから僅か数十分のインターバルではやはり厳しい

アトわずかで、‘堰堤‘と言う処まで来て漸く
a0093677_22122210.jpg

24cm イワナ  ‘上がり鱒‘に決定!
既に川から上がり、土手の上から‘見物‘を決め込んでいた ハルちゃん↓の見守る中
a0093677_2228138.jpg

今シーズンの渓流釣行を締めくくる‘鱒‘を手中に収める事が出来ました


追記
あの虹鱒さんは何処から来たんだろう?
まさか・・・

    旅館の台所? 三枚に下ろされる直前に逃げ出した?

            排水口→峠川?

                    んな 訳無いよね


ご存知の方は↓クリックしてね
  にほんブログ村 釣りブログへ
釣りブログランキング参加しています
by browntrout-a | 2007-09-28 22:43 | 渓流 | Trackback | Comments(2)
a0093677_2295829.jpg

2007年渓流シーズンを締めくくるべく 石徹白 峠川C&R区間に行ってきました
‘今シーズン 最終釣行‘なんで、気合を入れて早朝出発かと思いきや・・・
ハルちゃんとの待ち合わせは午前8時45分
さっさと道具を積み込み、通勤割引が適用される9時ギリギリにETCゲートを通過
一路、白鳥ICへ

白鳥町内のローソンで朝食&昼食を購入
そのままお店のベンチにてのんびり朝ごはん

で、峠川C&R区間ですが・・・
禁漁間近と言う事で、平日にも拘わらず要所要所には必ず人が入ってました
何処から入っても‘頭ハネ‘してしまいそうなので とりあえず、‘田舎暮らし‘のノボリが立ち並ぶ辺りから川へ入ることに
橋の側にはランクルが止めてありましたので、先行者は覚悟の上です
先行者が何処をどう歩いたかが判るほど、濡れた足跡が続く中を釣り上がりますが・・・
やっぱりシブシブ
それでも何とか小堰堤から22cmのイワナ↓
a0093677_2244459.jpg

その後はチビイワナのチェイスが有るだけでした
川が二股に分かれてスグの堰堤で川から上がり、車へ 次はスキー場へ移動

スキー場駐車場前のプールで‘見え鱒‘狙い
もちろん、不発です

さらに移動 キャンプ場へ
ついでに昼ごはん

小休止後、橋から下を覗くと やっぱり‘先行者‘あり
橋を渡ってとりあえず下流に入りました
魚道横でハルちゃんが‘ヒレピン‘イワナをゲット サイズもまあまあ
でも画像なし・・・ランディングネットに絡んだウイッチを外していたら‘お魚さん‘も一緒に
  「ポロッ」   さいなら~

先行の方と少し距離を取りながらキャンプ場前へ
a0093677_2331337.jpg

正面のコンクリで囲まれた四角い‘穴‘狙い
a0093677_2342445.jpg

してやったり! イワナ23cmゲット~

先行していたフライの方が意外にも‘前川‘の方へ
(予定では先行の方が本筋、我々が前川でしたが・・・)
しかし、これが‘吉‘と出て
ハルちゃん アマゴ、イワナ連続でゲット↓
a0093677_23152363.jpg

a0093677_23161264.jpg

イワナは27cm お腹デップリ
場所はちょうど旅館の真下

「グハッ」やられた!と思い、ワタクシも負けじと川の真ん中まで立ちこみ5mほど先のポイントへ‘ウイッチ‘を投げ込むと・・・

   「ギラリ」

条件反射で竿を煽ると、30cmを遥かに超える魚体が「グワングワン」と水中でのた打ち回ってます

「これはデカイ!」

ハンドルを素早く巻き、背中からランディングネットを‘サッ‘と取りながら2歩ほど魚の方へ駆けより

  「ウォリャ~」 とすくってみたらば・・・

a0093677_23304153.jpg

虹鱒・・・(泣)
a0093677_23311629.jpg

何処からどう見ても、虹鱒・・・(再泣)
大きさだけは余裕の尺越え  40cm弱・・・(再々泣)


後編へ続く・・・    たぶん

にほんブログ村 釣りブログへ
釣りブログランキング参加しています
by browntrout-a | 2007-09-27 23:41 | 渓流 | Trackback | Comments(4)
え~ 後編 始まり始まり~ 

9月20日 二日目です
朝は5時20分起床 そして、お決まりの朝風呂
かな~り熱めの展望露天風呂へ浸かり、すっきり・さっぱり
a0093677_14424794.jpg

早朝の下呂↑
温泉街の早い朝って嫌いじゃないです

6時にはフロントで精算を済ませ、出発
本日の目的地は‘西野川‘木曽川水系(木曽川漁協管内)です
41号を再び小坂町へ
濁河峠を経由して御岳の‘長野県側‘を目指します
a0093677_1458842.jpg

チャオ御岳スキー場から見える御嶽山?(たぶん)
ここらが行程のおよそ半分ぐらい
日和田高原、そして開田高原を通り抜けいよいよ‘西野川‘
C&R区間を覗いてみると、やはり何人かのフライマン
公園の駐車場にも準備中の釣り人の姿が見られます
さすが‘有名河川の有名ポイント‘

ハルちゃんと相談し、C&R区間の終わる‘荻の島集落‘から上をやりましょうと言う事で
‘萩の島集落‘辺り↓
a0093677_15163256.jpg

川沿いの畦道を適当に歩き、適当に入渓
早速、アマゴらしき魚影がウイッチの後を‘ユラユラ‘とついて来ます
暫くそのポイントで粘ってみますが、やはり2度目は無いようで‘それっきり‘でした
a0093677_15344926.jpg

どんどんと釣り上がり、落ち込みが連続する辺りで待望の1匹
イワナ 15cmほど(シャッターが間に合わず、逃亡~)
ハルちゃんもちょっぴり鼻曲がりの♂アマゴ(23cmほど)をゲット

ワタクシもすかさず多分♀アマゴ↓これも22,3cmでした
a0093677_1541356.jpg

a0093677_15415264.jpg

おそらくこれが最後の1尾であろう予感がしたので2回シャッターを押しておきました

さらに釣り上がり、西野川と白川との分岐に到着しましたが・・・
思ったとおり、ショートバイトすら無し、チェイスが4,5回有っただけ
渓相が良さげな‘白川‘の方を選択

でも、な~んも釣れません
魚はチョコチョコ居ましたが・・・

下調べもせず川に入っているんで、何処で川から上がれるか判りません  (汗)
仕方なく遡行を続けていると
‘ドドドド・・・‘と大型バイクの排気音らしきものが・・・

  道が近い?

a0093677_15531653.jpg

画像右中段辺りに見える‘白い橋‘を発見!時間はちょうど12時
「あそこで上がりましょう」とハルちゃんに声を掛け、残り200mほどをフラフラになりながら釣り上がりました
案の定、橋の根元に道があり、なんとか川から上がる事に成功

でも

入渓した‘荻の島集落‘まではかなりの距離と登り坂が待ってます
(朝に通ってきた道だったので、おおよその距離と道のりは想像可)
とは言っても、‘歩く‘しか方法はありません
テクテク ハルちゃんと並んで歩いていると、土地柄か‘軽トラック‘が結構通ります

「乗っけてもらおっか?」 (ワタクシ)
「えっ マジで?」 (ハルちゃん)
「じゃあさぁ 最初にお願いして失敗したら 諦めて歩きましょう」 (ワタクシ)

そう決めてから、1分も経たないうちに‘軽トラック‘登場!
「スイマセ~ン」 と、手を振りながら声を掛けると・・・

キキーッとおばちゃんが運転する軽トラが止まってくれました
「すみませんが、荻の島地区まで乗せてもらえますか?」と尋ねると
「いいよ~」と、快く承諾して頂けました

「ありがとうございます」×2 
ウェイダー姿なので、‘荷台‘に乗車し、「おねがいしま~す」×2

ちゃらちゃら~と快調に飛ばし、‘あっ‘と言う間に到着~
丁寧にお礼をして下車
自分の車まで残り50mの所まで乗せて頂きました

久々に‘ヒッチハイク‘しました
(ちなみに人生3回目です)

車に戻り、ウェイダーを脱ぎ、道具を片付け
‘渓流釣行ラストスパート 第一弾‘これにて終了

釣果は大したものではありませんでしたが、二人して‘納得‘の出来る魚を手にしたので良しとしましょう
のんびり出来たし
山も見たし


帰りに‘南木曽温泉‘へ立ち寄り、風呂と蕎麦を頂きました↓
a0093677_16321859.jpg

ザル蕎麦食べ放題+入浴券で、な・なんと 1,500円
蕎麦もまあまあ美味いし、お湯はつるつる・すべすべ系だし かなりお得!


やっぱり

‘温泉探訪‘と‘おいしい蕎麦を求めて‘おまけで‘釣りを少々‘になりましたが・・・

釣果に関しては

    ‘実力通り‘ですわ

奇跡はなかなか訪れません
今期、沢山釣れたのはやっぱり‘マグレ‘だったんでしょう


            さて、‘第二弾‘は何処へ行こうかな?




最後まで読んで頂き ありがとうございます

ついでと言ってはなんですが・・・
クリック↓しておいて下さい
にほんブログ村 釣りブログへ
釣りブログランキング参加しています
by browntrout-a | 2007-09-22 17:03 | 渓流 | Trackback | Comments(2)
渓流釣行ラストスパート 第一弾 前編です
(「第二弾」が有るかどうかは判りませんが・・・)

初日 9月19日
10時にハルちゃんと待ち合わせ、とりあえず朝マック
事前の打ち合わせ通り、岐阜県の小坂町を流れる大洞川(飛騨川水系:益田川漁協管内)へ向けて出発
名神一宮ICから東海北陸自動車道を経て東海環状の関・富加ICで高速を降り、後は関・金山線で41号へ、下呂市内を抜け、そして萩原を通過し、小坂到着が昼チョイ過ぎ

先ずは‘今晩の宿‘を確保するべく直ぐ上流部にある「湯屋温泉郷」へ
‘飛び込み‘で泊めてもらえるか聞いてまわりますが・・・
「今日は満室です」
「廃業しました」
「私(店主)が用事で出掛けます」
「葬式が・・・」

「はっ? えっ? あ~???」
マジで答えているのか判りませんが、要は「泊めてあげない」って事ですね

「1泊2食で1.5万円からです」
「1泊2食で9600円からです」
この2軒は‘予算‘と折り合わず、却下です
ちょっと考えが甘かった
「7000円ぐらいで何とかなるかな?」なんて、思ってました 
仕方なく、下呂温泉観光協会で格安なお宿を紹介して頂く羽目に・・・

で、肝心の釣りですが・・・
三連休の初日(15日)に釣り大会が開かれた‘湯屋小学校前‘には釣り人が数人、2,30m間隔で入ってます
まあ、想像の範疇と言うか、予想通りだったので、上流部へ向かいました
適当に川を見て、入渓しやすそうな処から川へ
a0093677_2325827.jpg

中重口地区です
a0093677_2344337.jpg

入って直ぐの‘トロ場‘でチビアマゴ 10cm
300mほど釣り上がりましたが、同サイズがポロポロ釣れるだけ
そのまま川の中を戻り、入った場所から100mほど下って見ましたが結果は同じ
チビちゃんが遊んでくれるだけでした

3時半過ぎに再び、‘小学校前‘へ
a0093677_2313244.jpg

地元の少年が2人、釣りをしているだけでしたので少し竿を出してみましたが・・・

   ‘反応なし‘

‘場所‘は間違えていませんが、やはり4日も経ってしまうとダメみたい
釣果はやっぱり
  ‘予想通り‘ の貧果でした・・・

少し時間が有ったので1kmほど上流へ移動
  堰堤+大淵のポイント

a0093677_23222045.jpg

ハルちゃんが淵上でゲットしたアマゴ 18cmぐらい

午後5時半 初日の釣りはここまで
ロッド、ウェイダー、ベストを適当に積み込み、下呂まで一旦 退却

a0093677_23284120.jpg

部屋の窓からのショット↑
大浴場と言う割には‘10人は無理無理‘程度の広さ
展望露天風呂は‘2人がせいぜい、3人はちょっと勘弁して‘でしたが、晩飯は美味しかった
部屋も小綺麗(狭いけど)、だったし 
本来は1泊2食で入湯税込み8,130円でしたが、無理を言って‘朝飯無し‘7,630円にしてもらいました

後編へつづく・・・      (たぶん)

たまには↓ポチッとしてやって下さい
にほんブログ村 釣りブログへ
釣りブログランキング参加しています
by browntrout-a | 2007-09-21 23:53 | 渓流 | Trackback | Comments(2)
昨日の続きです

蕎麦屋さんで少し休憩、ついでに午後の部の作戦会議
ハルちゃんの師匠にアドバイスを頂き、本流の‘薮原‘へ向かう事に決定しました
a0093677_19341813.jpg

木祖村役場の辺りから川へ

ダラダラとした流れの中の沈み石が作る‘ヨレ‘が主なポイント(魚のつき場)なんですが・・・

流れが強いのでウイッチ2.4gを使っていても、うまくコントロールしないとスグに浮き上がってしまいますし、それプラス 流れを読んでキャストし、巻きを調整して‘ポイント‘でターンが掛かるようにするのはなかなか難しい
しかし、‘釣れればデカイ!‘と言う処なのでやる気だけは満々

でも・・・
ワタクシ、普段ピンポイントの‘穴釣り‘しかしておりません
‘チョイ‘と投げて1mも巻かない内にお魚を掛けるのが大得意
ですから、ある程度の距離(15mぐらい)を投げて、魚が居るであろうポイントを上手く通す事など出来るわけも無く アタリなんぞこれっぽっちも無し
ハルちゃんはショートバイトと良い型のチェイスが少々あったみたい

かなり釣り上がり、あと少しで堰堤という所まで来てようやく↓
a0093677_2011234.jpg

成魚放流の居残り?アマゴ 20cm
完全な‘マグレ‘です
正直申しますと・・・

   お腹にプッスリ  スレです  (トホホ)

昼過ぎからポツポツ降り出した雨が‘本降り‘になったのを機に撤収

ん~やっぱり‘本流‘ワタクシには難しい
‘ヘタ‘とも言いますが・・・

          やっぱり‘穴‘が好き! 

穴好きの方↓クリックしてね~
  にほんブログ村 釣りブログへ
釣りブログランキング参加しています
by browntrout-a | 2007-09-12 20:10 | 渓流 | Trackback | Comments(2)
禁漁カウントダウンイベント 第一弾 (ウソです そんなイベントやってません)

ハルちゃんを誘って、今日は木曽川へ
a0093677_2127421.jpg

長野県木曽郡木曽町福島(JRきそふくしま駅近く)
日曜日に釣り大会が開かれたので、その‘残り鱒‘をさらいに出掛けましたが・・・

  「鱒さん 何処ですか?」

釣り切られたのか? ガンガン下ってしまったのか? バンバン上ってしまったのか?
ん~目論見が外れました

川幅が広く、水量も多かったので
今日はウイッチ2.4gを多様(もちろんカラーはロイヤルゴールド)
とりあえず橋の下流で1匹
a0093677_21385180.jpg

稚魚放流から育ったと思われるアマゴ 15cm
ハルちゃんも近くで同型をキャッチ

ウイッチ2.4gを向こう岸までブン投げて広~い範囲を探って行きます
チェイスは多数有るものの、喰わせきれず
5回ほど着水後スグにバイトが有りましたが

   長距離+水流+ベナベナ竿 の為

フッキングの力が伝わらず、全部半ノリか、1m程引き寄せただけでバラシ
現行のタックルでは‘本流‘はチトきついようです

んな訳で 支流の黒川へ移動
a0093677_2149418.jpg

上流は水が少なかったので、かなり下の方へ入りました

魚は以外にも沢山居ましたが・・・

キャッチする技術が伴わず、ネットイン直前で1匹バラシ
他にも3匹ほど掛けましたが、‘あっ‘と言う間に さようなら~

12時のサイレンを聞き、午前の部終了です

お昼には‘辛味大根おろし蕎麦‘(ザル2枚)
大変おいしゅうございました

やっぱり‘ザル蕎麦‘には大根おろしが良く似合う
しかも、辛味が強い「青首」のところが良いよね


午後の部へ続く・・・       たぶん

にほんブログ村 釣りブログへ
釣りブログランキング参加しています
by browntrout-a | 2007-09-11 22:02 | 渓流 | Trackback | Comments(0)

昨日の・・・

昨日の続きの様なモノです

昨日は日付が変わらない内に投稿しようと思ったので、書き切れなかった事や、アップ出来なかった画像がチラホラ
メタボなイワナ(25cmのヤツです)
a0093677_10114851.jpg

お腹にはナニが詰まっているのか知りませんが・・・腹ボテ(卵)?
結構な重量感でした

ロッジ‘ビリジアン‘の辺り↓
a0093677_9212770.jpg


バックには白山連峰?

魚の居場所のことを少し
簡単に言うと 
 バックスペースの兼ね合いでフライが投げ込めないポイント
 ルアーを流す(巻く)距離が短い 
 フライが上手く流せない
 枝、草のオーバーハングがキツイくてルアー・フライが投げ込めない

所謂(いわゆる)、竿抜けポイントってヤツです

ダウンストリームで釣ってましたが・・・
単純に「投げて 巻く」だけではダメ
竿の長さを生かしてトレースするコースを障害物よりに変えたり、オーバーハングの下を通過するように操作して釣ってました

‘川‘なんで 当然‘流れ‘が有り、その流れも二スジあるいは三スジ有ったり
落ち込みが有ったり、岩が沈んでたり、木が倒れてたり、
魚はその中の‘難しい‘場所に退避してました

簡単に届く範囲には居ませんでした
(プレッシャーが高いんでしょうね)

かなり難しい釣りを強いられた訳ですが
そんな状況を克服して(チョット大げさ?)魚を掛けた時の‘喜び‘はひとしお!
そして、流れ+魚の抵抗をいなし、ネットインさせた時の達成感!
思わず
「ヤッター」と口からこぼれます

逆に、掛けたもののバラシた時は、普段の何倍もの悔しさがこみ上げて来ましたが・・・



朝の5時20分から昼過ぎ14時45分まで
少しの移動と昼飯、トイレを除いて約9時間
川の中に立ち、たった一人で黙々と釣りをしました

「やっぱりここに居たか!」
「チクショウ~」
「ヤッター」

たぶん言葉を発したのはこの3種類だけ

自然と向き合い
魚と向き合い
そして 自分と向き合った

そんな1日でした


お約束の画像?峠川を訪れた時に撮る‘定点画像‘です
a0093677_10202349.jpg

季節や川の変化が判るかな?なんて思って撮ってます



渓に行きたくなった方↓クリックしてね!
        にほんブログ村 釣りブログへ
釣りブログランキング参加しています
by browntrout-a | 2007-09-05 10:17 | 渓流 | Trackback | Comments(4)

自画自賛釣り日記です


by 飛島
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30