カテゴリ:渓流( 533 )

峠川釣行記part3 2008.6.6

峠川釣行記part3です

なんたって‘8時間半‘も川に浸かっていたんだから

 ‘ネタ‘はまだありまっせ~

1回の釣行で1週間持たせるつもり・・(引っ張り過ぎ?)

朝ご飯を食べ、合羽を着込んで下流へ↓
a0093677_9414133.jpg

キャンプ場から400m?ほど下流の古い小堰堤&魚道から第二部スタート

小堰堤は不発でした・・

次、段々畑状の魚道の中(幅30cm、長さ1m~2m程度)を1本1本超ショート&ピンスポットキャスト

フライの方は投げ込んでるかも知れませんが、たぶんルアーは投げ込まない 傍から見たら

 「えっ ココに投げるの?」

と言うポイント

‘引く‘事が出来るのは僅か50cmほど 幅は広くて30cm(狭いところは10cmほど)なので勝負は‘着水‘した瞬間~沈む間の僅かな時間だけ

体を屈め、アンダーハンドで3m先のピンスポットにきっちり入れると・・

 ‘着水‘と同時に ドンッ!

一気に竿先が引き込まれ↓速攻でハンドルグリグリ&ブッコ抜き
a0093677_9574284.jpg

26cmほどのイワナ

魚道は5列ほどの段々畑状になってまして、1列に1匹は必ず魚が居ましたが、釣り上げることに成功したのはこの1匹だけ(3本掛けて取り込み1本)
結構、デカイヤツも居ましたが、ルアーに興味を示しただけでUターンでした

で、ココからが実は‘肝心‘なところ

堰堤上からはかなり開けた渓相になってまして、落ち込みや、大岩、段差、落差などが殆ど無い比較的フラットなポイントが続きます
こんな感じ↓
a0093677_10215215.jpg


ポイントが絞り込み辛いって事で、‘手当たり次第‘にウイッチをボンボン投げ込んでは、適当にハンドルを回していると・・・

 ‘ガッ‘ と手応えがあり、 巻き巻き~で、キャッチ↓
a0093677_10111998.jpg


 「ん?」

少し釣りあがり、同じ様なポイントへ・・・

 ‘ガッ‘ と手応えがあり、 巻き巻き~で、キャッチ↓
a0093677_10132945.jpg


少し釣りあがり、同じ様なポイントへ・・・

 ‘ガッ‘ と手応えがあり、 巻き巻き~で、ポロッ
 ‘ガッ‘・・・ポロ、 ‘ガッ‘・・・ポロ ‘ガッ‘・・・ポロ

何故か?連続バラシですが、魚が居る場所は‘確定‘致しました!

a0093677_10202671.jpg

a0093677_1021092.jpg

a0093677_014891.jpg

a0093677_0142342.jpg

↑の様な‘チャラ瀬‘です(それっぽい感じのところって事です)
a0093677_1024055.jpg

a0093677_10251752.jpg

a0093677_10254535.jpg

a0093677_10261892.jpg

10時過ぎ~12時までの約2時間で12匹キャッチ(魚の画像は抜粋ですが・・)

 キャッチ12匹・・バラシ多数 合わせて20匹以上の魚からの反応!

この日(6日) 魚の居た場所(ルアーに好反応した限定ですが・・・)

 ‘チャラ瀬‘(たぶん)

もう‘夏‘パターンに移行しつつあるようです
a0093677_10315721.jpg

キャンプ場の橋まで来たところで‘お昼のサイレン‘を聞き・・・

いつもなら‘おしまい‘なのだけれど

更に、釣りは続くのであった

にほんブログ村 釣りブログ 淡水ルアーフィッシングへ

a0093677_10342645.gif

ブログランキング参加中です クリックしてくださいね~
by browntrout-a | 2008-06-08 10:37 | 渓流 | Trackback | Comments(4)

峠川釣行記part2 2008.6.6

いや~‘釣りネタ‘が有るっていいですね 早速、part2です


この日(6日)、スキー場には7時少し過ぎに到着

駐車場には2台の車が止まっており、しかも既に人影は無し・・・

多分、駐車場から上に入ったんだろうと思い、キャンプ場前に移動

前回(5月22日)と同じ場所に車を止め、前回同様キャンプ場前からスタートですが・・・

1.4gから始めて、リトリーブを変えたり、アクション変えたり、2.4gでもイロイロ試しましたが、ショートバイトがちょろっと有るだけ

やはり、ココに居る魚はかなり‘手強い‘ようです

プールで結構粘って見ましたが、結局キャンプ場前のプールでは釣果無し

本日のファーストヒット・キャッチ7時30分
プール上流の太い流れの中から、20cmほどのイワナ↓が漸く出てくれました
a0093677_963924.jpg


 「今日渋いかも」

ちょっぴり不安が頭を過ぎりますが・・・

前回(5月22日)も、確か朝一は苦労してましたので、それ程気にもせず

 「まあ、キャンプ場前は苦手だから・・ 旅館ウラへ行けば大丈夫さ~」

なんて、思いながら適当に釣り上がって行きます

で、古い小堰堤下で2本ほど掛けるも、バラシ・・

 「ちぇっ まあいいや」
(釣れていない割りにまだ‘余裕‘)


 「さ~いよいよ、旅館ウラを・・」

気を取り直して、「コレからが本番さっ」と思いつつ、ふと顔を上げると

其処には ‘先行者‘・・・(アチャ)


仕方なく、‘前川‘の方へ↓(8時半少し前)少し濁ってます
a0093677_928762.jpg

前川・・・釣れる事は釣れました(5匹)が・・・
a0093677_9335651.jpg

サイズは18cm以下ばかり 再生産?それとも‘稚魚放流モノ‘が遡上して来たのか?なんて思ってました この時点では・・・(サイズの良い魚の付き場が変わっていた事にまだ気付いていないのであった)
釣れてきたのはこんな場所↓(画像中央~右端辺り)
a0093677_9545818.jpg


あと少しで‘前川堰堤‘と言うところで雨が本降りになってしまい、あえなく一時退却

後ろ髪惹かれる思いで(ちょっと大げさか?)川を出ましたが・・・

キャンプ場まで戻ったところで雨が上がってしまったので↓
a0093677_9535510.jpg

キャンプ場堰堤下・魚道横
a0093677_9554971.jpg

魚道右手(狭い方)からはイワナ↑

a0093677_957787.jpg

魚道左手(広い方)からはアマゴ↑

釣り上がりも、下がりもせず、探れる範囲だけやっておしまい

車に一旦戻り、朝ご飯タイム

合羽を着込んで、雨に備え 第2部のスタート

第2部は・・・   part3に続く (たぶん)



予告編
a0093677_1023848.jpg

この日(6日)魚が居たのは・・・

にほんブログ村 釣りブログ 淡水ルアーフィッシングへ

a0093677_1033398.gif

ブログランキング参加中です クリックお願いします
by browntrout-a | 2008-06-07 10:07 | 渓流 | Trackback | Comments(2)
a0093677_21434993.jpg

峠川へ行ってきました↑いつもの場所から定点画像

a0093677_2145564.jpg

イワナ29匹
a0093677_21453828.jpg

アマゴ2匹

前回までのパターンが通用せず・・・かなり苦戦

魚の居場所も少し変わってました

それに気付くのに1時間半を費やしました(汗)

それから・・・

何故か?バラシが多発

20近くばらした気がします

いや、もっとか?

20近くというのはネットイン直前でばらしてしまった数かな

なんか、ポロポロ外れちゃった


それから、それから・・・

今日はナント!7時から15時半まで

  ‘8時間30分‘

釣りしてました 

なかなか‘あがり鱒‘が釣れなくて・・・

 「もうちょっと・・・」

と、思ってたら

15時半でした

もう、ヘロヘロです・・


a0093677_2154558.jpg

スキー場駐車場では明日の準備が着々と進められてました


詳細は後ほど・・・

にほんブログ村 釣りブログ 淡水ルアーフィッシングへ

a0093677_21564352.gif

ブログランキング参加中 クリックしてね~
by browntrout-a | 2008-06-06 21:58 | 渓流 | Trackback | Comments(4)

イベント紹介・・・

ネタが有りませんので

今週末に行われる‘イベント‘のご紹介です

 「第9回 石徹白フィッシャーズホリデイ」

6月7日、8日の二日間に渡っての開催です

スケジュールはココをクリックして下さいね


興味のある方は是非!参加してみて下さい


にほんブログ村 釣りブログへ

a0093677_21251023.gif

ブログランキング参加中↑ クリックしてくださいね~
by browntrout-a | 2008-06-03 21:24 | 渓流 | Trackback | Comments(0)
5月22日 石徹白 峠川C&R区間釣行のウラ・・・

時間帯について

 ‘ルアー‘ならやっぱり5時半には川に立っていた方が‘間違い無い‘

と、自信たっぷりに書いているが、そんな早朝からC&R区間に行った事は無い(オイ!)

でも、「感覚」として(スタート時間が)‘もうちょっと早い方が・・‘といつも感じてます

 「ETC通勤割の関係で、‘白鳥ICを6時過ぎに通過‘」

と言う‘制約‘がワタクシにはあるんで、5時に釣り始める事は出来ませんが、釣行費用‘青天井‘の御仁には絶対、早い時間帯を勧めます

5月下旬なら日中の気温もそれなりに高くなりますし、平日でも人気河川だけあって‘釣り人‘も多いですから 当たり前と言えば当たり前なんですが・・・

ルアーについて

 ‘ダイワ SC ウイッチ‘

カラーはモチロン‘

 ‘ロイヤルゴールド‘

今回も‘これ1本‘(重さは1.4gと2.4gの2種類を使い分けましたが・・)のみです

1.4gの使いどころ

基本、‘浅い‘ ‘狭い‘ ‘近い‘ポイントで使用

今回の釣行では こんなところ
a0093677_234228100.jpg

旅館ウラ①↑
a0093677_23424767.jpg

旅館ウラ②↑
通称‘旅館ウラ‘(スキー場へ渡る橋のスグ下流のことです)

2.4gの使いどころ

基本、‘深い‘ ‘広い‘ ‘遠い‘ポイントで使用

今回の釣行では‘プール‘
a0093677_23462592.jpg

旅館ウラ下手のプール↑

あくまで、‘基本‘(ワタクシの)であって、‘絶対‘ではありません

ローテーション(重さのみ)

とりあえず‘1.4g‘を投げてみる→釣れればOK(当たり前か?)

 後ろをついてくる(チェイスって言うのか?)けど‘食わない‘場合

この時に‘ちょっと考える‘

 アクションか泳層かカラーか

で、‘カラー‘は無視!(オイ) 泳層もあんまり考えない・・(マジ)

実は(ココ大事!)アクションのみ

 1.4gと2.4g・・同じスピードで巻いてきても‘アクション‘は結構違う

「重さが違うから当たり前だよ!」って言わないで

ワタクシ、‘最近‘気が付きました(遅っ)

同じスピードで巻いた場合、軽い方(1.4g)がより派手なアクションになっってる気がする

故に‘食わせたい‘場合

 1.4gで巻き方、トィッチのパターンを変えてみる

それから2.4gに変えるか変えないか、諦めるかの判断をする

この日(5月22日)の場合

いつもはそんなに釣れない‘旅館ウラ下手のプール‘で釣れちゃったのは・・

 今まで‘アクションが派手過ぎ‘だった

って、事に気付いたから

今までのパターン

 1.4gで 早巻き トィッチ多め
 2.4gに変えて、早巻き トィッチ多め

→殆ど‘無視‘されてました

で、どうした?

  2.4gのダダ巻き ノートィッチ

このパターン、動きが少なくアピール度はかなり低い

にも拘らず、今回は‘パクッ‘と来ました

逆に、旅館ウラ①、②の様なポイントでは

 1.4gの巻き少なめ、トィッチ多め

‘派手派手パターン‘が効果的でした


まあ、ワタクシの独断と偏見と思い込みですけどね

‘月曜日に行くかも‘って人が居るみたいだから

‘参考‘になんてならないだろうな・・・

にほんブログ村 釣りブログ 淡水ルアーフィッシングへ

a0093677_0121272.gif

ブログランキング参加中 参考にする人はクリックしてね~
(と、書いてしまうと誰もクリックしてくれないかもしれないが・・    まあ、しょうが無い)

<追記>
5月22日の尺上は2匹とも‘2.4gのダダ巻き・ノートィッチ‘でキャッチ!
by browntrout-a | 2008-05-25 00:34 | 渓流 | Trackback | Comments(6)
a0093677_1321475.jpg

11時39分 前川へ移動(新前川橋脇から林の横を通って・・)
a0093677_1322567.jpg

歩いてきたばかりのその‘細道‘の真下 草が覆いかぶさる流れから
一番上の画像で言うと右下の壁際(木の下辺り)

a0093677_13263088.jpg

橋をくぐってスグ、速い流れからはやはり アマゴ
サイズは小ぶり 

このまま堰堤まで釣りあがりましたが、15cmに満たないイワナを2匹キャッチしただけ・・
‘アタリ‘自体はソコソコあるのですが、‘乗らない‘‘乗せられない‘の連続
体力も‘暑さ‘でかなり消耗してましたし、気持ち的には既に‘おまけ‘感覚で釣ってるのもあって、集中力と言うか‘やる気‘はすでに無し

 「あっ アタった・・」

 「まあ、いいや」

 「おっ またアタリ・・」

 「乗らんな~」

で、おしまい

やる気がある時は

 「ポジションを取り直して・・・」なんて

考えるのですが、すでに‘惰性‘で投げてるだけになってましたのでそのまま‘スルー‘
‘ちゃっちゃ‘と‘いかにも‘なポイントに1投づつしておしまい
堰堤下も3投ぐらいして‘反応無し‘

階段まで戻り、川から上がって‘本日終了‘

でも、何故か続くのであった・・・


にほんブログ村 釣りブログ 淡水ルアーフィッシングへ

a0093677_14163094.gif

続きを読む(クリックしてください)
by browntrout-a | 2008-05-24 14:17 | 渓流 | Trackback | Comments(0)
a0093677_21251874.jpg

毎度の‘定点‘からの風景(スキー場へ渡る橋の中間点より)

人には「朝、7時前がオススメ」なんて言っておきながら、この日(22日)は8時過ぎに現地到着

とりあえず上の画像(定点からの風景)を撮る為に、橋を渡りましたが、其処には4台の車に加え、‘さあ、これから川へ入ろう‘とする4人組のフライの方々が・・・

 「ん~こりゃ出遅れたな・・」

なんて思いながら駐車場の広いスペースを使って‘グルリ‘と転回し、キャンプ場前へ移動
ゆっくりと川を見ながら(脇見です すみません)キャンプ場前まで車を走らせると、幸い釣り人の姿は無い様子

橋を渡り、右手のスロープを下った広場に車を止め、‘キャンプ場前‘よりスタート

・・・・でも

ワタクシ、実は‘キャンプ場前‘って苦手なんですよね 細かく言うと‘キャンプ場前のプール‘なんですが・・
ココの魚、結構スレてます 強敵 ツワモノぞろい
特に‘良い型‘(橋の上から見えてるヤツ)なんて‘ルアー‘に見向きもしません

で、この日の‘初ヒット‘はやはりプールの上流部、流れがあるんだけど、深さもあってよれてるポイントから18cmほどのイワナ 8時29分
a0093677_21464334.jpg

ネチネチとイロイロな角度から攻めて見ますが、パッとせず 単発
少しずつ釣り上がって行きますが、思ったより魚からの反応はありません

 「ゲッ これはマズイ展開・・・」

いつもなら‘ククッ‘とイワナからの小気味良いアタリがある‘定番‘の様なポイントから何の音沙汰もなし
ちょっと焦り出して、いつもの‘ピンポイント‘の釣りから‘面‘と言うか「手当たり次第」にウイッチを投げ込んでいると
a0093677_220014.jpg

8時48分 かなり速い流れのドン真ん中から アマゴ 17cm有るか無いか

でも、また単発・・

前川との合流点を過ぎ、古い小堰堤(旅館ウラ下流部)で漸く3匹目
a0093677_2244158.jpg

8時54分 イワナ 22cmぐらい(たぶん)

ちょっとここでも粘って見ましたが、‘不発‘って言うより‘沈黙‘に近い感じ

で、小堰堤上のプールですが・・・

 ‘ここに居る魚もまた手強い‘ のです

いつもプールの最下流部にユラユラしてる‘良型‘なんてウイッチが真横を通っても全く‘無視‘してくれますし

ところが、どっこい・・・

この日はちょっと様子が違いまして


にほんブログ村 釣りブログ 淡水ルアーフィッシングへ

a0093677_22191252.gif

続きを読む(クリックしてください)
by browntrout-a | 2008-05-23 22:56 | 渓流 | Trackback | Comments(3)
5月22日 峠川 8時30分~12時40分
a0093677_2226360.jpg




岩魚20匹ぐらい アマゴ2匹

詳細は後日・・・




にほんブログ村 釣りブログ 淡水ルアーフィッシングへ

a0093677_222913100.gif

ブログランキング参加中です バナーをクリックして下さい
by browntrout-a | 2008-05-22 22:31 | 渓流 | Trackback | Comments(0)
a0093677_21103446.jpg

長良川 河口から73.2km付近
何の事は無い、月見が原のスグ上流部です
一応、サツキマス狙いですが・・
タックルはいつものトラウト・ワンにツインパ1000S、X-TEX2.5ポンドの‘石徹白仕様‘です
モチロン、‘ウイッチ2.4gロイヤルゴールド‘が結ばれているのは言うまでもありません
真剣にサツキマスを狙っている方からすれば「フザケンナ!サツキを舐めるよ」と言われるのは必至の組み合わせ&ルアーです すみません

で、釣果は・・・・
a0093677_21184168.jpg

ウーさま でも、スッゴク綺麗に撮れてます
さすが、EXILIM ENGINE for mobile (関係ないか?)

a0093677_21232681.jpg

2時間(15時~17時)でウーさま2匹のみ

帰り支度をしているときにエサ師の方に声を掛けられまして、「ウーさまが2匹です」と答えると・・

 「ココじゃ ウグイが良いとこだよ、板取に行った方が釣れるぞ」

板取はどこら辺が良いですかね?

 「温泉の上まで行けば結構釣れるぞ、稚魚放流をしっかりやってるからな」

はあ、温泉ですか・・・

 「谷から魚が出て来とるで、そっちへ行かないかんわ」

ここら辺で、サツキマスは無理ですかね?

 「もっとヨウケ投げないかんわ、それに浅いところにはおらんよ」

はあ、そうですか・・


と、まあこんなやり取りがありまして
そのエサ師さんが言うには
 「遠くから攻めないと魚に気づかれる」
 「深いところに居る」
 「実績のあるところには必ず人が入ってるから、ソコに行け」
だ、そうです

今年は時間が有れば‘サツキマス‘狙いに出かけようと思ってます

でも、タックルは・・・

たぶん 今のまま でしょう

だって、どうせ釣れないもん って言うより


 「全く 釣れる気がしない」


千投一釣とはこの事だわ

にほんブログ村 釣りブログ 淡水ルアーフィッシングへ

a0093677_21425847.gif
ブログランキング参加中 クリックして下さい
by browntrout-a | 2008-05-19 21:48 | 渓流 | Trackback | Comments(6)
excite.ブログの緊急メンテナンス(今回はサーバーの入れ替えだとか・・)が終了し、何とか‘元通り‘になったみたい

今更ですが、5月14日の‘峠川C&R区間‘のウラ
当日の水温、10.5度と書きましたが、じつはコレ 昼過ぎの‘間瀬戸橋‘(たぶん)下の小さいプール脇の水温です 

a0093677_20522765.jpg

↑はスキー場駐車場か少し上がった辺り
朝はまだ少し雨がぱらついていましたが、思ったほど濁りもなく、程ほどの増水で‘いい感じ‘かと思いきや・・

魚は‘沈み‘傾向にあったようで、いつものウイッチ1.4gでは‘魚の居る深さ‘に届いていなかったみたい
それと透明度が低いこともあって、金色ではアピール不足だったかもしれません

途中からは2.4gメインに切り替えて‘底‘で‘スロー‘な釣りでなんとか釣果を伸ばせましたが・・

てっきり‘渓流‘では「ささ濁り」「増水」と言うキーワードは‘爆釣‘へのプロローグかと思ってましたが、そうでもないのですね・・

a0093677_2191686.jpg

↑この角度のイワナって結構‘可愛い‘
a0093677_2111650.jpg

↑ロッジビリジアン近く、落ち込みの白泡の中から出てくれたアマゴ
毎度のことですが・・‘釣り方‘‘攻め方‘がイワナ向きなので、アマゴはほとんど釣れません・・この日も‘この1匹‘のみ

スキー場駐車場~ロッジビリジアン少し上流の区間でイワナ5~6匹とアマゴ1匹かな

小休憩を挟んで、キャンプ場前堰堤下へ移動
雨はほぼ止んでましたが、時折思い出したようにパラパラ・・
堰堤下の払い出しで何匹かイワナをゲット 
雨が降ったらこのポイント、かなりオススメです(過去にも好実績ありです)

キャンプ場前・・不発でした
その原因は・・・

続きを読む(クリックしてください)
by browntrout-a | 2008-05-17 22:24 | 渓流 | Trackback | Comments(4)

自画自賛釣り日記です


by 飛島
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28