2006年 11月 30日 ( 2 )

ウラ釣行記とは釣行記の裏側・・・・・・・なんじゃそりゃ!
11月30日ひょうたん湖釣行 その裏側を少しだけ・・・<注意事項>先に‘表釣行記‘(下)を読んでから‘ウラ‘を読んでください。
朝一 三角地帯の数多くのライズを目前に‘ドライフライ‘じゃなくて‘スプーン‘だったのか?
答え:フライタックルをセットしてなかったから・・・・ってオイ!実は今日は‘ルアー‘だけではたして何匹釣れるか?を試そうとしていたんです←「じゃあフライタックルいらないジャン!」というツッコミはやめてください(汗)
もろくも1時間少々で諦めますが・・・(あ~フライタックル持ってて良かった)
あまりにも‘ルアー‘で釣れないので、予定変更。フライとスプーンでどれだけ釣果に差が有るか?を実験?検証?することに。その方法は、フライで10キャスト(まったく同じポイントへ投入、アタリがあればアワセ、無ければ2分程でピックアップ)次にスプーンでフライと同じポイントへ10キャスト(表層、中層、底べったり、巻きスピード色々)を繰り返してみました。先攻・後攻は適当に入れ替え、8時半~11時の間ひたすら‘フライ‘10投・‘スプーン‘10投を投げ分けた結果が・・
フライ・・・13匹、スプーン・・・0匹 
自分としては少し以外な結果となりました。‘ウイッチ‘‘レイブ‘を投入すれば2~3匹は釣れると思っていた訳なんですが、フライでアタリが出まくるポイントへ‘スプーン‘(レイブ、ウイッチ、極小スプーン、スティック、ばぶーんイクラちゃんまで)を投入しても‘まったく‘アタリはありませんでした。虹鱒君たちは捕食に関しては‘セレクティブ‘だったようです。
最後の1時間の裏側
では何故最後の1時間は釣れたのか?おそらく1番大きな要因は‘風‘だと思います。日が昇り気温がある程度上昇して来ると気圧の関係?からか11時までは風向きが「流れ込み」→「事務所」だったのが、11時からは180度変わって「事務所」→「流れ込み」に。
事務所側から流れ込みに向けて少し強めの‘風‘が吹き、ちょうど土手の下に浮遊物が‘風‘によって運ばれる(吹き寄せられる)条件になり、水面もさざ波立って魚のプレッシャーが一気に下がって‘スプーン‘への反応が良くなったのではないでしょうか。
もしもフライを投げ込んでいたら‘入れ食い‘だったかもしれませんが・・・・・
昼12時になり事務所へ戻る途中(三角地帯)でフライを沈めて引いている(シンキング)方と少しだけ話をしましたが「30cm位の虹鱒ならいっぱい釣れる」らしいです。

先にこれを読んでしまった方は「何じゃこりゃ」と思いながら続けて下の釣行記を読んでね!
by browntrout-a | 2006-11-30 22:38 | 管理釣り場 | Trackback | Comments(0)
a0093677_15201335.jpgまたまたひょうたん湖へ行ってきました。気合を入れて朝一(6時半)からスタート、流れ込み目指してエレキのスロットルを捻ります。三角地帯手前まで来たところでライズの多さについつい浮気。とりあえずアンカーを降ろし、レイブ1.5g白を結びライズめがけてキャストを繰り返すもまったく相手にされません。ミニクランク各種で探るもアタリどころか‘サワリ‘もなしで、30分ほどムダな時間を費やしてしまいました。
‘流れ込み‘ポイントのほぼ中央にボートを止め、前日購入したクランク(フローティングタイプで黒色)で広範囲に探りを入れていきますが反応はイマイチ。‘動きが早すぎる?‘かもと思いACスプーン2.4g黒に付け替え、デッドスロー作戦に変更です。着水後底を取ってズルズルずるずるやっていると待望のアタリが!「おりゃ」と巻き合わせ・・・・のつもりが、ドラグをユルユルにしすぎていたのでラインにテンションが掛からず痛恨のバラシ。
a0093677_16222511.jpg
この後すぐにアタリがあったもののアワセそこねてすっぽ抜け。1時間弱スープンを投げ続けましたが結局アタリが2回あっただけでした。
とりあえず魚の顔が見たいのでフライにタックルチェンジ。毎度おなじみ‘ビーズヘッドメルティヤーン・薄黄色‘を結び、タナ1.6mでルースニングです。さすが「必殺パターン」だけあってスプーンでアレコレ苦労して1匹もキャッチ出来なかったのに、サクッと一投目から釣れてしまいます(恐ろしやメルティ・・)上の写真は4匹目(多分)の‘鼻曲がり?アゴ曲がり?‘な約50cmです。ルースニングでは8時半~11時 トータル13匹(35cm~50cm)でした。
ここまでスプーンの釣果は0匹、最後の1時間は少しポイントを移動し、‘星見荘‘?(流れ込みの左上の方にある建物)下の‘土手‘前を攻めることにしました。最近ひょうたん湖で「釣れ釣れ」のウイッチ1.4g艶消し黒の登場です。カウント5(たぶん完全に底)ゆっくりめのフリップを入れやや遅めのリトリーブ。3投目にキタのが下の写真(目測60cm)で、その後なぜかバタバタと釣れだして12時までに スプーン(ウイッチ1種類のみ)でトータル4匹(35cm、40cm、50cm、60cmいずれも目測)を釣り上げる事が出来ました。
~本日は都合により午前中のみの釣行~
by browntrout-a | 2006-11-30 17:18 | 管理釣り場 | Trackback | Comments(0)

自画自賛釣り日記です


by 飛島
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30