2006年 11月 03日 ( 1 )

仕事が午前中で片付いたので、管釣りでも行こうかと名神一宮ICへ。電光掲示板には<一宮~岐阜羽島 渋滞10km>  <一宮~小牧JC 渋滞10km>が交互に表示されていました・・・「さすが三連休!」。そのままUターンして、近所の川へ行くことにしました。
相変わらず減水していて、水深50cm程です。釣り人はいません。
前回 スニーカーで土手下まで降りたところ<ひっつきむし>と呼んでいる ‘衣服にペタペタひっつく草の種‘ が膝下に大量に<ひっついて>しまい「うげげっ」となって大失敗したので今日はマリンブーツで出撃です。
タックルはXULの管釣り竿にアルテグラ1000、スーパーセコ釣り仕様です。マイクロダウンショットに2インチカーリーテールを付け、セコセコつり始めました。この間に比べて‘見えバス‘‘見えギル‘が少ないようです。それでも5~10cmの青鯛くんが飽きない程度に竿先を‘ボヨンボヨン‘してくれます。ほとんどがテール部分をくわえているだけなので針掛りはしませんが、時々欲張りなヤツが釣れてくれました。
1時間程青鯛くん相手に遊んでいたところ、なにやらつま先が‘ひんやり‘してきたので「オヤッ」と思い足元を見ると・・・水位が20cmほど上がってきています。段々と川の流れも逆流し始め、見る見る水位が上がって「アッ」というまに50cm程度増水です。
初めてこの川を覗き込んで‘バス‘がいるのを発見した時と同じ水位になっています・・・・・そうです この川は干潮の影響で水位が変わっていたのです。←もっと早く気づけよ!
水位が上がるのと同時に なんか‘汚物‘のような物が流れてきてラインやワーム、フックにまとわりついて釣りにならなくなりギブアップ!
結局、青鯛くん10匹、子バス(25cmぐらい)1匹でした。
by browntrout-a | 2006-11-03 18:16 | バスフィッシング | Trackback | Comments(0)

自画自賛釣り日記です


by 飛島