峠川C&R区間 釣行記 2009.09.29

a0093677_15731.jpg

石徹白・峠川C&R区間釣行記  ↑ 毎度の定点画像
今期渓流最終釣行です


a0093677_1582591.jpg

5時51分 雨の降る中、レインギアを着込んでC&R区間最下流部よりスタート
深夜からの降雨の影響でしょうか?‘灰色の濁り‘が入ってます

足元が見えづらくて、少々危ない気もしますが・・
まあ、渇水気味なので、濁りが無いよりは濁っていた方がコチラとしては好都合

雨は一向に止む気配は無いものの、気温が16℃程とあって夏場のような‘ベトベト感‘もなく、レインギアを着ていて「ちょうど良い」感じ

魚からの反応もまあまあなんですが・・・
釣れてくるのは15,6cmの木っ端イワナばかり(チェイスしてくるのも同サイズ)

a0093677_15345326.jpg

定番と言うか、いつも必ずルアーを通すポイント↑から 「やっぱり出た」と言う感じで
a0093677_15371694.jpg

6時16分 漸く‘カウントできる‘イワナ ほぼ尺(泣き尺とも言う)

このサイズのイワナを拝めれば、以前ならかなり満足出来ていたのですが・・
前回の釣行で自分的記録魚を釣っているが為に、何か物足りない

どんどん釣り上がるも
釣れてくるのは木っ端イワナ↓
a0093677_1546159.jpg



a0093677_15463710.jpg

6時24分 イワナ23cm
a0093677_15464993.jpg

6時45分 イワナ23cm ↑ かなり‘黄色い‘イワナでした

前川橋をくぐり、普段よりも時間を掛けて釣り上がって行きますが、魚からの反応は殆ど無し
(一級ポイントと言うか、攻め易いポイントが連続しているので魚がかなりスレているのかも・・)

何時も向こう岸に渡渉する平瀬まで来て、余りにも反応が少ないので引き返す
橋まで半分ほど戻った所で、橋の下から入ったフライの方の姿が見えたのでその場から退渓

 「さて、次は何処へ行こうか・・・」

下在所堰堤上下流、旅館ウラ、スキー場前は釣り人の姿あり

貨車のある別荘地から再スタート

a0093677_1693888.jpg

8時28分 イワナ
 
a0093677_1610329.jpg

10時7分 イワナ

馬瀬戸橋の上まで約2時間掛けて釣り上がって、カウントサイズが2匹のみ・・
(木っ端イワナ、アマゴは合わせて10以上釣れましたが・・)

今期最終釣行なのに、かなり‘消化不良な内容‘
車まで歩きながら「次」を考えるが、どうも‘前回‘の内容が濃すぎただけに‘ソコソコサイズ‘や‘数‘では何か納得できないというか、満足出来ない
どう考えても‘前回の様な‘展開になるはずが無いんだけれど・・・
「今期最終」と思うと何かしら‘ドラマ‘を期待してしまう

車に乗り込み、再度‘最下流‘へ
大した根拠が有る訳でも無く、ただ漠然と「型狙いなら下流域」 そんな感じ

ところが、既に前川橋上下流にそれぞれ釣り人あり・・・
(ダメか・・)

前川橋横の駐車スペースで方向転換
再度上流を目指すが・・
下在所上下流、キャンプ場前~旅館裏、スキー場駐車場~、別荘地、馬瀬戸橋~
すべて人が入ってる
(終わった・・・)

最後に前川堰堤を見ると・・・
‘エサ釣りおじさん‘ (オイオイ)
エサ釣りおじさんが堰堤上から、延べ竿で粘ってます (コラコラ)

で、ワタクシ
勇気を振り絞っておじさんに・・
 「こんにちは~ 釣れますぅ?」 (弱っ)
もちろん‘無視‘されました

エサおじさんが堰堤で粘っているので、その下はOKでしょうと勝手に決め込んで、‘階段‘から下に降り、前川を釣り下る事に・・
(前回同様、草ボーボーで峠川分岐からは上がれなかった)
途中、アマゴ(たぶん20cm前後)を掛けるも、ネットイン直前でバラシ・・
バス停の橋まで釣り下って、反応はこの1度きりでした

行くところが無いので、そのまま‘釣り上がり‘
前回同様、スグに折り返しているので釣れる訳が無い・・

階段まで戻って上を見上げると、エサおじさんが帰り支度をしている
(おじさん‘長靴‘なので、川に入れず 流せる範囲が狭すぎて釣れなかったみたい)

さあ、コレからが本番、でも・・・
前回とは違って、‘エサおじさん‘が攻めた後
それに数日前まで‘SW‘で何人もの釣り人がアレコレやっているはず

でも、‘行くところが無い‘

 「20cmぐらいのイワナでも良いから・・・」

そんな気持ちで、前回と全く同じ立ち位置から‘堰堤左護岸ベタ‘へウィッチロイヤルゴールド1.4gをキャストしリーリング・・ (クドイ様ですが、今回もウィッチRG1.4g、2.4gのみ使用です)

キャスト・・  リーリング
キャスト・・  リーリング

やっぱり釣れない

まあ、当たり前でしょう
そう易々と尺を遥かに越えるイワナが釣れる訳が無い

堰堤の中央、右隅、手前、奥・・
アチコチ投げ入れるが、20cmのイワナどころか木っ端イワナさえついて来ない

 「どうせ釣れないだろう」

と言うか、(前回の様な魚が)また釣れたらそっちの方が‘怖い‘
ルアーチェンジをする事も無く、ひたすらウィッチRG1.4gを投げる
時間は既に11時半

 「最終釣行・・・ ドラマなし・・」

そう思いながら投げた‘数十投目‘

カウントを多目にとって、ゆっくりゆっくりトィッチ&リーリング

 ズゴ



何か来た・・・


にほんブログ村 釣りブログ 淡水ルアーフィッシングへ

ブログ↑↓ランキング参加中です クリックお願いします

a0093677_2135053.gif




a0093677_17172844.jpg

前川堰堤 下流放水口 ↑

 ズゴ

ロッドにかなりの‘重量‘が掛かる

 「ハッ やっちゃった? もしかして 来た?」

根ガカリ?魚?

a0093677_17202128.jpg

魚でした

a0093677_17213536.jpg

11時35分 イワナ 36cm

同じ魚ではありませんが、同寸の36cm
ただ、今日の魚は‘細長い‘
釣り上げた瞬間、前回は40UPと間違えるほど‘太かった‘のに対し、今回は「尺チョイ?」なんて思ってました
で、口を閉じ尾を広げて計測すると

 するするする~

みるみるメジャーの数値が伸びる

 「ええっ これで36?」

3回ほど測りなおしましたが、やっぱり36cmでした

 「やったぞ~」 だけど こんなに上手く行ってチョット怖い 大丈夫か オレ・・

a0093677_17222430.jpg

ネットイン直後にルアーが外れた・・と、思ったら フックが折れてました

今期、渓流最終釣行
「劇的な1尾」で終了です

 最高のアガリ鱒でした

にほんブログ村 釣りブログ 淡水ルアーフィッシングへ

ブログ↑↓ランキング参加中です クリックお願いします

a0093677_2135053.gif

メイクドラマ・・・峠川C&R区間のお陰です
今年も沢山の渓魚と出会うことが出来ました
石徹白漁協並びに、C&R区間設立に尽力された方々に感謝

 ありがとうございました
トラックバックURL : http://browntrout.exblog.jp/tb/9033210
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ガーデン at 2009-09-29 18:28 x
おぉ~、最後の最後に、メイクドラマじゃないですかぁ~(^O^)

やりましたね!!

おめでとうございます!

自分も、まずは、管理釣り場から復帰しようかと…(笑)
Commented by やすろー at 2009-09-29 21:34 x
おお!
最後にドラマが待っていましたね~
粘り勝ちですね!
私も明日頑張ってきます!
Commented by 飛島 at 2009-09-29 22:02 x
ガーデンさん>まいど~
ありがとうございます
ちょっと出来過ぎな結末でした(自分でもビックリ)
復帰・・・間もなく‘管理釣り場シーズン‘ですし、クワも冬場は手が掛からないし、ちょうど良いんじゃないでしょうか
がんばってください
Commented by 飛島 at 2009-09-29 22:07 x
やすろーさん>毎度~
最終日・・・たぶん今日より人多いと思うよ~
今日いたFFマンの顔ぶれからすると「泊まり組」もいると思う
(良く見かける車が4台あったよ)
がんばってね~
by browntrout-a | 2009-09-29 17:31 | 渓流 | Trackback | Comments(4)

自画自賛釣り日記です


by 飛島
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31