峠川C&R区間 釣行記 2009.6.12

石徹白 峠川C&R区間 釣行記


a0093677_14183647.jpg

定点画像 ↑ (AM5:00)先週よりもさらに減水?

実はこの日(6月12日)、長良川本流の上の方とか、支流の峪とか「行った事の無いところ」へ行こうと思ってました

その訳は・・・

 峠川に飽きた・・・


いやいや そんな事はありません
真面目な話・・
先週の峠川釣行で、自分の持てるものを出し尽くしたと言うか(そんなにたいしたモンを持っているわけではアリマセンが・・)減水して自分の思うような釣りが出来なかったのを、知識・経験を総動員して何とか格好の付く釣果までもって行くことが出来た事で、かなりの達成感がありまして(マジ、家に帰ってから‘知恵熱‘が出るんじゃないかと思うぐらい 頭 使いましたから・・)ある意味、「燃え尽きた」感を凄く感じていたのです

でもでも・・・
基本的に‘釣りに行って釣果が無いのはチョット‘なワタクシ
折角、早起きもしたし、魚の顔も見たいし・・・と言う訳で、‘とりあえず峠川‘に立ち寄ったのです

スキー場へ渡る橋の上から上下流を覗き見ると、共に釣り人の姿は無し

 「よし、旅館裏~駐車場前ぐらいで10匹釣ったら移動しよう」

と言う、‘なんじゃそりゃ 峠川なめとんのか!‘的な発想のもと、駐車場でソソクサと着替え&タックル準備を済ませ、旅館裏へ

旅館裏プール・・・
「うわっ」と思うほど減水
普段(どの状態・いつが基準なのかあやふやですが・・)‘水中‘である部分が‘陸地‘になってます
プールの下の方からチョコチョコ投げながら釣り上がりますが、いつもの様なチェイスが無い

しばらくして‘プルプル‘と竿先にアタリ
ようやく釣れたのはカウントするかどうか微妙なサイズのイワナ(まあ、カウントしましたが・・)

そうそう、昨日の釣果報告の最後の方に書きましたが・・この日の朝の外気温

  5℃ (6月半ばなんですけど・・)

それが理由なのかは ? ですが なんか‘渋い‘感じ



にほんブログ村 釣りブログ 淡水ルアーフィッシングへ

ブログ↑↓ランキング参加中です クリックお願いします

a0093677_2135053.gif



 プールで2匹 旅館裏で5匹 駐車場前で3匹 

サクサク~ と釣って、‘新規開拓‘の旅に出るつもりでしたが、あっけなく玉砕
前回の経験を生かし、流れの変化や水深、アプローチあれこれ いろんな手段を講じてやっと釣れたのが

 3匹・・・

こうなると、なんか意地みたいなモノがムクムクと・・

車に乗り込み、最下流部へ移動

 「残り 7匹 さっさと釣って長良川支流へでも・・・」


最下流部・・・
判っていても「やっぱり」と呟いてしまうほど水が無い

合流点で2匹チェイス・・「おっ、やっぱりここは違うね~」とちょっと余裕をぶちかまし
再度同じコースを引っ張り、‘ガッ‘とアタリ
「楽勝~」と思った途端、ポロリ

でも、まあ魚の付き場所は判ったんで大丈夫 (←まだ余裕)

少し釣り上がり 太い流れ→薄い流れ→水深極浅 のコースでウィッチを引いてくると、極浅の水深に差し掛かったところで、‘軽く尺越え‘のイワナが背びれを出しながら猛追・・・
ロッドにはテンションが伝わってこなかったけれど、クビを振ったのが見えたのでアワセを入れると、一瞬でロッドが弓なり・・・ が、次の瞬間 

 ‘スコ‘

荷重が抜けた・・ (ばれました)

未練がましく、同じコースを何度も流すが、それっきり
少し釣り上がって、ダウン気味で流してみても無反応

「次、行こう」と気持ちを切り替えてどんどん釣り上がる
実績のあるポイントをじっくりじっくり責めて行けば7匹ぐらい・・・

が、結局
前川橋まで来てイワナ2匹を追加したのみ
そのまま、釣りあがろうと思っていたら・・・
橋の向こうにはフライマン

 「ガクッ・・・」 (テンション ↓↓)

「仕方ない、もう一度戻って拾えなかった魚を狙っていこう」
そう思いながら橋の脇から上がり、道路に出ると、上から移動して来た(と思われる)フライマンと遭遇

「こんにちは」 一応挨拶 (「こんにちは」とご返答)

そのフライマンの後3mほど離れて歩いていくと・・ どうも最下流部へ入るみたい
(橋の脇に止めてあった車の持ち主ではなかった)
「ん~ さすがに追い越す訳にはいかないな・・」
諦めて場所移動

さて、何処へ移動するか・・
キャンプ場前や、その下流には既に人が入ってます
スキー場上もたぶん・・
 
「たまには本流でも見て回るか・・・」
そう考えて‘本流・下流‘へ
a0093677_16214616.jpg

平日にも関わらず、エサの方がイッパイ・・
車が止めれて、尚且つ川に降りやすい場所があったのでそこから‘本流釣り‘スタート

が、な~んも釣れず、チェイスさえ無し・・ (約1時間奮闘)

川から上がり、車へ戻る途中、道路から長竿(鮎竿?9mぐらい)でエサ釣りをしている方と挨拶がてらお話を少し
ついでに釣果を見せてもらうと、腰ビクには20~23cmのイワナが7本入ってました

そのエサ釣り師さんから情報・・・
 「今日(6月12日)放流があるよ」 (成魚かどうか聞くのを忘れました・・)

本流・・・
魚はちゃんと居るみたいですが、ワタクシのレベルでは手も足も出ず 
また、峠川C&R区間最下流部へ戻る

最下流部(合流点)の駐車スペースに1台のワゴン車あり
その横に車を止め、休憩中(たぶん)の持ち主さん(フライマン)にご挨拶
ワタクシ・・「こんにちは~ どうですか 釣れました?」

「ええ、まあ2匹ほど・・」

「ルアーですか?」と聞かれ「ハイ」

「ミノーですか?」 

「いいえ スプーンなんですよ」

「スプーン? ウィッチですか?」

「ええ、はいはい ウィッチしか使わないんです」

 ‘おおっ もしかして このブログを見てくれている?‘

「ああ~ ブログ読んでますよ」

「ええっ そうなんですか?」 (うわ~キタキタ ブログ読んでくれているんだ)

「峠川 ウィッチ と言えば・・」

「そうです そうです 峠川 ウィッチと言えば・・」 (いや~ 参ったな テヘヘ)

「え~ ブログのタイトルが・・」

「ハイハイ タイトルが・・」 (キタキタ~ )


楽釣雑記・・・」



   ちゅどーーーん

「いや、もう一個の方です」

「ああ、ブラウンな・・・」

「はい」 (グッスン)


後半へ続く・・・たぶん


にほんブログ村 釣りブログ 淡水ルアーフィッシングへ

ブログ↑↓ランキング参加中です クリックお願いします

a0093677_2135053.gif
トラックバックURL : http://browntrout.exblog.jp/tb/8399682
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by やすろー at 2009-06-14 00:13 x
こんばんは。
あー・・・なんだか申し訳ないです。
本流は難しいですか~
そろそろチャレンジも考えていましたが・・・
本流の支流筋はどうですかね?
Commented by 飛島 at 2009-06-14 14:50 x
やすろーさん>毎度~ どーも
いや~ ハハハハ
‘ちっちゃい事は気にしない‘ ワカチコワカチコ~
真面目に・・・
本流の支流は詳しく有りません ゴメン
本流も上の方はソコソコ釣れてるみたいですよ
by browntrout-a | 2009-06-13 17:22 | 渓流 | Trackback | Comments(2)

自画自賛釣り日記です


by 飛島
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30