当たり前の事・・・・

少しどころか、結構早め(10時)の昼食後・・・

下在所の堰堤(キャンプ場前プール)から再スタート

プールは不発・・

a0093677_15531144.jpg

ようやく、魚の顔が見れたのが↑ココ

ガンガン瀬とは呼べないまでも、厚めの流れの中からアマゴ
a0093677_155726100.jpg

(10時台に釣れたのはこの1匹のみ・・・)

更に釣り上がり、前川との合流点辺りを丹念にしつこく攻めるが・・・
18cmを越えるサイズは釣れず(小型のイワナ、アマゴを3匹ほど)

 食い気のある魚が居れば・・・

旅館裏プール・・・ ココも小型イワナのみ

旅館裏メインストリート
a0093677_16174972.jpg

ダウンでネチネチ 1.4gの軽い動きを最大限に利用してタイトに攻める
a0093677_16252211.jpg

緩いところに着水→殆ど巻かずにロッド操作だけで早い流れの部分へ
流れに乗ったらリーリング+ロッドによるトィッチ
流れの中で‘もがく‘小魚をイメージ・・・そんな感じ
で、少しずつ早い流れの中から手前の緩い流れへと移動させる

  緩い流れまで あと5cm  と言うところで・・   

   ‘ドン‘ と手応え 

流れが切り替わる場所

 早い流れ → 緩い流れ
 緩い流れ → 速い流れ

その境目に魚が潜んでる

  ‘追ってきて食う‘ と言うより

  ‘今がチャンス‘ と言うタイミングをコチラで作り出してやる

そんな感じ



 昼食後・・・

 ‘食い気のある魚を探して その前にウィッチをぶら下げる‘

そう考えましたが・・

食い気のある魚を見つけるだけでなく、その魚に

 反射的に口を使わせる

そのために魚が居るであろうポイントの近くで‘捕食の機会を演出‘・・・


・・・ 何の事は無い ・・・

 ルアーフィッシングの定石

当たり前の事

 「C&R区間の魚の多さに胡坐をかいていたんだなぁ」 と一人つぶやく

旅館裏で‘別の意味での‘答えを見つけ・・
 
 「修行が足りないね~」



で、そのままドンドン釣り上がり スキー場前を通り越し アマゴ養魚場まで

川から上がり、車に戻る(午後3時過ぎ)
いつもなら‘撤収‘の時間だけど

 「今日は修行だ」


と、言う訳で上流へ移動

別荘地(貨車の置いてある)から再び川に入り、馬瀬戸橋まで‘修行’致しました

11時~12時 イワナ 3匹 (旅館裏~)
12時~13時 イワナ 6匹 (旅館裏~スキー場)
13時~14時 イワナ 4匹 (スキー場~)
14時~15時 イワナ 1匹 (スキー場~アマゴ養魚場)
15時~16時 イワナ 1匹 (~アマゴ養魚場)
16時~17時 イワナ 4匹 (別荘地~馬瀬戸橋)
<18cm以上をカウント>

散々悩んで・・
イロイロ考えて・・
その結果は

 当たり前の事が出来ていなかっただけ

  ちょっと反省

にほんブログ村 釣りブログ 淡水ルアーフィッシングへ

ブログ↑↓ランキング参加中です クリックお願いします

a0093677_2135053.gif


この日(6月4日)も沢山の渓魚と出会うことが出来ました
C&Rのお陰以外の何ものでもありません
区間設立に尽力された方々、石徹白漁協に感謝



ココで釣れました・・・

a0093677_173546100.jpg


a0093677_1736447.jpg


a0093677_17361914.jpg


a0093677_17363950.jpg


a0093677_1737018.jpg


a0093677_17371769.jpg


a0093677_17373869.jpg


a0093677_17375399.jpg


a0093677_17381374.jpg


a0093677_17382657.jpg


a0093677_17401560.jpg


a0093677_17403673.jpg


a0093677_17405488.jpg


にほんブログ村 釣りブログ 淡水ルアーフィッシングへ

ブログ↑↓ランキング参加中です クリックお願いします

a0093677_2135053.gif


アップで釣れたり、ダウンで釣れたり・・ バラバラ
‘コレ‘と言ったパターンは最後まで見つけられず、と言うか無し
ただ、‘上手く捕食の機会が演出できた時‘に魚が食ってきたのは間違いありませんでした
トラックバックURL : http://browntrout.exblog.jp/tb/8366501
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by browntrout-a | 2009-06-07 17:57 | 渓流 | Trackback | Comments(0)

自画自賛釣り日記です


by 飛島
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31