峠川C&R区間 釣行記 2009.5.27

峠川C&R区間 釣行記

a0093677_21183651.jpg

↑ 定点画像

5時少し過ぎにスキー場駐車場到着
すでに3台の車・・

車外に出て、釣りの準備をしている方が2名
すでに川に入っている方が何名か居るみたい

定点画像を撮り終え、すぐさま駐車場でUターン
C&R区間の最下流部へ移動

前川橋直ぐ脇に車1台
橋の上から覗くと、上流へ釣り上がるフライマン1名

「上よりは下の方が、先行者がいても何とかなりそう・・・」(根拠無し)

石徹白川との合流地点(最下流部)へ車を止め、5時11分釣り開始

橋の直ぐ脇に車が止めてあったので、橋から入ったと思っていましたが・・
どうやら合流地点まで移動して川に入ったみたい

反応はイマイチでしたが、とりあえずポロリ程度

~先行者アリ~
先行者が居たお陰で、いつもならサッサと釣り上がっているところをじっくり攻める事が出来ました
‘いかにも‘なポイントはもちろんのこと、「こんなところに魚居るのか?」的な普段ならスルーしてしまう流れにもどんどんチャレンジ・・・
「おっ、居た!」
「えっ、こんなところに?」
「うわ、ここにも」
そんな言葉がついつい口から出てしまうほどの‘意外性‘の連続


a0093677_21272233.jpg

(合流地点から)いつもなら1時間も掛からずに到達する‘定番‘のお気に入りポイント
水量はかなり少なめ
この日はここまで1時間半近くを費やしてます
‘じっくり攻める‘と言うよりは‘1m置きに投げてる‘と言った方が良いのかもしれませんが・・
一見、(所謂、定番の 入門書とかに書かれている)ポイントとは思えない流れにも1mと言わず、50cm刻みにウィッチを投入
a0093677_2222109.jpg

a0093677_222391.jpg

工事で‘場荒れ‘していた前川橋の直下・・・復活してました(魚、付いてます)
2時間半掛けて前川橋のチョイ上まで(橋上流40m?ぐらいの開きまで)

水量が少ない 先行者アリ 
で、魚の付き場は今までとは若干のズレが有ったように思います


場所移動
下在所堰堤(キャンプ場前)
a0093677_21475992.jpg

珍しく、キャンプ場前のプールからも釣果あり
上の画像・・・ ‘お気に入りのポイント‘(画像真ん中のコンクリ枠の中)
3投目でまあまあサイズをゲット

a0093677_21575849.jpg

対岸のボサの下からも1匹

a0093677_21583191.jpg

前川・峠川の分岐点
魚がかなり溜まっている印象

前川へ
a0093677_2211725.jpg

堰堤手前の放水口付近でなんとか1匹キャッチ

旅館裏へ移動
a0093677_2234296.jpg

ここも魚が多い感じ
水が少なく、ポイントがポイントでなくなっている印象あり

a0093677_2252728.jpg

↑ 旅館の少し上 3匹目のアマゴをキャッチした流れ
アマゴ・・・太い流れからショートバイトが多く、フッキング率がかなり低い
2度目は大概無いし・・・

スキー場駐車場から上がって移動・・
次は魚道がある古い堰堤上
a0093677_2292245.jpg

a0093677_2294072.jpg

a0093677_2210128.jpg

岩と岩の間、一部分(50cm四方)だけ深い、流れの脇、20cm程度の落差の落ち込み・・・
「ここに居るかな?」と言うより「こんなところにも居るかもしれない・・」と考えて投げてみると

 ‘ガツン‘

「うわ、やっぱり居た!」

それが楽しくて・・・嬉しくて・・・脳汁がイッパイ出ちゃって・・・
ついつい釣り続けてしまいました

a0093677_2214145.jpg

a0093677_22142068.jpg

「じゃあ、ここにも居るはず」
「こんなに早い流れでも出るはず」

 ‘ガツン‘

「うわ、やっぱり居た!」から「ほうら、居たでしょ」に変わり


それがまた、快感・・・ 脳汁出まくり・・・

a0093677_22212499.jpg

a0093677_22214048.jpg


「こんなところにも居るんだよね」
「普通は絶対狙わないよね」

やっぱり、‘ガツン‘
でも、 ‘ガツン‘

「全然ポイントらしくない」ポイントから魚が出ます
それを‘狙った‘が如く、釣果に結びつく快感・・・
脳汁が止まりませんでした

気が付けば午後2時過ぎ・・
「フライロッドも振ろう・・」そう思っての釣行でしたが、時間切れ

~フライの釣果を楽しみしていた方々へ~
すみません 期待に添えなくて・・・
次回(いつかは判りませんが・・)は、必ず‘振ってみます‘


にほんブログ村 釣りブログ 淡水ルアーフィッシングへ

ブログ↑↓ランキング参加中です クリックお願いします

a0093677_2135053.gif


今回も沢山の渓魚と出会うことが出来ました
我を忘れるほどの釣果を得る事が出来ました
これらは全て、C&Rと言う理念・制度のお陰です
石徹白・峠川のC&R区間設立に尽力された方々、石徹白漁協へ感謝
ありがとうございました
トラックバックURL : http://browntrout.exblog.jp/tb/8326174
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by やすろー at 2009-05-28 23:23 x
こんばんは。
石徹白川絶好調ですね。
(水は少し少ないようですが。)
週末は長良川と思ってましたが・・・どうするかな~
Commented by 飛島 at 2009-05-28 23:43 x
やすろーさん>毎度です
週末・・・たぶん、凄い人だと思います
平日釣行・4時半到着がオススメ
メマトイ対策必須ですよ 忘れずにね~
Commented by ぺっぺい at 2009-05-29 11:13 x
渓流はそろそろ盛期に入りますし、魚の活性もものすごく高いようですね。来月は、他の川にまず行く予定なので、その次にまた石徹白に行きます。

ウィッチは1.4gと2.4gをそれぞれ追加購入しました。初釣果目指して頑張ります。
Commented by samuel_pupa at 2009-05-29 12:46
嬉しい写真の連続ですね~
とくに良く見たのが前川の写真です。ここは自分にとって未知の小世界です。なんとなく自分の釣りに合っている感じがするのですが・・・なのに、簡単に行けないこの辛さといったら・・・(^^;)
Commented by 飛島 at 2009-05-29 20:08 x
ぺっぺいさん>毎度です
活性の高い魚が多かったですね
ポイントはとにかく‘変化のあるところ‘でした
流れの切り替わり、深さ、落差、緩い、早い・・・小さな‘変わり目‘に必ず魚が居ました
次回の釣行がんばって下さい
Commented by 飛島 at 2009-05-29 20:12 x
samuel_pupaさん>毎度です
C&Rって本当に凄い、素晴らしいと思います
釣り人が多くても、先行者が10m先に居ても・・・釣れてくれる魚がちゃんと居ます
C&R区間設立に関わった全ての人に感謝です
by browntrout-a | 2009-05-28 22:35 | 渓流 | Trackback | Comments(6)

自画自賛釣り日記です


by 飛島
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31