峠川C&R区間釣行記 第3部・・・2008.7.7

予告通り、第3部(あれ2部か?)・・・まあいいや とにかく昨日の続き

前川の堰堤まで来て、さあどうしよう

  「久々に更に釣り上がってみるか・・・」

と、言う訳で ‘堰堤上流‘


a0093677_20322732.jpg

堰堤のスグ上 護岸側が深くなってまして・・・
土手から上流側に回り込み、ダウンでスローに攻めてみると・・・
‘一発‘(一撃か?)でした↓
a0093677_20354296.jpg

10時21分 イワナ9匹目

土手の上から覗き込んだ時は3匹くらい居たんで、更にネチネチやってみましたが・・・
不発

ちょっとしたプールが3つほど続きますが・・・
a0093677_20415593.jpg

次に釣れて来たのは、プールではなく落ち込み
a0093677_20455585.jpg

↑10時47分 イワナ10匹目(5時間かかってやっと2桁・・・)
プールでは‘チビアマゴ‘が群れになって猛チェイス、釣らないように釣らないようにしましたが、何匹かはフッキングしてしまいました(ゴメン)

a0093677_20501645.jpg

更に釣り上がって、とうとう集落下の堰堤↑に到達
‘いかにも‘って感じのポイントですが・・ 
小サイズのイワナのチェイスが1回あっただけ

前川堰堤から上流で、結局キャッチしたのは2匹(バラシは3匹ぐらいかな?)
集落の堰堤・・・こんな感じ↓
a0093677_2054484.jpg

ここも‘チビアマゴ‘だらけでした

川から上がり・・・さて

 「何処をどう通って帰ればいいのやら・・・」

なんせ、ここまで上がってきたのは‘初‘(1度だけ前川堰堤上流をやった事がありますが、その時は途中で引き返した)

しばし考え・・・

たぶん、こっちかな~ で、

民家の軒先をちょっと通らせてもらい、大きなお寺の横を抜け、石徹白郵便局前に出ることに成功・・・

後はひたすら‘下る‘のみ・・クルマを止めた‘前川橋‘横までひたすら歩き(当たり前ですが)

時間は11時を過ぎ、日差しはカンカン

さすがにゴアテックス・ウェーダーとは言え、暑いモンは暑い


なんとか、クルマにたどり着き、水分補給(アクエリアス500ml一気飲み・・・ホントは100mlぐらい飲めなかったけど)



にほんブログ村 釣りブログ 淡水ルアーフィッシングへ

a0093677_2156109.gif









長くてゴメン まだ続くのであった・・・・

この日は‘某事情‘により、折角朝一に最下流部に入ったものの、アマゴ養魚場前~前川橋下~堰堤までの区間を飛ばしていたので、橋の脇から再入渓です

立派な木の下ポイント↓から
a0093677_21274572.jpg

「ココには絶対居るんだよ」なんて独り言を言いながら・・キャスト
a0093677_21291591.jpg

11時55分 イワナ11匹目 やっぱり居ました
まるで‘潜水艦‘の様な体躯 一瞬流れに乗ってしまいちょっとヤバかったけど、何とか取り込みに成功 

ココにも居るはず・・・
a0093677_21344360.jpg

ココで釣れなきゃ・・・
a0093677_21364687.jpg

12時00分 イワナ12匹目
しつこく攻めてなんとかゲット



本日の上がり鱒↓
a0093677_21382990.jpg

12時10分 アマゴ 
コレがイワナだったらもうチョット釣りしてたかもしれません・・・
なんか‘ほっ‘としたと言うか、ヤレヤレと言うか
ある意味
 
 「これで帰れる・・・」

イヤ、マジで

そう思いましたよ

 そうそう 釣れたのはココ↓

a0093677_21424349.jpg


間違いじゃありませんよ

水量の乏しい、水溜りのようなところ

9割(大げさか?)以上の人は素通り、半数の人は‘ジャブジャブ‘歩いてるところ

こんな所にも‘アマゴ‘居るんですよ・・・


にほんブログ村 釣りブログ 淡水ルアーフィッシングへ

a0093677_21565630.gif

ブログランキング参加中です
クリックしてね~


<ウラ釣行記>
この日(7月7日)朝一の出来事
C&R区間最下流部からスタートして5分も経たない内に・・・
フライの方が川へ降りてきまして
 「あの~ ココへは良く来られるんですか?」
 「ハイ 月2,3回は・・・」
 「C&R区間は何処からですか?」
 「ちょうど、ソコの本流との合流点からです」
 「ああ、そうですか で、どうです?」
 「ルアーですけど、釣れますよ(釣れるつもりだったから)」
 「あっ ルアーですか・・・フライはどうですかね?」
 「フライはね~やっぱり虫が出て、ライズが始まらないと・・・」
 「ああ、そうですか・・・」
 「ここから200mほど上流に堰堤が有るんです」
 「フライをやるならソコから先がライズも比較的多くて良いですよ」
 「堰堤から上ですか?」
 「ハイ 200mほど上流ですが、そちらへ行かれた方がたぶん良いかと・・」
 「ああ、そうですか・・」

まあ、大体こんなやり取りがあって
そのフライの方は川から上がって行った訳ですが・・・

5分ほどその場で粘って、さて釣りあがろうとふと上流を見ると

ナント!そこには先ほどのフライの方が・・・

ワタクシの30mほど上流に

話、全く通じてなかったみたい・・・

それとも、「言い方」が悪かったのかな?

ワタクシとしては「200m先の堰堤から上に入って頂いても構いませんよ、そちらの方が釣れますよ」と言ったつもりだったんですが・・・

 「・・・・上に入っても構いませんよ・・・・」

と言う部分だけが伝わったようです

結局、ワタクシが‘200m上流‘へ移動

まあ、峠川・・・何処でも釣れるから良いけど

もうちょっと‘上に‘入って欲しかったな~
トラックバックURL : http://browntrout.exblog.jp/tb/7292810
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by エギ小僧 at 2008-07-19 10:52 x
難しいですねー(^^; 上がりアマゴちゃん出て良かったですねー!釣れなかったら、アクエリアスあと1リットルは要る所でしたねー
Commented by 飛島 at 2008-07-19 15:43 x
エギ小僧さん>まいど。
「納得するまで」止められない 釣り人の悲しい性(サガ)でしょうか・・・
そのうち‘泊まり‘になるかも(笑)
by browntrout-a | 2008-07-10 21:54 | 渓流 | Trackback | Comments(2)

自画自賛釣り日記です


by 飛島
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30