石徹白川 峠川C&R区間 釣行記 ~9月4日~

いろいろ考えましたが
1.ナビが無い
2.高い確率で釣れる
3.単独釣行
以上3点を考慮し、石徹白川へ
年券持ってるし

3時起床
前日は準備もろくにせず寝てしまったので、まだ暗い中ゴソゴソと道具を積み込み出発
近くのコンビニで朝飯、昼飯、飲み物を調達
一宮IC手前のガススタンドで給油
高速に乗ったのが3時半すぎ

ガシガシ飛ばして、石徹白のスキー場到着が4時40分チョイ過ぎ

駐車場にはすでに1台の車・・・
まあ、予想はしてましたが
しかたなくそのまま素通りし、それとなく決めていたC&R区間の下流部へ

明るくなるまでの時間を、ライン替えをして過ごします
ラインを巻き変え終わると同時に夜明け
準備を整え、5時20分釣り開始!
程なくして↓
a0093677_22212066.jpg

チャラ瀬から出ました 岩魚20cmぐらい
思った以上にチェイスがあり、バラシも2回
「今日もイタダキ!」とテンション上げ上げ
流芯にダウンで入れてみると
a0093677_22291614.jpg

チビアマゴ 

「楽勝 楽勝」と思いながらどんどん釣りあがりますが・・・
橋の下辺りまで丹念に‘ここぞ‘と言うポイントにウイッチを投げ込みますが、反応全く無し
結構叩かれているようです
橋から入ったと思われるフライマンに追いついてしまったので、一旦川から上がる事に

戻る途中、橋の上から下流を見ると、さっきまでワタクシが入っていた処で既にフライマンが竿を振ってます
道路でもフライマンとすれ違い
「こりゃ上は人が一杯かも・・・」と思い、そのまま歩いて本流との出会いへ
‘もしかして‘と思って本流を釣り上がって行きますが・・・
‘もしかして‘の‘も‘の字も無し 
チェイスやショートバイトは有りましたが、やっぱり渋々です
かなり上まで行きましたが、本流ではノーキャッチ

苦労して車に戻り、前川へ移動
堰堤20m下流の階段から川に入り、早速堰堤攻略

   不発

そのまま峠川の出会いまで‘釣り下り‘
ダウンでビシビシ攻めていくと
a0093677_225738.jpg

イワナ 20cm
今日は‘ダウンストリーム‘が正解のようです
他にチビアマゴ3匹もゲット
出会いまで来た所で又、堰堤へ
次は堰堤上を攻略

 不発

ん~ なかなか思い通りには行きません
ここで、午前11時半
トイレ&小休止の為、スキー場の駐車場へ行ってみると誰もいません

 「チャ~ンス」

そそくさと昼飯を済ませ、川へ降ります

でも、やっぱり良さげなポイントは全て叩かれているようで 全部×

ロッジ‘ビリジアン‘まで来てようやくゲット↓
a0093677_23124749.jpg

イワナ ちょっと小振り
慎重に遡行してポイントの上流に入り、姿勢を低くしてダウンストリームにキャスト
魚には長い時間アピールし、尚且つ見切られないスピードを維持して引く
どうやらこれがパターンらしく、キッチリ出切れば高い確率でフッキングに持ち込めるようになって来ました

が、しかし 取り込みが難しい

掛けた後にテンションを保ちながら、流れの緩い場所まで下るのがベストなのですが、なかなか上手く行きません

それでも何とか‘良い型‘ゲット↓
a0093677_23341295.jpg

イワナ 25cm

a0093677_233530100.jpg

イワナ 23cm

a0093677_23405877.jpg

アマゴ 18cm(サイズの割りに良く引きましたよ~)

貨車の置いてある別荘ウラで上がり、午後2時45分終了

結構掛けたけどバラシが多かった~
良型~まあまあサイズ 5本ぐらい取り込み寸前で逃げられました
ロッジ‘ビリジアン‘辺りから魚影が濃かった気がします

帰りに‘満天の湯‘に立ち寄り、汗を流してさっぱり
眠気に襲われながら、フラフラ帰って来ました

にほんブログ村 釣りブログへ
釣りブログランキング参加しています
トラックバックURL : http://browntrout.exblog.jp/tb/6116006
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by browntrout-a | 2007-09-04 23:59 | 渓流 | Trackback | Comments(0)

自画自賛釣り日記です


by 飛島