N川 釣行記 ~7月27日~

今日はハルちゃんと共にハルちゃんの師匠から教えて頂いた N川へ行ってきました
(師匠からの許可が無いのでイニシャルとなっています)
まずは上流部 ↓こんなところ
a0093677_21182584.jpg

水が凄く綺麗な川で、底石は白(おそらく花崗岩)

1時間程、交互に竿を出しながら釣り上がりましたが、川通しをする際に2,3の魚の影を見ただけで釣果は無し(直前に先行者が居たようです)

一旦、川から上がり1kmほど下流へ移動
川幅も15mほどあるので、二人同時に釣り上がる事に
ここでようやく本日の1匹目がヒット
結構良い型のアマゴ28.5cm(成魚放流モノ)
撮影しようとネットから出した途端
「びちびち~」と猛ダッシュ!
シャッターを押す間もなく‘逃亡‘

「ブ、ブログのネタが~」と叫んだもののアフター・ザ・フェスティバル(後の祭り)ってヤツ

この後、また良いサイズを掛けるも手前の岩にラインが擦れブレイク
続けざまにハルちゃんがかなりの大物を掛けるも一気に走られ プッツン

a0093677_21473866.jpg

四角いテトラが並ぶプールでハルちゃんが仕留めたアマゴ ↑
尾びれがちょっと残念ですが、30cm越え(尺モノ)
底石、底砂利が白一色の川だけあって、体色もかなり白っぽくなってます
ちなみにハルちゃん、このプールでは20cmのアマゴもゲットしてました

とりあえず、お腹が空いたので川から上がり昼飯
ざる蕎麦と‘御幣餅‘(ゴヘイモチ お品書き通り) ↓
a0093677_21594794.jpg

長さ25cm、幅10cmは有ろうかと言う五平じゃない‘御幣餅‘
なんと、八十過ぎの‘ばあ様‘が囲炉裏で丁寧に1本1本焼いてくれるのです
( その代わり、注文してからおよそ20分かかりますが・・・ )
もちろん味は‘最高‘ うまかった!

で昼からは更に下流へ(車で30分ほど移動)

途中、こんな看板が
a0093677_226725.jpg

熊 出るみたい・・・

a0093677_228529.jpg

川幅も広く、渓相も抜群ですが、上流部と違って‘魚‘は薄い感じ

それでも少ないチャンスを物にして 岩魚ゲット!
a0093677_22122869.jpg

サイズは20cm程でしたが、やっぱり岩魚も白系

ほどほどにして来たルートを戻り終了
川から上がりましたが、「最後に午前中にハルちゃんが‘大物‘をばらしたポイントを再挑戦しましょう」と言う事で30分だけ

案の定‘釣れず‘

まあ二人して‘型‘が見れたので「良し」としましょう とお互い納得して納竿

近くの温泉に立ち寄り、帰路に
〆は‘福‘のラーメンと餃子(地元で)

メッチャ 日焼けしました(顔だけ、しかも偏光グラスのアトが・・・)
トラックバックURL : http://browntrout.exblog.jp/tb/5925054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by HARU-ZOU at 2007-07-27 23:08 x
お疲れさまでした。
好い天候に恵まれ幸いでした。
たまにゃ変わった景色の中、色んなポイントを探るのも好しでしょ♪

ちなみに・・・
20Cmクラスのアマゴが1stヒット。
モンスターに切られた場所の上の堰堤のさらに上流の流れ込みの長いトロ場。
で尺上が出たのはその上の流れ込みのプールでした。
テトラが並んだプールは熊地帯ですよぉ~
ショートバイトだけでフッキングに至らず(無念)
ま、どうでもいんだけど(笑)

また違った川にも行ってみようねぇ~
ウイッチ最強伝説を作りに(困)
Commented by 飛島 at 2007-07-28 07:47 x
ハルちゃん>毎度~ 意識が朦朧としながら(眠くて)一気に書き上げたので、前後左右がめちゃめちゃの様です。
すみませんね~ 
御幣餅を食べにまた行きましょう 釣りは‘ついで‘で・・・(笑)
by browntrout-a | 2007-07-27 22:31 | 渓流 | Trackback | Comments(2)

自画自賛釣り日記です


by 飛島
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30