ウラ釣行記 ~6月12日 峠川~ その1

どうやらエキサイトブログ(当ブログ提供元)のサーバーメンテナンスと不具合解消の処置は上手くいったらしい・・・画像表示の時間もかなり早くなりました 良かった良かった
と、言う訳で先日の‘峠川C&R区間‘釣行のウラ側を少し

アマゴ養殖場のほんの少し下流に水深1mほど距離約5mの緩流帯を発見
ダウンクロスで緩流が終わる(切り替わる)流れの境目にウイッチを投げ込むと‘バシャ‘と水しぶきを上げて20cmほどのイワナがヒット
少し上流側にポイントをずらして投げ込むとまたしてもイワナ
立て続けに2匹を釣り上げ幸先の良いスタートになりました

2匹釣り上げ、少しポイントを休ませていると、ちょうど緩流帯の中央辺りで‘ライズ‘を繰り返すのん気なヤツが出現
少し離れていたハルちゃんを手招きし、バトンタッチ
数投目で‘パチャ‘と反応
が・・・‘半ノリ‘止まり

何度も釣られた魚は‘学習‘しているからか、それとも時間が少し遅かったのか、フライにはかなり渋い状況です
キャッチ&リリースが徹底され、土日はもちろん平日も多くの‘フライフィッシャー‘が訪れる川だけに仕方が無いですかね
逆に、ルアーをされる方が少ないのか、狙ったポイントにキッチリ投げ込めればかなりの確率で魚がヒットしますし、針掛りしないまでも近くまでチェイスしてくるなどなど・・・
フライと違って‘反応すこぶる良し‘っと言ったところでしょうか
(そう言えばC&R区間で‘ルアーマン‘って見たこと無いな~)
それとも、ミノータイプにはスレているけれど‘スプーン‘にはまだスレていないのだろうか?
ましてや1.4gという‘管釣りスプーン‘を投げる渓流ルアーマンは更に少数派?

‘ウイッチ1.4gロイヤルゴールド‘さえあれば当分釣れてくれるんじゃないかと思ってます
a0093677_2153377.jpg

a0093677_21534520.jpg

18~20cmのイワナ↑ これぐらいのサイズが良く釣れました



それから・・・マル秘情報
この日、堰堤下の落ち込みで掛けたイワナの口からナント!

   泥鰌(ドジョウ)の尻尾が・・・・(頭から丸呑みされてました)

画像が無いのが非常に残念なんですが(シャッターを押す寸前で逃亡)口からドジョウを半分出しながら‘ウイッチ‘に食いついて来るという「超食いしん坊」イワナでした

       ウイッチ→細長い→ドジョウ?

前回の釣行の際に足元に4cmほどのドジョウ(名称不明)が結構居るのを見かけ、もしかして‘主エサ‘かも?と思っていましたが・・・
キャッチ&リリースなんで‘お腹の中‘を覗く訳にもいかず、推測でしかありませんが どうも‘ウイッチ‘に反応が良いのは‘ドジョウ‘が関係しているのではないかと
色も見方によっては‘金色系‘の色合いだったし
マジネタですよ マジネタ






もしかしたらマジで‘ここだけ‘の話かも・・・・


PS:ドジョウの種類と名前を調べておきます(後日、発表しま~す) では
トラックバックURL : http://browntrout.exblog.jp/tb/5736625
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by エギ小僧 at 2007-06-20 08:59 x
昔川で アジメドジョウを良く捕まえました(^^) これがまたすばしっこくて!
Commented by 飛島 at 2007-06-20 22:49 x
エギ小僧さん>毎度! ドジョウって言うと‘泥‘のイメージが有りますが、‘渓流‘と呼ばれる水域に棲む種類も居るようです
動きがかなり敏捷そうなので‘わな‘を仕掛けないと‘捕獲‘するのはたぶん困難と思われます
‘たも‘では無理っぽい・・・
by browntrout-a | 2007-06-14 22:29 | 渓流 | Trackback | Comments(2)

自画自賛釣り日記です


by 飛島
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31