ウラ釣行記 ~6月6日~ 石徹白・峠川C&R区間編

今回の石徹白・峠川C&R区間釣行
本人が‘びっくり‘するほどの釣れっぷり・・・
「何処へ」 「何を」 「どう」したら釣れたのか?

始まりは‘駐車場横‘のプール
確かに魚影は数多く見えました
いきなり一級ポイントにウイッチを投げ込んで場を荒らしてはマズイと考えて
まずは、一段下の流れに‘スイムテスト‘のつもりでややダウンクロスにキャスト
着水後、少し巻いてスプーンだけど ‘トィッチ・トィッチ・トィッチ・・・‘
‘ガッ‘ (←アタリ)
トィッチがそのままアワセに早変わり
イワナ・ゲット~

更に同じポイントにキャスト
着水後、少し巻いてスプーンだけど ‘トィッチ・トィッチ・トィッチ・・・‘
‘ガッ‘ (←アタリ)
トィッチがそのままアワセに早変わり
イワナ・ゲット~

1mほど下流側にキャスト
着水後、少し巻いて・・・以下同文

今度は1m上流側にキャスト
着水後、少し巻いて・・・以下同文

信じてもらえるかどうかは解りませんが・・・
4回キャストして4匹キャッチ

マジな話、 「もしかして夢?」 って思いました

4連続キャッチのあとはさすがに同一ポイントからは魚が出なくなり、一息ついた所でようやく
「夢じゃない・・・夢じゃない・・・」って2度もつぶやきましたよ
「アーネストクラブに行かなくて良かった~」ってマジで思いました (オーナーごめんよ~)

で、肝心のプール(淵)ですが
まずは淵尻から5mのショートレンジでアップクロスにキャスト
着水後、少し巻いてスプーンだけど・・・以下同文 



     「何処へ」 「何を」 「どう」 したら釣れたのか・・・・



「魚が居そうな所へ」
「ウイッチ1.4gゴールドを」
「投げて、着水後、少し巻いて・・・トィッチ・トィッチ・トィッチ・・・」
 


当日のルアー別釣果
ウイッチ1.4gゴールド(23匹)
レイブ1gゴールド(3匹)
ロールスイマー1.5gシルバー(1匹)
タング1.5g紺メタ/ゴールド(1匹)



今回はセオリー通りに上流に向かって釣り上がりましたので、アップクロスにキャストすることがほとんどで、水量と流れの速さの兼ね合いだとは思いますが・・・

レイブは少しアピール不足
ロールスイマーは沈みすぎ
タングは引き抵抗が希薄で釣り辛い
マーシャルトーナメント1.2gは引き抵抗が希薄+沈みすぎ

今回は動き・引き抵抗・泳層全てにおいて‘ウイッチ1.4g‘がマッチしたようです

結果的にはウイッチ1.4gゴールドがダントツの釣果だった訳ですが・・・
理由の一つに‘水中での視認性‘が良かった事が上げられるのでは無いかと

当日の天候、水質、川底の色等などの関係でしょうか?5mほどの距離ならばウイッチの動向が大変掴みやすく、魚の付き場所である沈み岩の近くでトィッチの幅やタイミングを変化させることが出来たり、チェイスする魚に合わせてアクションを変えれたことが釣果に繋がったのではないかと思ってます


しかし、なんだかんだ言っても 魚がいっぱい居た ってのが沢山釣れた一番の理由でしょう
さすがはキャッチ&リリース区間!
(発起人の皆さん並びに石徹白漁協さん ありがとうございます)

運良く当りルアー&ヒットパターンを一発でつもった事も有りますが、それも魚が居てこそですから・・・


まあ、只の まぐれ当り だったと思ってますが・・・
トラックバックURL : http://browntrout.exblog.jp/tb/5704490
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by エギ小僧 at 2007-06-10 12:51 x
その日のアタリパターンはまると楽しいですねー(^^) 
Commented by 飛島 at 2007-06-10 13:05 x
エギ小僧さん>マイド~ 一投目で釣れるとびっくりすると言うか、心の準備が出来ていなくて‘おろおろ‘うろたえてしまいます(笑)
この日はマジで「夢か?」って思いましたよ
by browntrout-a | 2007-06-07 22:10 | 渓流 | Trackback | Comments(2)

自画自賛釣り日記です


by 飛島
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30