員弁川、独り言・・・

独り言です

員弁川がどれぐらいの標高の場所を流れているのか、詳しくは存じませんが

まあ、何百メートルもの高所を流れている訳では無いことは明白かと思います

これは水温に限らず、水生昆虫の種類、他の魚類、甲殻類(見たことないけど・・)の生息状況にも大きく関わることで、釣りをする上でかなり大きな要因となっていると思っています

虹鱒が快適に暮らせる(生きていける以上の)場所の条件がいくつもあると思います

流速、流れの筋、水深などなど

これは程度の差こそあれ、何処の河川でも釣りをする際は考慮すべき要因であり、魚の生息数が少なければ少ないほどシビアに考えなければいけない事だと思っています

まあ、簡単に言うと

魚が居るところで釣りをすると言う事です

「だから~それを聞いているんだよっ」

それはその日その場所において

天候その他、水温、気温、人的プレッシャーなどなど不確定要素が多く

「今日はここに居ます」
「5gのスプーンで」
「カラーはゴールド系」

と言うお話が出来ないのはお分かりいただけると思います


ひとつ言えることは

色んな川へ出かけて沢山の経験を積むこと

もちろん経験するだけではなく、その場その場において応用することが大事だと思います

付け加えるならば

「釣りをした経験」のなかで「釣れた経験」と「釣れなかった経験」を整理しておくこと

この作業(頭の中)が非常に大切ではないかと思っています


さて、員弁川攻略

いきなり行って、いきなり釣ってしまう人も中には居ますが

そんなに多くは無いと思います

ひとつの考え方と言うか、ワタクシの勝手な推論ですが

「釣り人がいつも居るポイント」=「魚が居る」

まあ、上で述べた人的プレッシャーがその分高いことになりますが、他の場所よりも魚とのコンタクトの確率は高いと思います(他人の経験値を拝借すると言う方法)

そう言ったポイントをいくつか回ってみると、共通項が見えてくる(ここはそれぞれのセンス、経験に左右される部分ですけど)

その共通項をより多く備えたポイントに魚は居る確率が高いと考えられる(あくまでも推論)

先ずはこの方法を試してみるのが闇雲に釣りをするより良いのではと思います

長々と書きましたが・・

とりあえず現場に行って釣りをしてみる

この一言に尽きるのではないでしょうか

その中からしか答え(攻略方法)は導き出せないと思います

員弁川へ沢山通うも良し、他の河川へ通うのも良し

自分自身が経験したこと、感じたことを上手く応用していくこと

まあ、どの釣りに関しても当てはまる正論でしかないと思いますが

釣果への近道と言うものはそうそうあるものでは無い

そう思います


ここへ行って・・ あれを結んで・・ アップクロスで・・ これぐらい沈めて・・ アクションはこうで・・

ズバリのアドバス、攻略法を伝授できる人も世の中には居ると思いますが、ワタクシはそちら側ではないのでスミマセン

「釣れた」=「正しい選択」

と考えがちですが、実際のところは???

電卓は押した数字、足し算、引き算、掛け算でポンと答えが出ますが、こと釣りに関しては

「釣れた」と言う答えが出ても、途中のやっていることが必ずしも正しいとは限らないと常々思っています

正しいではなく「それほど違っていなかった」程度であると


自分一人で経験できることは多くありません

他人の経験、知識を持ってきて自分のものにする

が、しかし自分のものにするためには経験しなければならない

釣り人はこの矛盾するループの中に身を置いているのでは無いでしょうか

知識を持って経験を積むことが出来ればそれが一番かなと思います


最後に

員弁川釣行 頑張って下さい

魚は居るとこには居ますので (無責任発言)
 









釣り


にほんブログ村 釣りブログへ


  ↑↓クリックお願いします(ブログランキング参加してます)


a0093677_20145411.gif
トラックバックURL : http://browntrout.exblog.jp/tb/23860829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2017-05-05 22:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by browntrout-a | 2017-05-05 07:32 | 渓流 | Trackback | Comments(1)

自画自賛釣り日記です


by 飛島
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30