宮川下流漁協管内 釣行記 2013.07.13 小鳥川と支流編

宮川下流漁協管内 釣行記 2013.07.13 小鳥川と支流編

a0093677_21143638.jpg

まどろっこしいタイトルです
小鳥川と支流編 先ずは支流からです

釣り人の性(さが)とでも言いましょうか
まあ、ワタクシだけだったりするかもしれませんが、「釣りに来たからは釣って帰りたい」
その為には「確実に釣れる場所」で「確実に釣れる方法」でが肝心と言うか間違いない

で、宮川本流下流域から小鳥川へ移動して来ました
前回釣行で調子の良かった区間

ところが萱の茂りが半端でなく、背丈を越える高さと密集度で川に下りることが出来きません
しかたなく‘支流‘を釣りあがることにします

相変わらず雨はザーザー
時折、小降りになったりもしますが、その時間は短い
しかしこの日は逆に降り続けてくれていた方が、気温が上がらず、じめじめ感も少なく、ウェーダーを履いてレインギアを羽織っている身にはちょうど良いと思えた

前回同様、「ここに居るでしょう」と言うところから「やっぱり」でイワナが顔を出してくれます
少し上がるとすぐに堰堤に当たり、それを越えて行くとまたすぐに次の堰堤というパターンですが、堰堤1つに1匹の感じで何らかの反応があり、釣れたり釣れなかったりを繰り返し、上がっていきます

前回引き返した少しだけ他とは規模が異なる堰堤に到着
ちょっとだけ苦労して巻いてみました
a0093677_21302789.jpg

他とは規模が違うだけあって、堰堤上のプールも大きい
水深もあり、三筋、数え方によっては四筋の流れ込みがある

堰堤上から上流に向けてキャスト
着水後、糸フケを取りつつ3カウントほど
ちょーんとフリップを入れたら グン
グワワワワ~といきなりのヒット
「こ、これはキターーー」と喜んでいたらバレました

「おおっ、居る居る~」とテンションUP
遠投したり、斜めに投げたり、沈めたり、トウィッチしたり・・
アレコレ試して2匹キャッチ

小鳥川支流ではトータル5匹のイワナをキャッチ
この支流・・ 結構面白い 

さらに上を目指すことも出来ましたが、次回のお楽しみ!と言うことで切り上げ、場所移動
小鳥川本流元田地区辺り
a0093677_21392798.jpg

薄く濁っているような、濁っていないような・・‘普段‘を知らないので判別できず
水量は・・・これまた‘普段‘を知らないのでアレですが、普通と言うことでお願いします

天気が少し回復し、小雨がパラつく程度になったので、レインギア、ウェーダーを脱ぎ、ゲータースタイルに着替える
車を止めたところからすぐの川原へ入り、川の真ん中に鎮座する1m四方の岩の向こう側へウィッチを軽く投げ込む
着水し、流れに流されウィッチが岩の縁をするりと舐めた瞬間、岩陰から定番のように魚の影が走る
「良し、食え!」

食いませんでした

下流へとりあえず釣り下ってイワナを1匹キャッチ
来た道を戻って同じ岩へキャスト

何も起こりませんでした

そのまま萱を掻き分け釣り上がり、ちょっと複雑な流れのポイントへ到着
「このスジに居そう・・」 「この弛みに居そう・・」 「ダウンで入れて、ネチネチ・・」

すべて不発に終わりました

更に上がって・・が萱に行く手を阻まれ断念
一旦戻って、道路に出て、少し歩いて、入り直し

入ってスグ、その目の前の2つの重なり合う岩
それが作り出している60cmほどのくぼみ

狙い済まして、エイヤ~
‘スポッ‘と吸い込まれるようにくぼみの奥の良いところにウィッチが入る
すばやくリーリング、直後にスコンと竿先を引き込まれるアタリ
「キターーー」
グネグネ~と言う動きが伝わってくると同時に‘チラッ‘と見えた魚体は結構な大きさ
「こ、これは取りたい!」と思った瞬間、バレました

ちゃんちゃん

小鳥川本流 とりあえずの1匹のみでございました

お終い

にほんブログ村 釣りブログへ

  ↑↓クリックお願いします(ブログランキング参加してます)

a0093677_20145411.gif

釣り
トラックバックURL : http://browntrout.exblog.jp/tb/18101811
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by にま at 2013-07-16 06:30 x
どーも(^^)おはよーございます。

バラし残念でしたねー!その動きはイワナですかね??
小鳥川は草ボーボーですよね(>_<)毛虫たくさんいませんでした?

今週天気よかったら行きたいなー
Commented by 飛島 at 2013-07-16 20:10 x
にまさん>毎度です こんばんは
草ボーボー・・・そうですね 萱だけなら掻き分けて進むのですが、くもの巣が多くて閉口しました
次回は鎌もしくは剪定ハサミを持って出掛けようと思ってます(笑)
by browntrout-a | 2013-07-15 22:05 | 渓流 | Trackback | Comments(2)

自画自賛釣り日記です


by 飛島