石徹白川 峠川C&R区間 釣行記 2012.06.02

石徹白川 峠川C&R区間 釣行記 2012.06.02
a0093677_210911.jpg

釣行記・・と言うか適当な事


6月2日、石徹白Fisher's Holidayに初参加(初見学か・・)させて頂きました

渓流釣りの現状、環境保護、各種トラブル・・ 講師の方々のお話に皆さん真剣に耳を傾けていらっしゃいました

その間、ワタクシとオノッチは「今のうちだ!」とばかりに釣りをしておりましたが・・


朝5時、C&R区間最下流部から

フライのオノッチはそのまま釣り上がり、ルアーのワタクシはC&R区間を外れ、石徹白川本流まで移動し、釣り開始

前回の釣行で「本流パラダイス~」と呼んでいたポイント

まあ何の事は無い、区間から100mほど下ったコンクリート製の小橋がある辺りの話です

「さあ、今日もパラダイス~」と思い毎度毎度のウィッチを投入

 投入投入投入投入投入・・・

反応は一切無し

パラダイス消滅でございました


結局、最下流部~旅館ウラのプールまで

約5時間を掛けて釣り上がり、釣果9匹

ちょっと「ん~」な結果でございました

石徹白初挑戦のオノッチは少し苦戦・・

掛けても掛けてもバラシの連続

古い魚道付き堰堤の上でライズを確実に仕留め、イワナをキャッチ (おめでとうございます)

その後、イベント会場であるスキー場駐車場に移動し、ステッカーを頂いたり、軽食を頂いたり、ちょっとだけ講師の方のお話を拝聴したり

JFFのブースを覗いてNOBUさんとM島さんを探すもちょうど入れ違い
(その後、運良くお二人にはお会いできました)


早めの昼食後、朝入った区間のもう少し先まで移動し、入渓

a0093677_21354545.jpg

真ん中の岩のエグレ奥からイワナ1匹(26cm)追加 (遠くの釣り人はオノッチ)

オノッチも何本か掛けるもネットイン直前でバラシ等々・・

その後、C&R区間最下流部直前の分岐で本流スジを釣り上がる予定でしたが、既に先行者多数

下からはエサ釣りの方が2名

C&R区間は4,5名の先行者・・

八方ふさがり(まあ、正確には三方ですが・・)

川から上がり、石徹白川を下流方向に2kmほど移動

a0093677_2136217.jpg

大きな淵の流れ込みから苦労してイワナを1匹釣り上げ、終了



減水の影響でしょうか

少し渋い石徹白釣行でした

ひと雨、ふた雨欲しいところです


オノッチ>>へっぽこガイドですみません

NOBUさん、M島さん>>大した情報を提供できずすみません


良い雨が降って、状況が好転したら

ワタクシひとりで爆釣し、皆さんのリベンジを果たしておきます (コラコラ)




にほんブログ村 釣りブログへ

  ↑↓クリックお願いします(ブログランキング参加してます)

a0093677_20145411.gif
トラックバックURL : http://browntrout.exblog.jp/tb/15481193
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mckee at 2012-06-04 01:26 x
こん○○は(昼夜兼用)

NOBUさんや、M島さんとお会い出来て良かったですね^^
石徹白を楽しむにはFFの方が良かったのでは?

↑と、渓流でのLFによるプレッシャーを減らしてみるw
Commented by SHIGE at 2012-06-04 12:27 x
こんにちは。
お疲れ様でした。イワナや参加の皆さんと出会えたようで良かったですね。
これから厳しくなっていきますね!
Commented by 飛島 at 2012-06-04 20:19 x
mckeeさん>毎度です こんばんは
石徹白でFF・・・いや~ストレスで胃に穴が開くと思います(虚弱体質)
Commented by 飛島 at 2012-06-04 20:35 x
SHIGEさん>毎度です こんばんは
NOBUさんの連絡先を聞いておけば良かったかな~と思いましたが、運良くお二人に遭遇出来ました
これから・・・ん~確かに 今はまとまった雨待ちですかね
by browntrout-a | 2012-06-03 21:39 | 渓流 | Trackback | Comments(4)

自画自賛釣り日記です


by 飛島
カレンダー