石徹白 峠川C&R区間 釣行記 2011.08.19

石徹白 峠川C&R区間 釣行記 2011.08.19

釣行記と銘打っておりますが・・
今回は特筆する事は無しと言うか、状況と時間的に大した内容が無いと言うかそんな感じです
a0093677_9492451.jpg

朝6時のC&R区間最下流部 ↑

5時ごろスキー場駐車場に到着
既に先着の方あり
その後夜明け前までに複数台の車が駐車場に‘待機‘の状態

6時から7時までの時間雨量12mm(観測点データ)
相当な降り方・・土砂降りと表現しても差し支えない降り方

毎度の展開?で増水・濁りの時は‘最下流部で時間つぶし‘作戦
で、最下流部へ移動

6時釣り開始
a0093677_959258.jpg

 ↑ の様な状態
濁り・・・気のせいか?濁り具合が違う様な・・
前の雨降り釣行では‘灰色系‘の濁りだった気がしますが、今回は‘赤茶色系‘
本流(石徹白川)と同等かそれ以上に峠川(正確には前川)の方が濁っていた様な気がします
(まあ、気のせいかもしれませんが・・)

状況は・・・ ‘相当な濁り‘
案の定釣れません、と言うか釣れる方が奇跡?
前回は本流の方が濁りがきつく、峠川からの流入がそれ程濁っていない状況で、川が二色(濁っている部分とそうでない部分)に分かれていた
その境目が‘チャンスゾーン‘でしたが、今回は完全に混合と言うか、どちらの濁りもきつく分かれ目が出来ていない そんな感じ
残された‘釣れそうなポイント‘は岸際か濁っているけどフラットな流れぐらい

岸際・・・木っ端アマゴ(画像なし)
濁り全開のフラットな流れで、イワナゲット(6時18分)
→完全なマグレ(たぶん) 着水と同時にヒットですから・・

最下流部の殆どのポイントが増水によってつぶれていると言うか、投げても水量が多くて釣りにならない状況
(まあ、とりあえずは投げてみましたが・・)

前川橋の下でイワナとアマゴを追加
橋の下・・実は雨宿りしつつ釣りが出来るので長時間粘っただけです

移動
下在所の堰堤
先ずは下流50mぐらいから(釣り下り禁止なので徒歩移動→釣り上がり)
護岸岸際から20cmほどのイワナ数尾キャッチ、木っ端アマゴも3,4匹
何と言うか‘釣りになる部分‘が護岸岸際しか思いつかなかったんですが、濁流の中に重いルアーをぶち込むと釣れるんでしょうか・・
さすがに1.4gのスプーンは‘ひらひら~‘と表層を流れて行くだけ
(とりあえずは濁流のど真ん中へも投げましたけど・・)

次、上流
バンガロー前・・
a0093677_10451429.jpg

プールは×でしたが、石積み護岸の極浅(水深20~30cm) ↑ 釣れました
移動(歩く)前に‘一応‘投げてみたら釣れただけですけど・・

旅館前プールまで到達できず(増水で渡渉不可)小堰堤で終了

そう言えば峠川にも普通に‘アブ‘が居るんですね
居ないと思ってました・・
と言うか、8月は釣行していなかったので、‘居ると言う事実‘に気がついていなかった(アハハ)

移動・・
スキー場駐車場前
プールで少し粘って見ましたが、ワタクシには無理・・
(魚は結構見えてました)
さて、釣り上がろうと上流へ向かいますが
a0093677_11104625.jpg

雨は上がっているものの、水はマダ引いていないので上がれない・・

一旦戻り、橋を渡って(もちろん車移動)農道脇へ
ちょこちょこ入・脱渓を繰り返しながら釣り上がり(水が多くて川通しで上がれない)
ポロッとイワナを追加しつつ、アマゴ園少し下流で終了

駐車場前~アマゴ園下流
相当な魚が見えてましたが・・キャッチは少し
岸際の緩い流れには脱走アマゴが群れを成して泳いでましたよ
(さすがC&R区間?)

午前中は雨の影響もあってか、気温が上がらず快適(この日はゴアウェーダー)でしたが、さすがに昼ともなると強烈な日差しでムシムシ・・
ひさびさに‘満天の湯‘に浸かって帰宅

土砂降り・濁流でしたがさすがはC&R区間・・
魚の顔を見ることが出来ました
C&R区間のおかげです
区間設立に尽力された方々に感謝


定点画像
a0093677_11101374.jpg


にほんブログ村 釣りブログへ

  ↑↓クリックお願いします(ブログランキング参加してます)

a0093677_20145411.gif

晴れ男?雨男?
a0093677_1115272.jpg

判定は次回へ持ち越し・・ と言うことで
トラックバックURL : http://browntrout.exblog.jp/tb/13325075
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 愛染 at 2011-08-22 12:52 x
こんにちは。
クリアな管理釣り場だと、雨で少し濁ると時に爆釣したりするんですが、濁り過ぎると釣れなくなりますよね。
渓流も同様なんでしょうか。

今年の夏は雨が多いですね。
北海道もお盆後半はずっと雨でした。
BF松本での釣果は、例年よりちょっと少なかったですが、
どうやら産卵後の回復(!)が遅れているようです。

帰ってきたらこっちも雨で涼しいんで、「いや~北海道は
涼しかったよ~」と自慢できなくて、ちょっと残念(笑)。
Commented by 飛島 at 2011-08-22 20:46 x
愛染さん>毎度です こんばんは
お帰りなさい
これからは一雨ごとに涼しくなっていくんでしょうね
渓流の濁り・・・どうなんでしょう
経験が浅いのでイマイチ分かりません
一つだけ言えるのは流れと一緒で、濁りも均一ではないと言う事でしょうか
緩急がポイントとなるように濃淡が一つのキーになりうる
そんな気がします
by browntrout-a | 2011-08-20 11:13 | 渓流 | Trackback | Comments(2)

自画自賛釣り日記です


by 飛島
カレンダー