6月11日 石徹白川 峠川C&R区間 釣行記・・・

 「また峠川C&R区間かよ いいかげんにして・・」

まあ、そう言わず・・ 


「本心」の話

石徹白峠川C&R区間の最下流部に到着したのが午前1時
そのまま車中にて泊り(仮眠か)
雨は・・・ たぶん降り続けていたと思います
(良く寝ていたので不明)

5時起床
車の外へ出て川の様子を伺う
a0093677_11113249.jpg

 ↑ 6時半ごろの様子 5時の時点ではこれよりもう少し水量増、濁り増

「まあ、なんとかなるでしょう パターンはアレかな・・」
増水・濁りの時のパターン
魚が居る場所はアソコ、釣り方はアレ
そんな事を考えながら川を見ていると1台のミニバン到着
こちらの存在に気付いているのかいないのか・・
車から降り、サッサッと釣りの準備を進めていらっしゃる
ウェーダーに足を通し、レインギアを着込み・・
「ん?もう釣るの?」
いや、これはマズイ コッチも早く段取りしないと・・
速攻で準備
ロッドにラインを通し、ルアー(もちろんウィッチRG1.4g)をセット

当のミニバンの方々(ルアーさん1、フライさん1)へお声掛け
「おはようございます 今から入りますか?」 (ワタクシ)
「ええ、ここから少し上から入ります」 (ルアーの方)
たぶん・・このまま入るのはチョットと思われたのでしょうか・・
「ココからは入らない」と言う意思表示だけは頂きました

僅かな会話でしたが・・ 以下ワタクシの勝手な想像ですが
「車は既にあったけど、川に入って釣りをしていた訳では無いし、ほぼ同時に準備が整った自分達にもある程度の権利がある」
まあ、本当の所はワカリマセンが・・・

いつものコンディションの峠川C&R区間最下流部なら
「少し上ってどれぐらいでしょう?まさか橋の下辺りですか?」なんてイヤミと言うか、事を荒げるような言い方をしてしまったかもしれません
いや、たぶんこちらの方が早く到着していた事を理由に「少し下流から入るのがスジじゃないですか」なんて言っていたでしょう
(ワタクシ、非常に心が狭いので・・)

が、この日(6月11日)の早朝の最下流部のコンディションは増水&濁り・・・
最下流部の‘ココはC&R区間です‘の看板前からその上
ワタクシの腕前では魚をキャッチする事が困難なのは明らか
(おそらく前川橋まで相当な時間を使ってもキャッチは出来ないだろう)
そんな状況で「オレが先行だ!」と我を張って川に入り、釣果が無いまま延々と釣り上がる
しかも、後追いのミニバンの方々が魚を掛ける・・・
そんな状況は耐えられ無いと言うか、とってもイヤ

それよりもココは先行をお譲りして、C&R区間の50mほど下流の開き ↓
a0093677_1158179.jpg

ここら辺りでボチボチ様子見をしようと思い
「いえ、ココから入って頂いても構いませんよ 私はこの下へ入りますから」と
‘いかにも良い人‘を装って先行をお譲りした次第





なーーーんちゃって
まあ、確かにC&R区間最下流部の‘ココはC&R区間です‘の看板前から入って、魚を掛ける自信が無かったのは事実ですが
実はワタクシが釣りたかったのは‘C&R区間最下流部のその下の開き‘そのものだった

車から出て、川を見てシュミレートした釣り方は

 ・いかにルアーを見つけてもらえる釣り方が出来るか

その1点

この釣り方が出来る条件下で無ければ釣果は望めないだろう
そう思ってました

その条件をクリアするポイント(場所)
・流れが緩やか
・長い距離が流せる

上2つを備えている場所・・・
それがC&R区間最下流部のその下の開き (ややこしい・・・)

ワタクシの腕前で
11日早朝のコンディションで
魚をキャッチできる可能性があるポイント

そこを「じゃあ、僕達はココの下から入りますので・・」と言われてしまうと非常にマズイ

だから・・・

 
「いえ、ココから入って頂いても構いませんよ 私はこの下へ入りますから」と
‘いかにも良い人‘を装って先行をお譲りした次第


「え~ 腹黒~ 」

とか、言わない様に

ワタクシだって釣りに行ったら、魚を釣りたいのです


結果は・・・
昨日の釣果報告の様な物の‘魚の画像‘を見てね

にほんブログ村 釣りブログへ

  ↑↓クリックお願いします(ブログランキング参加してます)

a0093677_20145411.gif



ミニバンの方々、釣れたのかな
「ココの下のほうが釣れると思うよ」なんて言えないし・・・
すみません 腹黒くて
トラックバックURL : http://browntrout.exblog.jp/tb/12851608
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by はせや~ん at 2011-06-12 19:14 x
飛島さん、全然腹黒くないですよ!だいたい先行者がいたら場所を変えるのが普通でしょう。私も九頭竜で酷い目にあってます!渓流はバス釣りとは違いまっせ!
Commented by インザーギ at 2011-06-12 22:42 x
こんばんは 毎度です


相手方の本意はわかりませんが、意見がバッティングせずよかったのでは?

飛島さんが真意を伝えなかったことが「腹黒」とは思えませんよ♪

そのお二人も気持ちよく釣りができてたら更にいいですね
Commented by 飛島 at 2011-06-12 23:43 x
はせや~ん>毎度~ こんばんは
先ずはEUFLEXの件、情報ありがとうございます
5,000円は破格値の様ですね(嬉)
先行について・・・
今回の場合、非常に微妙なタイミング かな
こちらもウェーダーを履いていた訳ではなく、ましてや竿を持ってもいなかった
ただ、車の外へは出ていたんで、‘声掛け‘をして頂きたかった かなと思います
「どうされますか」の一声があれば・・ そう思います
まあ、結果的に自分(ワタクシ)が釣れたので、こんな余裕をかました事書いていますが、もしボーズとかだったら内容は変わっていたかも(笑)
ご意見ありがとうございます
Commented by 飛島 at 2011-06-12 23:51 x
インザーギさん>毎度です こんばんは
更に細かい事を書くと・・
「この状態(川の増水+濁り)でも釣りをされるんですか?」と初めに聞いたんですよ
「釣ります」と言うご返事でしたので、‘ああ、釣る自信があるんだな~‘と思いましてお譲り致しました
ワタクシは‘本当に‘釣り開始時刻(午前5時半ごろ)の状況で下の開き以外で魚を手にする自信と言うか、確証は全く無く(過去の経験から)もう30分か1時間待てば‘なんとかなるかも‘と言う状態でした
故に‘下の開き‘だけは確保したくて・・・
やっぱり腹黒・・ 腹灰色ぐらい(笑)
いつもコメントありがとうございます
Commented by 愛染 at 2011-06-13 16:55 x
あはは、微妙な状況だったんですね。
管釣りでも場所に関するいざこざ(?)はたまにありますが、渓流はキャパが小さいですから深刻ですよね。

腹黒というか交渉上手という印象を受けましたが、その後先行者の後を釣り上がったのでしょうか?
それで釣れるとカッコいいんですが(笑)。
Commented by 飛島 at 2011-06-13 18:23 x
愛染さん>毎度です
増水時の最下流部・・・過去の経験上ろくな釣果を得られてません
先行者の後を釣り上がって・・・本日(13日)のネタとさせて頂きます
by browntrout-a | 2011-06-12 12:27 | 渓流 | Trackback | Comments(6)

自画自賛釣り日記です


by 飛島
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30