釣行記 6月4日 峠川C&R区間と小鳥川

釣行記 6月4日 峠川C&R区間と小鳥川

イベントが開催され、人出があるだろうと踏んで、夜明けと共に川に入ろうと言う魂胆
目標は‘C&R区間最下流部‘
最下流部の駐車スペースに車を止め、そのまま仮眠
日の出を待って釣り上がり、上手く行けば下在所の堰堤(キャンプ場前)まで行けたら・・・
そんなつもりで出かけました

到着が午前0時チョイ過ぎ
スキー場駐車場には目もくれず、一気に区間の最下流部へ
が、そこには既に車が・・
早くも目論見が崩れ去る
すぐさまUターンをして来た道を戻る
そのスグ上の前川橋脇の小さい駐車スペースにも車・・

低速で走りながら‘どうするか‘を考える
このまま峠川に残るか、他の漁協管内へ移動するか
移動をかけるなら何処へ行くか・・・

何処へ行くか・・・
確実に釣果が望める川

 ・・・・ 小鳥川 (宮川下流漁協管内)

それぐらいしか思い浮かばない

峠川から小鳥川・・移動時間はおよそ1時間
小鳥川がダメなら稲越川もあるし
過去の実績からボーズは無いだろうとは思うものの、保証は無い
しかし、峠川に残ったとしても、一旦川から上がれば次は無い可能性が非常に高い
おそらく何処から入っても誰かの頭をハネる事になるか、誰かが先行しているかのどちらか
でも、峠川が魚の顔を見れる確率は一番高い・・

峠川に残るか宮川下流漁協管内に移動するか
選択肢は2つ
が、路肩に車を止め、アレコレ考えてたら急に睡魔が・・・
このまま移動をかけると居眠り運転になりそう

 決断・・

事故を起こしてしまっては元も子もないので、とりあえず朝一は峠川
川から上がったら小鳥川へ移動すると言うプランに決定

車中にて1泊・・・ (半泊か)


で、峠川C&R区間
夜明けと共に釣り開始・・・
が、丸々1時間  キャッチ無し

ん~まだ寝てるのか と思いながらアマゴ園近辺を行ったり来たり
ようやくキャッチできたのが ↓ ココ
a0093677_19253599.jpg

画像中央の岩3つ それに囲まれた30cm四方に満たない‘ピンスポット‘
前日までのプレッシャーでしょうか

こんなパターンは嫌だ~ と思いつつ
結局、釣れたのは
a0093677_1933664.jpg

ダウンで枝の下に無理矢理ねじ込んで・・・  とか

a0093677_19341134.jpg

あっ ココはアマゴが釣れたポイントだった (画像中央辺り、‘流芯‘から ←アドバイス役に立ちました)

a0093677_19373184.jpg

ちょっとピンボケですが・・ ココも枝の下、岩盤直下

a0093677_19385688.jpg

倒木の際(キワ)から 

a0093677_19411268.jpg

ココは・・・ え~ たぶん 正面の逆Y字の倒木が載っている小岩のえぐれ


a0093677_19464449.jpg

馬瀬戸橋で終了

そんなこんなでイワナは‘ピンスポット‘、所謂「穴釣り」でした
アマゴはたぶんマグレです



そう言えば・・・

途中、別荘地の辺りでフライの方1名を追い抜く (オイ)
いや、一応お声掛けさせて頂き 「お先にどうぞ」と許可を貰っての行動です (誤解しないで・・)

でもホント、峠川を訪れるフライの方って、心が広いと言うか、余裕があると言うか
すばらしい方ばかり この場をお借りして御礼申し上げます ありがとうございました


石徹白 峠川C&R区間はお終い

小鳥川(宮川下流漁協)編はまた後日・・・

では

にほんブログ村 釣りブログへ

  ↑↓クリックお願いします(ブログランキング参加してます)

a0093677_20145411.gif
トラックバックURL : http://browntrout.exblog.jp/tb/12754938
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by インザーギ at 2011-06-05 23:20 x
こんばんは、毎度です

石徹白はイベント開催日でしたか…
移動も納得です

岩魚のピンスポット狙いは素晴らしいですね 緩流帯とかしか岩魚は引き出せないです
参考になります
Commented by 愛染 at 2011-06-06 15:56 x
イワナってかなりバスっぽいポイントが好きなんですね。
バスのトップウォーターの釣りを思い浮かべました。
しかし6.6ftのトラウトロッドでこのピンポイントへルアーをぶち込むなど、相当のテクがないと難しそうです。
さすが。
Commented by 飛島 at 2011-06-06 19:32 x
インザーギさん>毎度です こんばんは
最初から小鳥川も考えましたが、‘釣果最優先‘ですので・・
ピンスポットと言うか、ワタクシ的には‘定番‘のポイントだったりします
Commented by 飛島 at 2011-06-06 19:37 x
愛染さん>毎度です こんばんは
「障害物にタイトに付いていた」ので、Bバスっぽいと言えばそうですね
ピンポイントの釣りは着水する瞬間~着水後のほんの数秒が勝負、‘フィリッピング‘的な釣り方と言えば判りやすいでしょうか
by browntrout-a | 2011-06-05 19:51 | 渓流 | Trackback | Comments(4)

自画自賛釣り日記です


by 飛島
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31