峠川C&R区間 釣行記 2010.06.22 後編

石徹白 峠川C&R区間 釣行記 後編です

何かモヤモヤッとしたモノを抱えたまま、アマゴ養魚場まで釣り上がり退渓

駐車場をスルーして、旅館ウラへ入る
a0093677_21381273.jpg

ド定番のポイントから
a0093677_21393423.jpg

竿抜けポイントとは思えない、誰もが攻めるであろう‘定番‘の‘いかにも‘と言う流れからあっけなく

旅館ウラ~スキー場の橋まででイワナ3匹追加
何れも‘いかにも‘な流れから

で、それが楽しいと言うか、納得できる物だったかと言うと、そうでも無かったりする
‘いかにも‘なポイントから釣れても面白くない(極論ですが・・)と言うか
当たり前の様な感覚と言うか
釣った、掛けたと言う嬉しさは感じる物の、もう一つ、二つ足り無いと言うか
‘満たされない‘‘何か足りない‘そんな感じ

車へ戻り、移動

最下流部へ
前川橋の上から下流を覗くと、合流点と橋のちょうど中間あたりに先行者
「う~ん平日なのに・・・」と、また少し‘モヤモヤ感‘が増加
橋から入るのはちょっとマズイと思って、古い魚道付きの堰堤下の石積み護岸前へ
ダウンでネチネチ戦法で、少し小ぶりなイワナ2匹キャッチ

堰堤をあがって、さらに上へ
それなりのポイントからはポツポツ程度にチェイスがあるものの、ガッチリフッキングするところまで至らず


a0093677_21421440.jpg



a0093677_19594834.jpg

こんなポイントからイワナがポツポツと出てくれますが・・
気持ちが乗ってきません

a0093677_203223.jpg

少しだけ楽しめたと言うか、‘楽しい感じがした‘ポイント
葦のキワ、ギリギリに着水した時だけ‘影‘が現れ、ほんの数十センチのチェイス
食わせれそうで食わせられない
キャストをオーバーすれば、葦に引っかかり
チビって距離が足りなければ何の反応も無い
その駆け引き、緊張感
ギリに着水しても、追ってくる距離の短さゆえ、掛からない可能性の方が高い
キャスト精度+絶妙な誘い、そして運
全てが揃わなければ魚の顔は拝めない
集中力を高めキャスト、着水の瞬間に全神経を集中させる
‘ちゃぽん・・‘着水と同時に走る影
ラインスラッグが最小になるように心がけて投げ込んでいるので、ほんの2回転リーリング、直ぐにトィッチ連続、そして・・
a0093677_20211244.jpg

イワナ14匹目 

20cmに満たないサイズですが・・
今までの‘モヤモヤ感‘が飛んでしまった
‘グッ‘と気持ちを集中していたからでしょうか
すっかり忘れてしまった感じ

下在所の堰堤までに1匹(イワナ)追加

川から上がり、車(前川橋)へ戻る

橋の上から下流部を眺めると、そこには・・
釣りあがる前に居たフライの方?
「えっ えええええ~ まだそこに~」 (同じ人だと思うけど・・違ってたらゴメン)

マジですか・・と思いながら、橋の下へ降りる
(ごめんなさい、チョットだけお邪魔しました)

a0093677_2038275.jpg

いつもの場所から ↑
a0093677_2039440.jpg

まあまあサイズの‘上がりイワナ‘ゲット

ソソクサと、土手を登り撤収

なんだかな~な峠川釣行記 お終い


にほんブログ村 釣りブログへ

  ↑↓ クリックお願いします(ブログランキング参加してます)

a0093677_20145411.gif


この日も沢山の渓魚に出会うことが出来ました
思ったように釣れない、とかサイズウンヌン
すみません
釣れる環境を整えて頂いたからこそ、釣れるのに
C&R区間設立に尽力された方々に、お詫びと感謝を・・・
ありがとうございます
トラックバックURL : http://browntrout.exblog.jp/tb/10867244
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 峠川 at 2010-06-25 19:30 x
峠川はもう良いですか ?
こちらの、山岳渓流は梅雨がおわった辺りから、
最盛期です。
真夏でも、イワナの活性は9時過ぎから上がってくる感じですね。
Commented by 飛島 at 2010-06-25 19:54 x
峠川(けばり)さん>毎度です
誰かと思ったら・・・
峠川はもう>>
どうなんでしょう・・自分でも良く判りません
前回の釣行のイメージと言うか、感覚と言うか・・そこから脱しきれない自分があります
まあ、毎年の事なんですけどね・・
梅雨明けから・・そちらにお邪魔しようかな~
Commented by rinkorori at 2010-06-26 19:32 x
攻めのキャストで手中に収めた時は
格別ですよね^^

なかなか行けないので悔しいです(><)
Commented by 飛島 at 2010-06-26 21:45 x
rinkororiさん>毎度~ こんばんは
シビレルと言うとちょっと大げさかもしれませんが、そんな感じです
対岸の葦に絡めてしまえばそれで終わり(回収の為、ポイントがつぶれる)でも、届かなければ魚は見向きもしてくれない・・
距離感、サミング、反射神経、風・・色んな要素が一つにまとまらないと手に出来ない、そんな1匹でした
なかなか行けない>>釣りは道楽です 何か1つ以上のものを犠牲にしないとままならないものだと思います
by browntrout-a | 2010-06-24 22:18 | 渓流 | Trackback | Comments(4)

自画自賛釣り日記です


by 飛島
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31